鬼畜島 7巻のネタバレと感想

鬼畜島-7巻

鬼畜島-7巻のネタバレと感想を紹介します。

鬼畜島-7巻はこんなマンガ

絶海の孤島 菊池島に取り残されたM大学のグループ。
メンバーの一人 高久は“魔石”の働きで人格崩壊し殺戮を繰り広げる。
徐々に人間性を喪っていく自分に葛藤しながらも島民ハナクロの誘導で仲間の救出に向かう。
しかし、待ち受けていたのは“魔石”を手にしたマリだった。
誘惑に負け再び堕ちていく高久の逝きつく先は……!?

⇒無料で鬼畜島-7巻を試し読みする

鬼畜島-7巻のネタバレ

マリが持ってきた目の形をした岩に飲み込まれる高久。
ハナクロ達は止めるが、過去の方が楽しくなってしまった高久は戻ろうとしない。

過去では、拷問される殺人一家の前にサンタマリアが現れたところだった。
それは巨大で、頭に角が生えていた。

島民たちは驚き、サンタマリアの前に跪くが、ハナクロだけは信じず、
時間がたつとサンタマリアは消えていった.

そしてまた拷問の続きがされようとした時、自身が起こり島の協会が沈んだ。
それも神のおかげだと言う。

殺人家族は島の死体を集め、死んだはずのお婆さんも生き返らせた。
彼らの願いはすべて神が叶えてくれる。

そのことを知った島民は、自分の願いを叶えたいがために殺人家族に寝返る。
止めるハナグロの声ももう聞こえない。

島民は彼らのまね事をし始め、死体を集めて願う者も出てきた。
家族の父親は商談に成功し、金を手にする。
島民のヒーローとなっていた。

だんだん過去に飲み込まれていく高久を見て、
マリはうっとりした目で見つめていた。
高久を男としてみているのだ。

一方、家族の父親は高久が上原達を取り戻しに攻めてくる前に
殺してしまおうと話していた。
だが、亜美をサンタマリアだと信じているカオル君は止めに入る。

マリは高久を自分の母親の家に連れてきていた。
家に入ると、姉妹のカンナとアンナに攻撃を仕掛けられるが
そこへ母親が止めに入ってきた。

鬼畜島-7巻の感想

今まで一切影のなかった母親が現れた。
こんな一家なのだからまともではないのだろう。

マリは母親に会い、高久をどうするつもりなのか。

タイトルとURLをコピーしました