ゴブリンスレイヤー 9話のネタバレと感想-剣の乙女の過去が明らかに

ゴブリンスレイヤー-9話のネタバレと感想を紹介します。 地下水路の奥には巨大な鏡が。ゴブリンスレイヤーたちは真相に迫る。

ゴブリンスレイヤー-9話のあらすじ

祭壇に設置された巨大な鏡。地下水路に大量発生したゴブリンの群れ。そして度々現れるゴブリン以外のクリーチャー…。ゴブリンスレイヤーたちは今回の騒動の核心に迫っていく。地下奥深くでは、以前ゴブリンスレイヤーたちを苦しめた小鬼英雄が彼らを待ち受けていた。だがゴブリンスレイヤーには、ゴブリンを一網打尽にする起死回生の作戦があった。

ゴブリンスレイヤー-9話の注目ポイント

  • ゴブリンの住む巨大な鏡
  • 小鬼英雄との戦い
  • 剣の乙女の過去、本当の真相とは

ゴブリンスレイヤー-9話のネタバレ

未知のクリーチャーを倒し、地下水路の奥へと進むゴブリンスレイヤー達。 奥には巨大な鏡がありその中ではゴブリン達が生活していた。 後からは小鬼英雄を含むゴブリンが追ってきており、倒すために罠を用意。 全員で立ち向かい、地下水路自体を壊すことで追ってきたゴブリン達は絶滅。 鏡も取り外すことに成功し、ゴブリン達は戻ってこれなくなった。 地上に戻り、ゴブリンスレイヤーは剣の乙女の元へ向かう。 「全部知っていたのだろう?」 剣の乙女は、街で起こる犯罪がゴブリンのものではないと知っていた。 ゴブリンの場合、殺さずに持ち帰りいたぶるからだ。 以前倒した魔神が剣の乙女への復讐として行なっていたのだ。 剣の乙女は過去にゴブリンに辱められた事があり、ゴブリンが怖くて倒しに行けなかった。 そこで嘘をつき、ゴブリンスレイヤーに依頼したのだ。 魔神からの復讐はすでに無くなっており、別の場所で勇者が倒していた。 全てをゴブリンスレイヤーに話したが、ゴブリンスレイヤーは特にどうする事もなく、 「ゴブリンが出たら俺を呼べ」とだけ言い去っていった。 幼い頃の剣の乙女がゴブリンに捕まっていたころ、その場にゴブリンスレイヤーもいたようで ゴブリンスレイヤーなら辛い自分の気持ちがわかってくれると思っていた。 泣いてその場に崩れる剣の乙女だったが、最後の言葉に救われたようだ。 ゴブリンスレイヤーたちはその街を後にした。

ゴブリンスレイヤー-9話の感想

剣の乙女とゴブリンスレイヤーの仲がようやくわかった。 今の剣の乙女ならゴブリンも倒せそうだが、それだけ過去にひどいことをされたのだろう。 やっと次の話にいくので楽しみだ。]]>

タイトルとURLをコピーしました