ゴブリンスレイヤー 8話のネタバレと感想-生死を彷徨うゴブリンスレイヤー

ゴブリンスレイヤー-8話のネタバレと感想を紹介します。 生死を彷徨うゴブリンは生き返ることはできるのか。また、未知のクリーチャーが登場する。

ゴブリンスレイヤー-8話のあらすじ

小鬼英雄との戦闘で深く傷つき、生死の境を彷徨うゴブリンスレイヤー。剣の乙女は女神官と協力し、奇跡の力によるゴブリンスレイヤーの蘇生を試みる。その頃、地下水路の探索を進めていた妖精弓手たちは、ゴブリンとは全くことなる未知のクリーチャーと遭遇する。未知のクリーチャーの圧倒的な攻撃力により、一度は攻略を諦めた一行だったが…。

ゴブリンスレイヤー-8話の注目ポイント

  • ゴブリンスレイヤーを2人の美女が癒す
  • ゴブリンスレイヤーと女神官の日常
  • 再び地下に戻り、クリーチャーと戦闘

ゴブリンスレイヤー-8話のネタバレ

前回のゴブリンとの戦いで深手を負ったゴブリンスレイヤー。 地上に戻り、剣の乙女と女神官で蘇生を試みたことで、ゴブリンスレイヤーは傷を癒す事ができた。 元気になったゴブリンスレイヤーに、女神官もほっとする。 みんなで食事をし、ゴブリンスレイヤーは防具を直すため防具屋へ。 その後、女神官とゴブリンスレイヤーは街をぶらぶらして初めてのアイスクリームを食べる。 ゴブリンスレイヤーと一緒にいれて女神官は嬉しそうだ。 再び全員で地下水路の探索をしていると、未知のクリーチャーと遭遇する。 ゴブリンではないため、ゴブリンスレイヤーは戦わない姿勢を見せたが、他のゴブリンも退治するためにクリーチャーを全員で退治することに。 相手は強く、タダではかなわない。 だがゴブリンスレイヤーは勝算があるようで、指揮をとり始める。 他のメンバーがクリーチャーの気をそらせているうちにゴブリンスレイヤーが何か粉を投げ込み一時退散。 すると、クリーチャーは自分の攻撃で自爆してしまった。 ゴブリン用に仕掛けるはずの罠だったが、ここで使ったらしい。 ゴブリンスレイヤーらしいやり方で相手を倒した。

ゴブリンスレイヤー-8話の感想

前回死んだと思ったゴブリンスレイヤーが生きていて良かった。 ゴブリンスレイヤーと剣の乙女の間には何かありそうだが・・・。 やっと地下水路で一番強いクリーチャーを倒せたので次から別の街に向かうのだろうか。]]>

タイトルとURLをコピーしました