2017/03/16

PとJK 登場キャラクター ネタバレ 最終話

PとJK 登場キャラクター ネタバレ 最終話まで配信!
映画化された漫画「PとJK」の登場人物とあらすじを公開!
最新刊の発売日もお知らせ!

PとJK-ネタバレ

このページは「PとJK」の概要と登場キャラクターを無料で配信しています!ネタバレ注意!

PとJK-あらすじと概要

『PとJK』は、講談社『別冊フレンド』で2013年から連載されている三次マキによる少女マンガ。
タイトルのPは警察官、JKは女子高生を表している。2016年には累計発行部数は230万部を突破した。

高校1年生の歌子は、友人の姉が開いた合コンに人数合わせで年齢と身分を偽って参加し、そこで功太という青年と出会う。
しかし、功太は歌子が高校生であることを知って、態度を変えて去っていってしまう。
そんなある日、歌子は帰り道に変質者に襲われかけるが、警察官として勤務中の功太に助けられ…。

スポンサーリンク


PとJK-登場キャラクター

本谷 歌子

音尾高校普通科1年生→2年生。年齢を偽って参加した合コンで知り合った功太を好きになり、告白する。一度は振られるが、彼の本当の気持ちを聞き、結婚する。父親は当初反対していたが、功太の真っ直ぐな思いを受け入れ、高校卒業までは旧姓のまま、実家で暮らすこと、妊娠しないことなどを条件に結婚を許可された。

佐賀野 功太

23歳。音尾警察署地域課所属。音尾交番勤務の巡査長。
合コンで歌子を好きになるが、職業柄未成年との交際は出来ず、かといって歌子を諦めることも出来なかったため、プロポーズして夫婦となる。団子が好物。両親は他界している。

矢口 三門

音尾高校普通科1年生→2年生。カコの親友。三姉妹の末っ子。婚活に励む次姉が企画した合コンが、カコと功太が出会うきっかけとなった。

大神 平助

音尾高校普通科2年生。功太に補導され、留年。仲間らと功太に復讐しようとして、計画を知ったカコにモスキート音で邪魔をされ、カコに危害を加えてしまい、再び補導された。保護観察処分を下され、無期停学処分を受けた後、復学し、歌子とクラスメイトになる。歌子に正式に謝罪し、仲間とも決別した。

PとJK 全巻一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめのマンガ