エガオノダイカ 2話の評判・感想-ヨシュアは新型クラルスを使い戦場へと向かう

エガオノダイカ-2話の感想を紹介します。 敵国との戦争がいよいよ始まる。ヨシュアはユウキの笑顔を守るために、戦場へと向かう。

エガオノダイカ-2話はこんなアニメ

王国の平和は破られようとしていた。国境に押し寄せる帝国軍を食い止めるため、騎士団総長ハロルドは旗艦空母「エクセスアルカ」で前線に向かう。搭乗クルーの中にはヨシュアの姿があった。前線の苛酷さに圧倒されるヨシュア。だが代々王家に仕えてきた誇りが、ユウキの笑顔を守りたい一心が、初出撃した彼の心を奮い立たせる。「父さん。見ててくれ……必ず俺、あなたを超えてみせます…!」

エガオノダイカ-2話のネタバレ

ヨシュアは王女・ユウキの笑顔を守るために戦場へと向かう。 同じ騎士団で、前回決闘をしていたユニとルネとも和解できたようだ。 「ユウキには何も知らないまま、笑顔のままでいてほしい」という願いのもと、共に戦争で勝つ事を誓った。 戦争は猶予もない状況で、ヨシュアの申し出によって「新型クラルス」を使い戦力を上げることとなる。 「新型クラルス」を搭載したロボは、これまでのものとはケタ違いの威力を発揮する。 ヨシュア・ユニ・ルネが3体の「新型クラルス」を操縦する事となった。 夜、ヨシュアは久しぶりにユウキに連絡をとる。 ユウキは嬉しそうだ。花が咲かないことを相談に乗ってもらい、帰ってきたら必ず咲かせようと約束する。 ユウキは戦争が起きている事は何も知らないので、「頑張ってね」と連絡をきる。 次の日、いよいよ「新型クラルス」を使っての戦いが始まった。 だがそれを使っても敵国の戦力は計り知れず、次々に機体が倒されて行く。 追い込まれたユニと、操縦不能になってしまったルネ。 ヨシュアは<気合いと根性>でユニを助けに行く。 敵の攻撃が止まない中、ヨシュアは敵につっこみ爆発させユニを助け出した。 ヨシュアは負傷を負ったものの、ユニと笑顔で会話できるぐらい元気だった。 騎士団が国に戻ったころ、王女・ユウキは呼び出される。 空気はとても重いが、誰も何も教えてくれない。 とある一室に入ると、ヨシュアが横たわっていた。 なんと亡くなってしまったのだ。 現実を知り、絶叫するユウキ。 一方、敵国のグランディーガ帝国でも死者が数多く出ていた。 ステラとそのチームは生き残ったチームの1つだ。 亡くなったチームの隊長に変わり、ゲイルが新しい隊長として任命される。

エガオノダイカ-2話の感想

主人公キャラだったヨシュアが死んでしまうという驚く自体に。 戦いが終わった後も「死に損なったな」なんてセリフを言っておきながら。。 ユウキは悲しみから乗り越えることができるのか。]]>

タイトルとURLをコピーしました