青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 8話【ネタバレ感想】

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない-8話のネタバレと感想を紹介します。 2人の理央を救うため、咲太は理央の本当の気持ちを探る。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない-8話はこんなアニメ

自分が二人存在するという思春期症候群を引き起こし、咲太の家にしばらく泊まることになった理央。一方で“もう一人の理央”はSNSに思いがけない写真を投稿していた。そのことを同級生の上里沙希から教えられた咲太は、改めて理央と話をすることに。その行動の理由、そして思春期症候群の解決方法を探るため二人の理央から話を聞いていく中で、咲太はそれぞれが抱える悩みを知ることになり……

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない-8話の注目ポイント

  • 2人存在する理央
  • 理央の悩みとは?
  • 咲太は解決するために2人の理央の話を聞く

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない-8話のネタバレ

心の悩みが原因で、理央が2人存在することになってしまった。 咲太は解決するべく、まずは学校にいたポニーテールの理央に話を聞きにいく。 その理央は今でもSNSに自分の画像をアップしており、始めた理由を聞くと 「誰でも良いからかまってほしかった」のだという。 だが、そんな行為を嫌な自分と、やめられない自分がいたため、2人に別れてしまったと考えていた。 話していると、理央の携帯にSNS上でメッセージがきた。 制服を来ている写真をアップしていたため、送信者は学校を把握しており 「会ってくれないと学校にバラす」と脅してきた。 咲太が警察に通報すると返事を返したおかげでそれ以上連絡は来なくなったが、 理央は怖くて震えていた。 こんなことはもう辞めたいらしくSNSのアカウントを削除して欲しいとお願いしてきた。 その日、理央は1人になりたくなかったため咲太を家にあげる。 咲太には麻衣先輩という彼女がいるため、やましい事は何も起こらなかったが理央の本音を聞く事ができた。 理央とは高校に入ってから咲太と咲太の親友の国見の3人で仲良くしていたが 理央が片思いしている国見には彼女ができ、 咲太にも麻衣先輩という彼女ができてしまったため、2人が離れていってしまうような気がしたそう。 彼女ができても3人の関係は変わらないことを証明するため、 咲太は国見に電話をかけ近くの駅まで呼び出した。 国見は夜遅くにも関わらず、理央を心配しすぐに飛んできた。 せっかくなので、そのまま花火をすることに。 3人は朝まで遊び尽くし、これまでと関係はかわらないのだと理央も納得してくれた。 「私はもう大丈夫。もう1人の理央のほうに行ってあげて」と咲太に言う。 咲太が朝家に帰ると、もう1人の理央が待っていたので 預かっていたSNSのアカウントを削除した携帯を理央に手渡す。 咲太はそのまま寝てしまったが、理央が見たその携帯の待ち受けには もう1人の理央が国見と咲太と一緒に楽しげにしている写真があった。 咲太が起きた時にはもう理央の姿はなく 帰ってこない理央を心配し街を探し回るー。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない-8話の感想

2人の理央がいると文章がややこしい。家にいた方の理央は自分の存在が取られてしまうと思ったのだろうか。 完璧に2人にわかれてしまっているので、どちらかが消滅するしかないのだろうが咲太はそれを望んでいない。1人になることはできるのか。 ]]>

タイトルとURLをコピーしました