転生したらスライムだった件 5巻のネタバレと感想

転生したらスライムだった件-5巻

転生したらスライムだった件-5巻のネタバレと感想を紹介します。

転生したらスライムだった件-5巻はこんなマンガ

リムル達の前に降り立った魔人・ゲルミュッド。豚頭帝が魔王に進化していないことに激昂し、リザードマンのガビルを喰らい魔王になるよう促す。しかし、豚頭帝はゲルミュッドの言葉になんの反応も示さない。だがその時――。リムルはこの戦況を打破出来るのか!!森の騒乱編、完結!

⇒無料で転生したらスライムだった件-5巻を試し読みする

転生したらスライムだった件-5巻のネタバレ

リムル達がオークの軍勢を撃退していく中、オークに力を与えた「ゲルミュッド」が現れた。
彼が元凶だとわかり、村を襲われたオーガ達は復讐のため攻撃を仕掛ける。

ゲルミュッドは対抗するが、隙をつかれてオークロードに倒されてしまう。
そしてオークロードは死体を食べ始めた。

ゲルミュッドの力を吸収したオークロードは魔王へと進化し、「豚頭魔王(オーク・ディザスター)」となった。力が巨大化し、オーガ達は手も脚もでない。
満を持してリムルが戦いの場に現れる。

リムルには考えがあり、戦闘を大賢者に任せることでオーク・ディザスターの弱点を見抜き捕食することに成功。リムルは捕食する際に、オークの餓えに苦しむ過去を見た。

戦いはリムル達の勝利。
そこへ樹妖精のトレイにーが現れ、各種族の話し合いの場を設ける事になった。
リムルは完全にトレイニーにまとめ役を任せるつもりだったが、話し合いの議長に指名されてしまった。

話し合いでは、リムルはオーク達を許す事を伝える。
ただしオーク達は各種族の地域で労働することで罪を償うことになった。
村を襲われたオーガやリザードマン達も同意し、森の大同盟を結ぶ事に。

そこからはリムルは大忙し。
盟主としてオーク達一人一人に名前を与え、村は更に栄えることになった。

一方、リザードマンの国では国に反逆したガビルが王より処分を言い渡されていた。
死刑を覚悟していたが、処分は破門。

ガビルは多いに反省し国を後にするが、後から子分達もついてきた。
ガビルたち一行は旅に出る。

転生したらスライムだった件-5巻の感想

全ての種族を仲間にしてしまったリムル。
もう怖い者などないだろうと思うが、次の試練とは・・!?

タイトルとURLをコピーしました