やとがめちゃん アニメ 1話ネタバレ・感想

やとがめちゃん アニメ 1話の感想を紹介します。 名古屋に引っ越してきた陣界斗は、とある少女にであう。

やとがめちゃん-1話はこんなアニメ

東京から名古屋に引っ越してきた陣界斗。名古屋ならではの方言や食事に憧れていたが、周りのクラスメイトに訛っている人も何にでも味噌をかけている人もいなかった…。 ここでも東京と同じ退屈な日々が続くのかと思った矢先、探し物をしている女子高生を見つける。「どこにもにゃあ」という訛り全開の発言を聞いた陣の心に名古屋の風が吹いた——。

やとがめちゃん-1話のネタバレ

東京から名古屋に引っ越してきた陣界斗。 名古屋ならではの方言やみそをかける食事に憧れていたが、 クラスメイトはみんな標準語。 みそを持ち歩いているわけでもなかった。 東京とあまり変わらない景色に、落ち込んでしまう。 学校からの帰り道、そんな陣界斗の前に一匹のネコが現れる。 すぐに去っていってしまったが、「どこにもにゃあ」というネコのような声で 何かを探す少女が現れる。 訛り全開のやとがめちゃんだ。 名古屋らしさを追い求めていた陣界斗の前に、名古屋の風が吹いた。 きゅんとした陣界斗は、やとがめちゃんに話しかけるが、 持っていた水の入ったペットボトルを見て逃げて行ってしまった。 生徒手帳が落ちたので、陣界斗は拾い上げて中身を見ると なんと味噌のパックがはさんであった。

やとがめちゃん-1話の感想

東京から地方に行くと、きっと陣界斗のようにその土地ならではの方言や文化を求めてしまうと思う。 方言は東京で育った人にとっては憧れだからだ。 やとがめちゃんがネコのようで可愛いかったが、ペットボトルから逃げたのもネコの習性だそう。 水を入れたペットボトルを置いておくと、猫が怖がって近づかないらしい。 ネコ寄りの人種なのか!?]]>

タイトルとURLをコピーしました