2017/03/21

3月のライオン 4巻 ネタバレ 完結

3月のライオン 4巻 ネタバレ 完結
映画化された漫画「3月のライオン」を最終回まで全巻配信!
最新刊のあらすじの感想と評価も紹介!

3月のライオン-ネタバレ

このページは漫画「3月のライオン」の4巻のネタバレと概要を配信しています。最終巻の完結まで感想ありで全巻配信!

3月のライオン-あらすじと概要

『3月のライオン』は、ヤングアニマルで2007年から連載されている羽海野チカによる将棋を題材とした漫画。
2015年にはアニメ化と映画化が発表された。
漫画タイトルになっている「3月のライオン」の意味は、イギリスのことわざである「March comes in like a lion and goes out like a lamb.(3月はライオンのようにやってきて、子羊のように去る)」から取られている。

15歳でプロ棋士となり、周囲から期待される高校生の桐山零は、幼いころに家族を事故で失い、プロ棋士の家に引き取られた。
しかし家でも学校でもなじめず、自分の将棋にも悩んで行き詰っていたそんなある日、ある3姉妹と出会う。
零と同じく家族を失っていながらもひたむきに頑張り、零のことを気遣う彼女たちが零の心境に変化をもたらしていく・・・。

スポンサーリンク


3月のライオン-ネタバレ-4巻

3月のライオン-4巻

島田の研究会

島田の研究会に入った零は、島田の同期である重田、二階堂と四人で、島田の家にて研究をすることに。

研究会では一日に2~3局指し、それが終わると今度はその将棋について検討・反省を行う。自分以外の視点を取り入れて成長する場だった。

零も前のめりになり、重田・二階堂たちと将棋について語り合う。

二階堂の覚悟

後藤に勝利した島田は、以前から色々な人の憧れのような形で描かれてきた獅子王・宗谷冬司に挑戦者としてぶつかることになった。

大きな会場を前にして「自分も絶対にタイトル戦に挑戦する」と言う二階堂を見て、零は自分が悩んでいる間に二階堂は覚悟を固めていたのかと少し動揺する。

島田のふるさと

宗谷は21歳最年少で名人に就任し、史上初七大タイトルすべてを制覇した人物で、それから十数年の間誰にもその座を譲っていなかった。

第一局、島田VS宗谷は宗谷が勝利した。

獅子王戦は第七局目まであり、島田は宗谷を相手に二局勝てば(四局先取で勝利のためどちらかが二局勝てば最低でも六局目までもつれこむ)、六局目で故郷・山形の会場で将棋を指すことができるという状況だった。

零と香子

獅子王戦の際に零に会った父は、香子を心配していた(香子は零の家へ行くと嘘をつき遊び歩いていた)。

島田VS宗谷の一局目が終わった後香子は零のもとへやってきて、「父に何も言うな(後藤についてなど)」と釘をさし、「また他人の家に上がりこんでめちゃくちゃにするの?」と川本家について揶揄する。

その晩、香子は零の家に泊まり、零は姉弟にも他人にもなりきれず何も変えられない自分を振り返っていた。

零と島田

島田の家で行われる研究会にて、二階堂が零と同じC級1組になったと知らされる。

その後、ひとつの局面についてより良い打ち方は何かを話し合っている際、零は局面を「3七銀が気持ち悪い」と表現する。島田はこの言葉に反応し、帰り際、明日は零一人で来てくれないかと持ち掛ける。

翌日零は島田の家へ行き、二人で長時間にわたって将棋を指した。その際に、島田のふるさとである山形についても少し話を聞く。

そして翌日、二局目でも敗れた島田は獅子王戦第三局のため、徳島へ向かった。

島田の過去

零はなんとか無事に進級が決定し、3月、短い春休みが始まった。

そして、島田VS宗谷の第三局はまたしても宗谷の勝利となった。

ここで島田の回想に入る。島田は幼い頃近所のおじいさんたちに教えてもらった将棋でめきめきと腕をあげ、東京の奨励会に通うようになったが、上級者相手にはなかなか通じず、三段リーグで何年も動けなくなった。島田はこのときから胃痛を抱えている。

島田は零が零が宗谷と似ていると言う。これは「3七銀が気持ち悪い」と同じせりふを宗谷も口にしていたことや、将棋に対する視点などだった。

獅子王戦が決着

そしていよいよ第四局が京都にてはじまった。胃痛を抱え具合が悪そうな島田を放っておけず、零は結局京都まで一緒にやってきた。

二日目、零は戦局をそれほど悪くないと見ていたが、まわりの空気は宗谷持ち一色だった。

結局島田が四連敗という形で獅子王戦は幕を閉じるが、終盤、宗谷の王が詰んでいたことに島田は気が付かなかった(=宗谷の王を詰ませるほど島田も強かった)。

スポンサーリンク


おすすめのマンガ