Honey Bitter-11巻-最新刊-ネタバレ

Honey Bitterを最新刊までネタバレ!
最終回まで感想ありで紹介!

今回は少女漫画「Honey Bitter」の11巻のネタバレありレビューを紹介しています。

Honey Bitterの概要

『Honey Bitter』は、『Cookie』(集英社)で連載されている小花美穂による人気の少女漫画です!
2016年からは電子版のみで連載されています。

人の心を読める特殊な能力を持つ珠里は、叔母の早穂に勧められ、早穂の探偵事務所で働く事になる。
そんな珠里の前にアメリカ研修の射撃場で出会った大学生の久保陽太もバイトとして加わり…。

スポンサーリンク


Honey Bitter-11巻-あらすじ

吏己を拒みきれなかったことを打ち明け、つきあう資格がないと陽太に別れを告げる珠里。その後、吏己のもとを訪れた陽太は、珠里の存在をめぐって吏己から挑発され激高。陽太からの強烈な一打を受け倒れ込む吏己は…?
引用元:Honey Bitter

Honey Bitter-11巻-ネタバレ-レビュー

5つ星のうち3.0

この展開はないわ

ヨータくんに別れを告げ元彼の吏己くんと寝た珠里に嫌悪感を抱いてしまった巻。 どうして流されちゃったかなーと思ってしまったし何よりヨータくんが気の毒で…こういった形で裏切られる事になったヨータくんが可哀想過ぎる。


5つ星のうち2.0

楽しみにしていただけに、

以前から作者様のお話が好きで、今作もずっと連載開始から読み続けていました。

それだけに11巻では悪い意味で裏切られました。

吏己と陽太どちらが……というのはさておき、雪が降る日にテロがあるという予知を見ていながら誰にも伝えず逃げたことにはガッカリしました。

予知を伝えれば、テロを阻止は出来なくても備えることが出来たのでは?

恋愛面だけでなく、調査員としてのシュリの成長も楽しみにしていただけに早穂みたいに強くなりたいとは何だったのかと思います。

そして他の方も仰っていますが、間をおかず2人の男と立て続けに関係を持ってると思われるのも残念でした。

両親の不和で苦しんだという描写もあったのに、父親が分からない子供を身籠っても良かったのでしょうか。

今の流されやすいシュリでは、たとえ子供を身籠ったとしても誰にも頼らず一人で育てていく姿が想像できません。

今巻では調査員として、女性として、こういう風に成長していくんだろうなという予想が裏切られてむなしい気持ちが残っただけでした。

辛口なことも申しましたが、大好きな作品であることには変わりがないので最後まで見届けさせて頂こうと思います。

体調不良の中で作品を産み出し続けて下さっていることへの感謝とともに、今後も作者様のご健勝と、この作品が無事に終わりを迎えられますことをお祈りしています。


5つ星のうち5.0

辛い過去を持ちながらも頑張る主人公達に救われる

辛い過去を持ちながらも、自分のペースで頑張る、

そんな登場人物たちやストーリーに勇気付けられます。

よくありがちな、「主人公に都合が良いだけのストーリー」

と違い、現実味があるのがこの作者さんのお話だと思います。

私も辛い過去があって、まだ奮闘中ですが、

小さい頃からこの作者さんのお話に救われてきました。

ゆっくり気長に待ちますので、

末長く良い話を作って欲しいです。応援しています。


5つ星のうち5.0

オススメです

この漫画なかなか続きが出なくて…

小花さんの漫画は本間におもしろい。一巻からずっとおもしろいのにまたもっとおもしろい展開になってきた。早く続きが読みたいーー


5つ星のうち2.0

サイテーだと思いましたが

昼ドラ的感覚で面白いと評価される方がいるのでしょうが私自身は主人公の行為はサイテーだと思いました。何の落ち度もない恋人を一方的に振った

直後に元彼と寝たわけで嫌悪感でいっぱいです。10巻で彼と寝ていて11巻で元彼と寝ていて時間的経過は対して経ってませんよね。これで今妊娠したら

出産後にDNA鑑定するのでしょうか。


5つ星のうち5.0

良かったです

初めて利用しました。状態がとても綺麗で満足です。また利用したいです。


5つ星のうち5.0

待望の新刊。

おもしろかったです。

気長に12巻の発売を待ちたいと思います。


5つ星のうち4.0

多少?ネタバレありです

シュリは真面目なんだなあと思いました。陽太を傷つけたにもかかわらずリキに揺れてるあたりがもう焦れったくて…。でもほんにんが言ってる通りもうズレてしまったので戻ることはないんだろうなと思いました。

早穂さんの過去も明らかになりました。主要人物ほぼ全員今まで何らかの形で辛い経験をしました。全員がハッピーになってもらいたいと思いつつ、それはきっと無理だと思うと切ないです。作者さんのペースでゆっくり、完結まで頑張っていただきたいです。
引用元:Honey Bitter

■前回のネタバレ⇒Honey Bitter ネタバレ 10巻 最新刊

■Honey Bitterの全巻一覧最新刊 発売日も要チェック!

スポンサーリンク


人気のマンガ