川柳少女 アニメ 3話ネタバレ・感想

川柳少女 アニメ 3話の感想を紹介します。 遊園地に行く事になった七々子とエイジ。2人の恋は進むのか・・?

川柳少女-3話はこんなアニメ

絶叫系 なんでもござれ 大好物桜も咲き終えた5月、部室で遊園地の思い出をテーマに川柳を読んでいた。「みんなで遊園地に行きたい」と言う七々子の提案で、文芸部メンバーで遊びに行くことに。当日、アマネは急用ができたらしいのだが・・・

川柳少女-3話のネタバレ

部室で絶叫系のアトラクションが乗れるかどうかの話題になった。 七々子は大好物だそうだが、エイジは電車でも酔ってしまうほど乗り物が苦手らしい。 「遊園地の思い出」をテーマに川柳を作っていると 「このメンバーで遊園地に行きたい」と七々子が提案した。 部長も賛成し、3人で遊園地に行く事に。 遊園地に行くと、部長から急用で行けなくなってしまったとメールが入った。 実は部長も遊園地に来ていたのだが、2人のデートを遠目から見守ることにしていた。 七々子とエイジ2人きりのデートになり、ちょっと緊張するエイジ。 絶叫系にも乗り楽しんでいると、遊園地のマスコットキャラクター「ラッキー」がお客さんにキスをして回っていた。 エイジもキスをされたが、ラッキーはエイジの顔を見て怖がり、靴も舐め始めた。 ショックを受けるお客さん達。 七々子もショックを受けていて、エイジのファーストキスをラッキーに奪われてしまったと落ち込んでいた。 そんな七々子は負けじとカップル用のストローが刺さったドリンクを買ってくる。 他にも種類はあったのだが、「これしか無かったの」とウソをついた。 積極的な七々子にドギマギしてしまうエイジ。 そんな2人の様子を、部長と琴はこっそり見守っていたー。 夕方、帰りたくないアピールをした七々子だったが 鈍感なエイジは気付かず普通に返事をしてしまう。 さすがに突っ込まずにはいられず、部長が「バカはお前だ!!」と声を出し 部長と琴もいたことがバレてしまった。

川柳少女-3話の感想

1話、2話ではエイジもドキドキするシーンがあったが、今回は急に鈍感に・・・。 七々子は服装を頑張ったり、ドリンクをカップル用のにしたり、帰りたくないと言ったり、 かなりアピールしているが、どれも気付かないとなると男としてどうなのだろう。 七々子の気持ちがエイジに届く日は来るのか!?]]>

タイトルとURLをコピーしました