2017/03/16

PとJK 1巻 ネタバレ 最終話

PとJK 1巻 ネタバレ 最終話まで配信!
映画化された漫画「PとJK」のあらすじを公開!
最新刊の発売日もお知らせ!

PとJK-ネタバレ

このページは「PとJK」の1巻のネタバレと概要を無料で配信しています。

PとJK-あらすじと概要

『PとJK』は、講談社『別冊フレンド』で2013年から連載されている三次マキによる少女マンガ。
タイトルのPは警察官、JKは女子高生を表している。2016年には累計発行部数は230万部を突破した。

高校1年生の歌子は、友人の姉が開いた合コンに人数合わせで年齢と身分を偽って参加し、そこで功太という青年と出会う。
しかし、功太は歌子が高校生であることを知って、態度を変えて去っていってしまう。
そんなある日、歌子は帰り道に変質者に襲われかけるが、警察官として勤務中の功太に助けられ…。

スポンサーリンク


PとJK-ネタバレ-1巻

PとJK-1巻

友達の三門(みかど)に誘われて、三門の姉が企画した合コンに参加したカコ・16歳JK。そこで、22歳の功太と出会いました。何気に優しい功太と合コン帰りに散歩し、「仲良くなりたい」と言ってもらえたカコ。しかし、年齢を偽って合コンに参加したカコは、功太に年齢を知られたことであからさまに態度をガラッと変えられます。そして、「子供は帰れ!!」と言われ、タクシーに乗せられて帰宅します。

優しかった功太がナゼ??と思うカコ。しかし、それもそのはず。実は功太は、街を守る警察官だったのです!!女子高校生が合コン終わりの夜10時に外出していたり、酒を飲んだりすることを立場上許してはいけない職業でした。(女子高生と合コンする警察官…笑)お互い惹かれていたはずなのに、高校生とわかった途端ギロリと睨んだりして安全に目を光らせ警備する功太。しかし、功太の事を好きになったカコは懲りずに毎日交番に通います。

功太は街の警官としてカコの高校に来て講習を行ったりしますが、カコと距離を取り近づかないように気を付けます。同僚にも「相手は未成年だから」と言われ、功太もカコに惹かれているようですが我慢しています。カコは功太に「好き」と告白しますが功太は「彼氏にはなれない」と答えました。普通にフラれたカコでしたが、功太の事はもちろん諦めきれずにいます。

そんな時、同じ高校のヤンキー(大神)が補導された腹いせに功太にBB弾などをぶつけるなどの嫌がらせをします。学校でそれを聞いていたカコは功太を助けに行きますが、功太の代わりに頭を殴られます。病院で手を握ってくれていた功太に「気まずい顔初めて見せてくれた」とカコは言います。そんなカコに功太は「彼氏にはなれない。でも俺も、君と一緒にいたいんだ!」と本音を話してくれました!!そして、一緒にいられる方法として「結婚しよう」とカコにプロポーズしました。

後日、カコの家に挨拶に来た功太ですが、カコ父は可愛い一人娘なので反対します。カコ母は軽くOKしますが(笑)。カコ父は、カコと功太の初デートの時もこっそりとついてきます。娘に「恥ずかしい!!」と言われた父は、デートの後に功太と二人で飲みに行き、男同士色々と話をして結婚を許可しました。ただし、カコが高校を卒業するまでは”旧姓のままで通い婚”になりました。

カコ家にカコ父と帰って来た功太は、送ってくれたカコを見てがまんできずにカコの事を抱きしめてお姫様抱っこします。カコは何も経験がないJKなので、『これが…大人!?』と思います。

PとJK 登場キャラクター ネタバレ
PとJK 全巻一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめのマンガ