ゴブリンスレイヤーの素顔!? 12話(最終回)のネタバレと感想

ゴブリンスレイヤー-12話(最終回)のネタバレ、感想と動画を紹介します。 ゴブリンとの最後の戦い。冒険者達を集め、ゴブリンロードが率いる大群に立ち向かう。

ゴブリンスレイヤーの素顔が明らかに?12話(最終回)のあらすじ

小鬼王(ゴブリンロード)率いるゴブリンの大軍勢と辺境の街にいる冒険者たちの戦いが始まった。敵の大群に立ち向かう妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶をはじめとしたギルドの仲間たち。しかし更なる強敵が冒険者たちに襲い掛かる。苛烈を極める戦闘の中、ゴブリンスレイヤーは一人、小鬼王の前に姿を現す…。

ゴブリンスレイヤー-12話(最終回)の注目ポイント

  • ゴブリンロードとゴブリンスレイヤーの戦い
  • 勝負の結末は?
  • ゴブリンスレイヤーの素顔

ゴブリンスレイヤー-12話(最終回)のネタバレ

街を襲いにきたゴブリン達を、協力して倒していく冒険者達。 戦い慣れている大きいボブゴブリンにはベテランの冒険者達が相手をしていた。 ベテランの経験は伊達ではなく、あっという間にゴブリンを殺していく。 一方ゴブリンスレイヤーは、ゴブリンの王・ゴブリンロードを1人で追いつめていた。 だが前から攻撃する事が不慣れなゴブリンスレイヤーは倒され、何度も頭を蹴り着けられてしまう。 ゴブリンロードがとどめの一撃を食らわそうとした時、ゴブリンロードの動きが止まる。 女神官がプロテクションを2枚挟む事でゴブリンロードが動かないようにしていた。 許しを請うゴブリンロードだったが、もちろんそんな事は許さない。 ゴブリンスレイヤーが再び立ち上がり、動けないゴブリンロードに致命傷を追わせる事に成功した。 ボロボロになりながらも、2人で冒険者達のいる元へ。夜はすっかり明けていた。 その後、ゴブリンスレイヤーは牛飼い娘の元に戻っていった。 「ただいま」 平和を取り戻した街のギルドで、戦いに勝った冒険者達は祝杯をあげていた。 もちろんゴブリンスレイヤーも。 そこでゴブリンスレイヤーはこう口にする。 「俺は多分、冒険者になりたいのだと思う。」 それを聞いて牛飼い娘は嬉しそうだ。 また、女神官はゴブリンスレイヤーに兜を脱いで欲しいとお願いする。 ゴブリンスレイヤーは言う通りに外してくれた。 それを見て、周りの冒険者たちも集まる。 「やっぱり、美男子よね」 冒険者たちとの絆を改めて感じたゴブリンスレイヤーは、少し微笑んだ。

ゴブリンスレイヤー-12話(最終回)の感想

最後まで、ゴブリンスレイヤーの素顔は視聴者にはわからず。 口元しか映してくれなかったが、きっとイケメンなのだろう。 最後のカットで「ゴブリンスレイヤーは戻ってくる」とあったので、2期に期待!

ゴブリンスレイヤー-最終回の関連動画

]]>

タイトルとURLをコピーしました