青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない3話【ネタバレ感想】

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない-3話のネタバレと感想を紹介します。 先輩と一緒に過ごした次の日、学校へ行くと桜島麻衣を覚えている人は誰もいなかった。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない-3話はこんなアニメ

藤沢を離れ、大垣まで行っても桜島麻衣のことを覚えている人は一人もいなかった。咲太は麻衣と共に学校に戻るが、そこでも友人の双葉理央から学校内で自分以外に麻衣のことを覚えている人間はいないということを聞かされる。 麻衣を忘れていくのは、ある行為に起因するものだという仮説を聞いた咲太は、麻衣の記憶を失わないように奮闘する。そして、そんな咲太の姿を見て、麻衣も一つの決断を下すのだが……

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない-3話のネタバレ

先輩と一緒に過ごし、緊張から一睡もできなかった咲太。そのまま学校へ行くと、麻衣のことを相談した双葉以外、誰も麻衣のことを覚えている人はいなかった。 咲太と双葉に共通しているのは、昨日の夜に寝なかった事。寝ることにより麻衣の存在を忘れてしまうらしい。 それを知った咲太は、意地でも寝ないように努力を始める。 寝ない日が何日も続き、咲太の顔色はどんどん悪くなっていく。 咲太の様子を見ていた麻衣は、咲太と試験勉強をしている間に睡眠薬を飲ませ眠らせてしまった。 起きると、麻衣のことを忘れていた。 忘れる前に書いた、麻衣のことを綴ったノートを見ても、名前はかすれていてよく読めない。 何かを忘れている気がするものの、そのまま学校へ行くと双葉が話しかけてきた。 ノートに見覚えのないメモが挟んであったようで、「愛が上回れば解決策が見つかるかもしれない」と書かれていた。 何のことかわからないまま、試験が始まる。 問題の中には、昨日麻衣と一緒に勉強した問題が書かれていた。 その瞬間、今まで誰と過ごしていたのかを思い出し、咲太は教室を飛び出す。 一気に校庭まで走ると全校生徒が注目する中、麻衣への愛を告白する。 「麻衣さん、大大大好きだー!!!!」 そこへ麻衣も現れた。今回は見えるようになっている。 麻衣はまず、咲太が自分を忘れた事を怒り、そして1ヶ月後にもう一度告白してと言う。 今返事をすると流れに乗ってしまった感じがするのだそう。 その様子を見ていた生徒達は、次々に麻衣の名前を口にし始め、全員に麻衣が見えるようになったようだ。 その後も徐々に、学校以外の人たちにも麻衣の存在は取り戻されていった。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない-3話の感想

麻衣編が終了!咲太が麻衣の事を忘れてしまった時はとても悲しく、校庭の中心で愛を叫んだ時はとても感動した。こんなに短く終わるとは思っていなかったので以外だが、次はまた別の子の「思春期症候群」と戦うようだ。良いペースで展開してくれるので、飽きずに楽しめそうだ。]]>

タイトルとURLをコピーしました