ゴブリンスレイヤー 2話のネタバレと感想-ゴブスレの過去が明らかに!

ゴブリンスレイヤー-2話のネタバレと感想を紹介します。 ゴブリンスレイヤーの幼なじみが登場し、過去が明らかに!

ゴブリンスレイヤー-2話はこんなアニメ

鎧を着た銀等級の男、ゴブリンスレイヤー。手段も選ばず、ただひたすらにゴブリンのみを退治し続けている彼は、辺境の街のギルドを利用する冒険者の多くから敬遠されていた。ゴブリンスレイヤーに助けられて以来、一緒にゴブリン退治をしている女神官は、彼と行動を共にしていくうちに、ゴブリンスレイヤーの持つ信念や悩みを徐々に理解していく。

ゴブリンスレイヤー-2話のネタバレ

ゴブリンスレイヤーは、町から少し離れた場所で暮らしていた。 家には女の子1人と、家主が1人。ゴブリンスレイヤーは家主に稼いだお金を払うことで住まわせてもらっていた。 ある日、町に用事があった女の子は、ゴブリンスレイヤーとともに町に行く事に。 ゴブリンスレイヤーはいつも通りギルドに行き、ゴブリン退治の仕事を請け負った。 そこには女神官の姿もあり、先日のゴブリン退治から一緒にパーティーを組んだのだそう。 女の子はゴブリンスレイヤーと女神官が退治に向かうのを見送り、1人家に戻った。 実は女の子はゴブリンスレイヤーとは幼なじみで、過去に両親を亡くしていた。 家主は一心不乱にゴブリン退治を行なうゴブリンスレイヤーをあまり良く思っていなかったが、女の子の幼なじみと言う事で家に泊めてあげていた。 一方ゴブリン退治に向かった2人は、山に潜んでいたゴブリンの集団を計画通りに退治していた。女神官はまだ抵抗があるようで、逃げようとするゴブリンを焼き殺すのは心苦しいようだった。ゴブリンスレイヤーにはそこまでする理由があるようで、過去にゴブリンに襲われた復讐をしているようだ。彼もまた、悩みを抱えていた。 また、ある日町にゴブリンスレイヤーを探す冒険者らしき人たちが現れる。

ゴブリンスレイヤー-2話の感想

1話ほどえげつない内容ではないが、やはりゴブリンが無残に殺されていくところは見るに堪え難いものがある。今回、ゴブリンスレイヤーの幼なじみや過去の話も少し出てきたので、これからなぜゴブリンスレイヤーとなったのかを詳しく説明があるのだろうか。 また、ゴブリンスレイヤーを探す人たちの目的とは。]]>

タイトルとURLをコピーしました