2017/03/21

3月のライオン 6巻 ネタバレ 完結

3月のライオン 6巻 ネタバレ 完結
映画化された漫画「3月のライオン」を最終回まで全巻配信!
最新刊のあらすじの感想と評価も紹介!

3月のライオン-ネタバレ

このページは漫画「3月のライオン」の6巻のネタバレと概要を配信しています。最終巻の完結まで感想ありで全巻配信!

3月のライオン-あらすじと概要

『3月のライオン』は、ヤングアニマルで2007年から連載されている羽海野チカによる将棋を題材とした漫画。
2015年にはアニメ化と映画化が発表された。
漫画タイトルになっている「3月のライオン」の意味は、イギリスのことわざである「March comes in like a lion and goes out like a lamb.(3月はライオンのようにやってきて、子羊のように去る)」から取られている。

15歳でプロ棋士となり、周囲から期待される高校生の桐山零は、幼いころに家族を事故で失い、プロ棋士の家に引き取られた。
しかし家でも学校でもなじめず、自分の将棋にも悩んで行き詰っていたそんなある日、ある3姉妹と出会う。
零と同じく家族を失っていながらもひたむきに頑張り、零のことを気遣う彼女たちが零の心境に変化をもたらしていく・・・。

スポンサーリンク


3月のライオン-ネタバレ-6巻

3月のライオン-6巻

ひなたを褒めた祖父。林田に相談する零。

ひなたの泣く姿を見て零は、今にでも泣かせた相手を探し出してやりたいと思った。けれどそれはひなたのためにならず、解決にもならない。

どうしたらいいのか、零は考えた。家に戻りあかりから話を聞いていた祖父はひなたを目の前に座らせて「ひな・・・よくやった!!」と褒めた。

勇気を出して友達を助けようとしたひなに対し、何も間違っていないと祖父はひなたの心を救った。

零の方も学校で林田にこのことを相談した。林田は無数にいじめはあるが、100%の解決策は見つかっていないと言った。

それだけ何通りもの答えがあるからこそ泥沼と化していると。

だからといって諦めてはいけない、大事なのは、ひなたがどんな風な解決を望んでいるのかをよく聞くことだと零に言う林田。

その後零は、転校費用や弁護士を雇った時の費用、家庭教師費用・・・などを計算した書類を林田に見せる。

それらの費用を用意するために、これからしばらくの間自分は対局で負けるわけにはいかないと闘志を燃やす零。

それを見て林田は零は何かが大きくズレていると心配し、零の暴走を阻止するべく動く。

遠巻きに見ているクラスメイト

零はあと一勝すれば準決勝で対局料が2倍になるのに敗戦してしまった。悔しがる零は二海堂を誘って練習に燃える。

二海堂はやっとやる気を出してくれるのかと嬉し泣きし、練習に付き合った。祖父はひなたを遊園地に連れていったが、まだひなたは元気がなかった。

あかりはなぜ事実を言ってくれなかったのかとひなたを責めそうになったが、祖父はもう十分苦しんでいるひなたを更に責めてはいけないと思っていた。

零はひなたを励ましに定期的に川本家に通う。その日はひなたに将棋を教え、ついでに最近の学校での近況を聞いてみた。

今は皆自分のことを遠巻きに見ている感じだとひなたは言った。ちほをいじめた子たちだけ大きな笑い声をあげ、何かクラスの中に見えない階級がある。

その階級にあわせてどのくらい教室内で自由に振舞っていいかが決められているような、そんな雰囲気があると零に告げた。

味方になってくれた高橋

次の日、教室でひなたがひとりぼっちでいると、幼馴染の高橋が来てキャッチボールに誘ってくれた。零が高橋にひなたの現状を話していたからだ。

高橋はこれからも何か困ったらキャッチボールでもしようと声をかけてくれた。

一方零の方は4勝をあげ、あと一回勝てば棋匠戦予選準決勝というところまできていた。「新人王に俺はなる」と勢いよく言って零は自分の頬を叩いた。

次の日、ひなたが登校すると机に「色目使ってんじゃねーよバーカ」と落書きされていた。昼休み高橋がなんで来ないんだとひなたの前に現れる。

それを見たいじめっ子女子の高城はひなたに悪口を言った。

それを聞いた高橋は高城グループをキャッチボールに誘い、高城たちに当てないように豪速球を投げつけビビらせた。

高橋も転校したちほの優しさは知っていた。味方がいるってことを見せといた方がいい気がする、と高橋はひなたに言った。

ひなたの怒り

帰ってひなたは今日の出来事を零に話した。

零がひなたに今後どうしていきたいと尋ねると、あいつらをめちゃめちゃにしてちほと同じ目にあわせてやりたい。

自分たちが何をしたか思い知らせてやりたい、そう言った。しかしちほはもういない、もう遅いし、ちほはあいつらの顔なんて見たくも無いと思う・

そう言ってひなたは号泣した。翌日。ひなたの悪口が黒板に書いてあった。担任はこれはどういうことなのかひなたに尋ねた。

ひなたは書いたのは自分ではなく、朝来たらもう書かれていたと正直に答える。そしてひなたのことを考えている零は気づいた。

ひなたはただ辛いと思っているのではなく、腹の底から煮え繰り返るくらいに怒っているのだと。

