上野さんは不器用 4話の感想・まとめ-タイツのタモン

上野さんは不器用-4話のネタバレと感想を紹介します。 田中くんに対し、今日はとても積極的な上野さん。田中くんは様子がおかしいと感じ始める。

上野さんは不器用-4話はこんなアニメ

いつもの放課後。どこかいつもと違う上野さん(?)…。田中をじっと見つめたり、ひざまくらを要求したりと、かなり積極的。秘めていた乙女心を解き放ち、ついには田中に頭をなでなでさせはじめる。

上野さんは不器用-4話の注目ポイント

  • いつもと違う上野さん
  • 乙女心が暴走
  • タイツのタモン

上野さんは不器用-4話のネタバレ

【実験その7 ウエノ13号】 今日の上野さんは自分そっくりのロボを作り 田中くんの心を刺激することに。 田中くんはロボを上野さんだと思い込んでおり、気付く気配もない。 ロボは積極的で、じーっと見つめたり、ひざまくらや頭ナデナデなどを田中くんに要求する。 搭載した乙女心が暴走し始めているのだ。 田中くんは要求に答えながらも、いつもとは違う上野さんの行動を心配し 「悩み事があるならちゃんと言ってくださいね」 と優しい言葉をかける。 するとロボはすくっと立ち上がり、 田中に向き直ると「田中、上野・・・・」 言いかけたところで本物の上野さんが止めに入る。 「バーカ!アーホ!」 と言いながらロボとともに去って行った。。。 【実験その8 サモンスタット】 「ペットが欲しい」とつぶやく田中に、 上野さんはある装置を出してきた。 その名も「サモンスタット」。 ペットを飼う場合、騒音やアレルギーなど様々な問題が立ちふさがるが、 あらゆる物を動物化できる「サモンスタット」を使えば簡単にペットができると言う。 早速、身近なものから・・ と良い上野さんが出してきたのは、今まで履いていたタイツだ。 装置にかけると、本物の犬のような動物が生まれた。 上野さんはその動物を「タモン」と名付ける。 今回の上野さんの狙いは、田中に「タモン」を愛でさせることだった。 それはつまり、上野さんの足を愛でていることにつながる。 だが、タモンは全然田中くんに懐いてくれない。 結局自分のポジションが良いようで、翌日になっても上野さんから離れないのだった。

上野さんは不器用-4話の感想

ロボは何を言いかけたのだろう。 途中すぎてわからなかったが、「田中、上野のことどう思う?好き?」なんてことを言いたかったのだろうか。 タモンが出てきたので、今回からEDが変わっていた。 タイツなのになんて可愛い動物なんだろう。本当の犬のようだ。]]>

タイトルとURLをコピーしました