Honey Bitter-8巻-最新刊-ネタバレ

Honey Bitter(ハニービター)を最新刊までネタバレ!
最終回まで感想ありで紹介!

今回は少女漫画「Honey Bitter」の8巻のネタバレありレビューを紹介しています。

Honey Bitterの概要

『Honey Bitter』は、『Cookie』(集英社)で連載されている小花美穂による人気の少女漫画です!
2016年からは電子版のみで連載されています。

人の心を読める特殊な能力を持つ珠里は、叔母の早穂に勧められ、早穂の探偵事務所で働く事になる。
そんな珠里の前にアメリカ研修の射撃場で出会った大学生の久保陽太もバイトとして加わり…。

スポンサーリンク


Honey Bitter-8巻-あらすじ

陽太との恋も順調な珠里だが、ある日思いがけない人からプロポーズをされる! 陽太との関係は一体どうなる…? さらに、突然大きな事件の予知が訪れて!?
引用元:Honey Bitter

Honey Bitter-8巻-ネタバレ-レビュー

5つ星のうち5.0

やっと乗り越える

やっとヨータくんの愛でトラウマを乗り越えた珠里。

根深いものだったけど彼の愛情で乗り越えたから良かったです。

ヨータくんは相変わらず愛らしいキャラで、ミニヨータくんが可愛い過ぎました。セリフもあんな恥ずかしげもなく言ってしまうヨータくんにドキドキです!


5つ星のうち5.0

とてもいい状態でした。

日焼けもなく、帯までついていて、新品並みの綺麗さでした。

これからも利用したいです。


5つ星のうち5.0

最後まで読みたい漫画

小花先生の漫画は昔から好きですが、この漫画もまた好きで最終話まで読みたいと思わせる作品です。

超能力モノとは言ってもあまりそこばかり強調してなく、全体的に少女漫画らしい恋愛ありの可愛い探偵モノですが(悪い意味ではないです)そのホンワカさと小花先生の繊細な画が合ってるんですよね。

最初だけ丁寧に描きこまれてて話が進む内に雑になってくる漫画家さんが多い中、小花先生の画はいつも綺麗なので関心します。

主人公の珠里は19歳にしては大人っぽいというか落ち着いてるんですが、自分の能力とか親から見捨てられた過去から影を背負ってしまったんだなと・・・

それに反して恋人の陽太はまさに太陽のような存在で、この8巻では珠里とついに結ばれたし、いつまでも珠里の傍にいて欲しいと願いつつも、元恋人の吏己が心が読めない分、今の珠里にどんな感情を抱いてるのか気になるところです(珠里を名前で呼ぼうとしたり陽太に嫉妬してる描写があったので)

小花先生は奇をてらった終わり方にはしないと巻末のあとがき辺りで書かれてたので、じゃあ吏己との復縁は無しなのかな?とか結末が気になるところです。

珠里たちを尾行して自殺した謎の男についてはこの巻では触れてなかったので、次巻あたりかな?

珠里の能力を知ってる節があったのでそこは重い展開になりそうで期待です。


5つ星のうち5.0

面白い

本紙を読んでいたので面白いのは分かっていましたが何度も読む面白さです。


5つ星のうち5.0

さすが。

期待を裏切らない面白さ。

大満足です。とても重要な巻でした。買えてよかった。


5つ星のうち5.0

久しぶりの…

Honey Bitter!

今回も楽しく読めました。

珠里と陽太もやっと進めました。

意外とあっさり場面展開だったけど、

幸せそうで良かったです。

りきさんの気持ちも

なんだが読めてしまう巻でした。

切ないなー。

あの遠い親戚の人

本当迷惑!笑

これから荒らすのかと思うと…。

りきと珠里と陽太のこれからが

気になって仕方ありません!

小花先生、

次こそは早く出してくださいね!
引用元:Honey Bitter

■前回のネタバレ⇒Honey Bitter ネタバレ 7巻 最新刊

■Honey Bitterの全巻一覧最新刊 発売日も要チェック!

スポンサーリンク


人気のマンガ