2017/03/16

PとJK 3巻 ネタバレ 最終話

PとJK 3巻 ネタバレ 最終話まで配信!
映画化された漫画「PとJK」のあらすじを公開!
最新刊の発売日もお知らせ!

PとJK-ネタバレ

このページは「PとJK」の3巻のネタバレと概要を無料で配信しています。

PとJK-あらすじと概要

『PとJK』は、講談社『別冊フレンド』で2013年から連載されている三次マキによる少女マンガ。
タイトルのPは警察官、JKは女子高生を表している。2016年には累計発行部数は230万部を突破した。

高校1年生の歌子は、友人の姉が開いた合コンに人数合わせで年齢と身分を偽って参加し、そこで功太という青年と出会う。
しかし、功太は歌子が高校生であることを知って、態度を変えて去っていってしまう。
そんなある日、歌子は帰り道に変質者に襲われかけるが、警察官として勤務中の功太に助けられ…。

スポンサーリンク


PとJK-ネタバレ-3巻

PとJK-3巻

結局「あの事件」について、同僚からは聞かなかったカコは、功太に聞きます。

しかし、「どの事件のこと?」と言われて上手い事はぐらかされます。

その夜、功太の姉が功太アパートに登場!

どうやら功太が留守電に「結婚した」と入れていたので見に来た模様です。

姉は功太と同じ、バリバリにメンチ切る系で『に…似てる…!』とカコは思いました。

姉はカコのために昔のアルバムを持ってきてヤンキーだった頃の功太をカコは見ることができました。
そして、そこで功太は父が亡くなったことで更生したと聞きます。

次の日、姉は功太とカコを連れて、カコにウェディングドレスを着せに行きます。

恥ずかしがる功太でしたが、嬉しそうなカコを見て「卒業したら式挙げよう」と言いました。

姉は帰り際「本当はそんな大人じゃないから、功太をよろしくね」と言います。

カコは功太と二人きりになった時に

「姉になにか聞いた?」と言われます。

「聞いてないし、まだ先は長いから言いたくないなら言わなくていいよ」

とカコは答えますが、功太はカコに”あの事件”について話します。

”あの事件”とは、功太の父が殉職した事件で功太を庇ったことで父が刺され、亡くなっていたのでした。

父は仕事で忙しく、功太は小さい頃からかまってもらえずグレました。

しかし、父が亡くなったことで功太は父からの愛情にたくさん気づきました。

父が亡くなった時、人がいなくなる事を功太は”怖い”と感じたため、カコが指輪を探していなくなった時にも”すごく怖い”と感じていたようです。

それを聞いたカコは「甘えていいよ」と言い「ずっと一緒」と約束しました。

しかしながら、カコはこんなふうにして功太との距離が縮まっても、両親が邪魔してキスにさえもなかなか持ち込めません。

そんな時、クラスで財布盗難があります。

プールを見学していたカコと平助が疑われますが、教室へ行っていたカコが疑われたことで平助が庇い「俺がやった」と言って資料室に連行されます。

警察を信用していない平助は真犯人は見つかるとは思っておらず

「オレがやったんだよ、警察なんてあてに出来ねえ!」と言いますが、

功太は「警察なめんなよ」と言い真犯人を見つけ出しました。

そして、平助に功太は

「頑張る方向間違えるなよ。前向け。」と言ったのでした。

平助は、功太の嫁がカコとは知らずカコに惹かれていきますが、カコの写メと学祭に来た私服の功太を見てカコの彼氏が功太だと気づきます。

PとJK 登場キャラクター ネタバレ
PとJK 全巻一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめのマンガ