2017/03/16

PとJK 5巻 ネタバレ 最終話

PとJK 5巻 ネタバレ 最終話まで配信!
映画化された漫画「PとJK」のあらすじを公開!
最新刊の発売日もお知らせ!

PとJK-ネタバレ

このページは「PとJK」の5巻のネタバレと概要を無料で配信しています。

PとJK-あらすじと概要

『PとJK』は、講談社『別冊フレンド』で2013年から連載されている三次マキによる少女マンガ。
タイトルのPは警察官、JKは女子高生を表している。2016年には累計発行部数は230万部を突破した。

高校1年生の歌子は、友人の姉が開いた合コンに人数合わせで年齢と身分を偽って参加し、そこで功太という青年と出会う。
しかし、功太は歌子が高校生であることを知って、態度を変えて去っていってしまう。
そんなある日、歌子は帰り道に変質者に襲われかけるが、警察官として勤務中の功太に助けられ…。

スポンサーリンク


PとJK-ネタバレ-5巻

PとJK-5巻

今回はテスト前の勉強あるあるです!

功太の家で勉強を教えてもらうカコと三門とジロちゃんの3人ですが、功太は3人の世話(?)に何だか大変な様子…。

何故かと言うと、3人共バカだからです(笑)。

古文の問題ではすべて『ヤバイ』と訳し、三門「カコのどんなとこが好き?」やジロちゃん「経験人数何人すか?」など勉強に関係無い事を聞いてくるので、沸点の低い功太はピリピリです!

しかし、カコが「今度ハンバーグ作ってあげるねー!」と言い、功太の機嫌が直り突然のニコニコに三門は「!?」となりますが(笑)、三門は好きな人がいる事が功太にバレたりして、功太のピリピリモードは一気に回復します。

三門が幼馴染のジロちゃんを好きとわかり、二人が帰った後、功太は自分にもあった青春を思い出します。高校時代にグレ過ぎて友達のいなかった功太にも、一人、仲良くなった女子がいました。

カコは夏休み中に、功太に誘われて功太の実家へ帰ります。墓参りをして功太の両親に挨拶したカコ。功太実家に着くと功太は姉買い出しに行かされて、カコは女同士、姉とくっちゃべります。

一人で買い物に行った功太は、高校時代に唯一仲良くなった女子である西倉あやに偶然出会います。二人で仲睦まじくしているところを「帰りが遅い!」と迎えに行った姉が目撃し、二人に問いただします。

誤解だということはわかりましたが、姉は西倉に公園のベンチで「どんな関係なのか」詳しく説明させます。功太は居心地が悪くタバコを吸いにその場を離れます。

西倉は、高校時代にものすごくヤンキーで浮いていた功太の噂話をよく耳にします。

嘘か本当かわからない事をしゃべる近所のおばさんや同級生の事を、西倉はあまりよくは思っていませんでした。

しかし、朝の新聞配達で、功太が躊躇なく人の顔を蹴っていたところに遭遇し、『この人は悪人だ!』と思って近づかないようにします。

西倉は委員が同じになった功太とだんだん話すようになり、功太が父親の事を「かっこいい」と本当は思っていることや功太が新聞に載る父親の名前を毎日眺めている事などを知りました。

そんなうちに功太の事を「悪人」とは思わなくなっていった西倉ですが、ある日多勢に無勢でケンカする功太を助けた時に駆けつけた功太父と功太の微妙な関係を知ることになります。

功太父は警察官で、功太はヤンキー。

父親は息子に手を焼いていますが、お互いの気持ちはズレたままのようです。

西倉は功太の事を知るうちに、功太の事を好きになりますが、そんな事を考えていられない事態がやってきます。

それは功太父の殉職です。

PとJK 登場キャラクター ネタバレ
PとJK 全巻一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめのマンガ