ゾンビランドサガ 3話のネタバレと感想-練習不足のままゲリラライブへ!

ゾンビランドサガ-3話のネタバレと感想を紹介します。

ゾンビランドサガ-3話はこんなアニメ

佐賀城でのイベントも想定通りに盛り上がった。《さくら》と《サキ》の爆発力もなかなかだったが、盛り上げに徹した《ゆうぎり》と《リリィ》もさすがに肝が据わっている。《たえ》はあれでいい。が、どうも全体的にアイドルっぽさが足りないので、強引にアイドルっぽい感じのやつをやらせるとしよう。経験者の《愛》と《純子》が引っ張れば、全く問題ないはずだ。ワンフォーゾンビィ! オールフォーゾンビィ!

ゾンビランドサガ-3話のネタバレ

さくらの即興ラップにより会場を盛り上げる事ができたゾンビの女の子たち。 お客さんの反応を見たプロデューサーも大喜びだ。 そこで、すぐに次のミッションが言い渡される。 それは明日「ゲリラライブ」を行なうと言う事だった。 練習時間が1日しかないのでなんとか振り付けを覚えようとするさくら達だったが、元アイドルの水野愛と紺野純子は非協力的。アイドルなんて無理、という思いが強いらしい。 そんな中、リリィの提案でリーダーとチーム名を決める事に。リーダーは本人の意向で二階堂サキ、チーム名はたえのクシャミがきっかけとなり「フランシュシュ」に決まった。 次の日、ゲリラライブの準備をするさくら達だが愛と純子は未だに参加しようとしない。そのままライブは始まり、一度はお客さんが脚を止めてくれたものの練習不足が原因でミスが続きお客さんが離れていってしまった。 見ていられなくなった愛と純子もやっと参加し、なんとか最後まで踊りきる事ができた。 今回の一件で愛と純子は少しは前向きに考えられるようになったようで、さくらの一押しもあり次からは一緒に参加してくれそうだ。

ゾンビランドサガ-3話の感想

ライブの時CGを使って表現をしていたが、絵と比べるとやはり違和感が残る。だがみんなの気持ちの移り変わりを丁寧に表現していてライブが終わりきった時には少し感動した。ちゃんとしたアイドル活動がやっと始まったが、次はどんなミッションが課せられるのか。]]>

タイトルとURLをコピーしました