2017/03/21

3月のライオン 2巻 ネタバレ 完結

3月のライオン 2巻 ネタバレ 完結
映画化された漫画「3月のライオン」を最終回まで全巻配信!
最新刊のあらすじの感想と評価も紹介!

3月のライオン-ネタバレ

このページは漫画「3月のライオン」の2巻のネタバレと概要を配信しています。最終巻の完結まで感想ありで全巻配信!

3月のライオン-あらすじと概要

『3月のライオン』は、ヤングアニマルで2007年から連載されている羽海野チカによる将棋を題材とした漫画。
2015年にはアニメ化と映画化が発表された。
漫画タイトルになっている「3月のライオン」の意味は、イギリスのことわざである「March comes in like a lion and goes out like a lamb.(3月はライオンのようにやってきて、子羊のように去る)」から取られている。

15歳でプロ棋士となり、周囲から期待される高校生の桐山零は、幼いころに家族を事故で失い、プロ棋士の家に引き取られた。
しかし家でも学校でもなじめず、自分の将棋にも悩んで行き詰っていたそんなある日、ある3姉妹と出会う。
零と同じく家族を失っていながらもひたむきに頑張り、零のことを気遣う彼女たちが零の心境に変化をもたらしていく・・・。

スポンサーリンク


3月のライオン-ネタバレ-2巻

3月のライオン-2巻

居場所のない零

居場所のなかった零は、プロになって自分の力で生活することでそこが自分の居場所になるのではないかと思い、15歳でその夢を叶えた。しかし今年、二連敗でB級2組へ昇級することができなくなった。

零は「どこかへ行ってしまいたい」という気持ちを抱いていた。

中学生でプロになったのは零が五人目。以前の四人はみな名人になるかタイトルをとっているが、零はそのどちらでもなかった。

そして11月、三回目の黒星となり、零は「勝つ理由がない」と言いながら負けると苦しい自分を中途半端だと責める。

零と高橋

ひなとファストフード店に来た零は、ひなの好きな男の子・高橋と遭遇する。棋士である零を知っていた高橋は、野球をする中で進学先に迷うことを打ち明け、零が一年遅れで高校へ行ったのはなぜかと聞く。

零は「逃げなかった」という記憶が欲しかったのだと答え、この気持ちは高橋にも通じる。

この会話によって、零は宗谷冬司(詳しいプロフィールはまだ明らかになっていない)に、彼自身についての話をいつか聞いてみたいと思う。

二階堂からの激励

零に好意を抱く高橋は再び話がしたいという理由で、川本家でカレーをご馳走になることになった。ひなは緊張するものの、団らんのなかでMHK杯の録画を見ることになる。

この試合に負けた零だが、解説者だった二階堂晴信からの「もっと粘れ」「潔いのと投げやりなのは違う」「自分を大切にしろ」という言葉を聞き、心を動かされる。

ひなに将棋を教える

ひなが将棋に興味を持ち、零は二階堂とともにひなに将棋を教えることになった。零の説明は堅くわかりにくいという理由で、二階堂の自作の絵本でひなに教え、実は絵を描くのが得意という二階堂の新たな一面も明らかになる。

香子の登場

すでに三敗している零は、このまま負け続けると降級点がつくというところまできていた。零は父が将棋をしていた姿を思い出し、自分は父が憧れた棋士の世界にいるのだと、大事なことを思い出す。

家へ帰ると、ドアの前には義姉・香子の姿があった。

このところほとんど家へ帰っていないのだと言う香子。香子は後藤という男と付き合っており、後藤は過去、零に手を上げたことがあった。零はあの男とは付き合わない方がいいと言うが、香子は聞く耳を持たない。

松永との対局

松永正一(65歳、七段)と対局することになった零。彼はこの対局に負けたら棋士を引退するつもりでいた。

零はあっさりと松永に勝ち、悔し気な彼に成り行きでうなぎを奢ることになった。松永はこの日、どうやってカッコよく負けようかと考えていたが、いざ対局が始まると、負けたくないという気持ちが強くなったという。

松永は零と話した末、結局将棋を続けることにした。

安井との対局

クリスマスの日、安井と対局することになった零。零はクリスマスに貰うものがその一年の通知表のようで(幼いころ義理の父に零だけが将棋盤をもらい、香子・歩は傷ついた)好きではなかった。

安井は対局に負けると飲んで暴れる気性を持っていたため、このクリスマスを最後に家庭を出ることになっていた。零は彼との対局に勝つが、途中、まだ勝つ道が残されているのにも関わらず投げやりになっていく安井の打ち方に戸惑い、そして怒りを覚える。

すべてを犠牲にして将棋を続けてきた零は、対局が終わったあと一人、「戦う理由がない」と言いながら、勝つ方へ勝つ方へと打ってしまう自分の獣のような内側を再認識する。

スポンサーリンク


おすすめのマンガ