鬼畜島 8巻のネタバレと感想

鬼畜島-8巻

鬼畜島-8巻のネタバレと感想を紹介します。

鬼畜島-8巻はこんなマンガ

絶海の孤島“菊池島”に取り残された
M大学の廃墟研究サークル。
メンバーの一人、高久は、“魔石”に魅入られ、
為す術もなく人外に堕ちていく――。
そんな高久を異性として意識し始めたマリは
高久を連れ去り母のもとに駆けこむ。
しかし、そこに現れたのは梟の面をかぶった奇怪な双子だった!!

⇒無料で鬼畜島-8巻を試し読みする

鬼畜島-8巻のネタバレ

高久は殺人家族の母親と出会う。
カオル君と一体化しているため、母親に抱きつくが
母親が一目の正体を現すと怖くて逃げ出した。

母親は目の形をした岩と同じ力を持っているようで
触手で高久に吸い付き、高久の正体を見破った。

高久は根からの殺人者で、童貞だったのだ。
それは<滅びの子>を産めるということで、殺人家族にとって重要な意味を成す。

もともと父親と母親で<滅びの子>を産む予定だったが、
それは失敗した。父親が童貞でなかったからだ。

それに比べ、高久とマリはどちらも汚れていないため、<滅びの子>を作れる。

別の場所にいた上原達は、カオル君と亜美の結婚式に参列させられていた。
亜美はもちろん無理やりだ。

亜美のことはサンタマリアとして崇めているものの
人との接し方を知らないカオル君は、刃向かう亜美に対して暴力で制する。

このままではサンタマリアが死んでしまうと心配した父親達は
早く<マリア>を降ろしてしまおうと言い出す。

その儀式の練習として、ボロボロになった先輩が連れ出される。

いよいよ儀式が始まりそうになった時、カオル君がサンタマリアの気配を感じた。
高久とマリの方でサンタマリアが降り立ったのだ。
マリがサンタマリアを取り入れると、顔がみるみるうちに綺麗になり、
高久も胸の高鳴りを抑えられなくなった。

だが父親たちはサンタマリアを譲らない。
お婆さんの力で先輩にサンタマリアを取り入れさせると、マリの顔は元の醜い顔に戻っていった。

「やはりあの男を先に始末せねばならないようね」
と母親はつぶやいた。

家族同士の戦いが始まる。

鬼畜島-8巻の感想

いよいよ殺人家族の真相が見えてきました。
「滅びの子」とは悪魔の子のようなものなのか。

マリ達はその失敗作で、最強にはなれなかった?
母親vs父親。
どちらが良いとは言い難いが、強いて言えばちょっとはまともそうな母親を応援したい。

タイトルとURLをコピーしました