二海堂を励ます零

ひなたは鼻血を出して家に帰ってきた。担任に呼び出され、どうしてそんなに協調性が無いのかと言われたらしい。

それで怒って鼻血が出てしまったのだとあかりは言った。そろそろうちも学校から呼び出しがかかるかも、と不安になるあかり。

零は自分に頼ってくれて構わないと言い、あかりもいざとなったら本当に頼ると言った。

その晩。あと一勝で決勝だが、自分の前には山崎順慶という4年も新人王に居座っている強敵がいると二海堂は零に電話で話した。

色々と不安な二海堂に零は「お前なら大丈夫だ」と言い切る。

それよりも体調崩さず寝ろ、と零は二海堂を励ました。それを聞いた二海堂は驚いたような表情で何度か返事をし、「ありがとう」と零に言った。

蜂谷を下す零

新人戦準決勝。零の相手は蜂谷すばる五段。早指しを得意とし研究に裏付けられた攻撃的な棋風。しかし何か嫌だと零は感じた。

蜂谷の早指し、舌打ち、貧乏ゆすり。そんなになんないと指せない将棋かなぁ、と零は疑問に思ってしまう。

どことなく自分勝手に振る舞う蜂谷に対し、世界の中心は自分だとでも思ってんだろうな、と冷静な顔で一手を指す零。

その手がきっかけで蜂谷は詰み、負けた。その後、でかい態度でも意外に愛されキャラの蜂谷に、ど深夜までの感想戦に付き合わされた零だった。

山崎順慶に負け、入院する二海堂

零は林田にひなたの現状について話すと、ひなたの担任に怒りを示し、学校には担任だけじゃないし、他の人に頼ってもいいんじゃないか?

と零にアドバイスした。林田はお前に出来る事をまず一つずつやるしかないんだ、と零の背中を叩き励ました。

零はその後の対局を勝ち進むが、二海堂は山崎順慶に破れてしまう。

決勝で戦おうといってきたのに何負けてんだ、と二海堂に思いながら将棋会館を出ようとする零。

その途中で「二海堂が入院している」という話をしている島田と神宮寺の会話が聞こえてしまう。

「ただ体調崩しただけなら入院なんてないだろう」と島田に詰め寄るが、訊かれても俺が答えないなら何か理由があるからだ、察してくれと言われてしまう。

少年時代の二海堂

ずっと訊くことができなかったが、いつも付き人の花岡が近くにいて、色の薄い弁当を食べ、バッグの中にたくさんの薬が見えていた。

零は小さい頃から本当は気づいていた。零は島田に全部聞かせて欲しいと真剣に頼んだ。そして島田は弟弟子・二海堂の話を始めた。

二海堂は小四の頃にやってきて、どこかで見たことのある子供だなと島田はその時思った。

子供大会のゲストで講師をやった時に島田は二海堂を見かけており、金持ちのボンボンだと思ったら零との小学生らしからぬ実力の棋譜を見て驚いた。

その後急に具合悪くなった二海堂に対し、付き人の老人が落ち着いた対応をしているのを見て、二海堂の長い闘病生活が垣間見えたという。

それから島田が二海堂の家にお見舞いに行くようになり、時々将棋を指す仲になる。

新人戦に闘志を燃やす零

二海堂は子供にしては強く、島田は本気で負かすのに骨が折れた。

だがある日体調の悪い二海堂を勇気付けるためにわざと手加減したら、将棋でまで「弱い人間扱い」されたら自分はどこで生きていったらいいんですか?

と二海堂は泣き始めた。二海堂の病は難病で、一生付き合っていかなければならないものだった。

島田は二海堂に零には病気のことは言わないでほしいと頼んでいた。きっと零は優しいから手が鈍るだろうと。

二海堂と山崎順慶の棋譜は2枚あり、最初の一局は待ち時間をフルに使い二海堂が劣勢から優勢に持ち直したが、相手の千日手で指し直しになる。

そこからの1分将棋で体力を使いきり二海堂は倒れてしまった。零はその話を聞き、新人戦決勝戦への決意を固める。

新人王獲得

新人戦決勝戦前日。明日から京都へ修学旅行のひなただが、最近の現状を考えると楽しみなものではなく胃を痛めてしまう。

零は倒れるまで将棋を指した二海堂、学校で戦っているひなたのことを考えながら翌日関西将棋会館へ向かった。

零と山崎順慶の対局が始まる。零は山崎順慶と二海堂の棋譜を見て、なぜ十分指せるのに千日手に持ち込んだのか疑問に思っていた。

倒れた二海堂を思い零は「ふざけるな」と心の中で言った。

山崎順慶はただただ零のミスを待っているように指してくる。

それなら俺がミスするかどうか見せてやる、と果敢に攻めようとする零だが、その時以前二海堂に言われた「カッコつけんな桐山」

という言葉が思い浮かび、グッと手を止める。本当に勝ちたいなら攻めるだけでなくちゃんと守れ、二海堂のその言葉を胸に零は新人王を獲得した。

そして対局が終わるとすぐにひなたのことを思い出し、零は新幹線で新京極まで向かう。

ひなたを探し見つけだす零

零はひなたから、修学旅行は新京極で自由行動とだけ話を聞いていたので、ひなたを探し回るが見つからない。

そして零はひとりぼっちの人がこんな賑やかな場所にいるわけがないと気づく。

ひなたはいつも泣きたくなると河に向かっていたので零は近くの河へ走る。そこにはひとりぼっちのひなたがいた。

ひなたはなぜ零がいるのか驚き、その後零に抱きつき泣いた。

スポンサーリンク


おすすめのマンガ