2017/03/21

3月のライオン 12巻 ネタバレ 完結

3月のライオン 12巻 ネタバレ 完結
映画化された漫画「3月のライオン」を最終回まで全巻配信!
最新刊のあらすじの感想と評価も紹介!

3月のライオン-ネタバレ

このページは漫画「3月のライオン」の12巻のネタバレと概要を配信しています。最終巻の完結まで感想ありで全巻配信!

3月のライオン-あらすじと概要

『3月のライオン』は、ヤングアニマルで2007年から連載されている羽海野チカによる将棋を題材とした漫画。
2015年にはアニメ化と映画化が発表された。
漫画タイトルになっている「3月のライオン」の意味は、イギリスのことわざである「March comes in like a lion and goes out like a lamb.(3月はライオンのようにやってきて、子羊のように去る)」から取られている。

15歳でプロ棋士となり、周囲から期待される高校生の桐山零は、幼いころに家族を事故で失い、プロ棋士の家に引き取られた。
しかし家でも学校でもなじめず、自分の将棋にも悩んで行き詰っていたそんなある日、ある3姉妹と出会う。
零と同じく家族を失っていながらもひたむきに頑張り、零のことを気遣う彼女たちが零の心境に変化をもたらしていく・・・。

スポンサーリンク


3月のライオン-ネタバレ-12巻

3月のライオン-12巻

周囲の独身男性をリストアップ

あかりが今後人生を楽しむためには、あかり支えてくれる伴侶が必要だと考える零。自分の知り合いで独身の男性をリストアップする。

先日零が林田と野口を川本家に呼び皆で食事をしたが、その時博学で人間力のある野口は美咲に将来性が高めだと評価されていた。

しかし一方林田は現国と言っただけで塾で国語の講師をしていた誠二郎を思い出され、一方的な風評被害を受けていた。

そしてあかりに好意を持っている林田はあがってしまいガチガチだった。

良い人だが男として包容力に欠ける、けれど悪人ではないし優しさはある、それが零の林田の評価。笑

だが川本家に行った日の帰り、姉妹だけで心配だし何かしてあげられることといえば、例えば自分があの家で一緒に暮らすとか?と言いだした林田。

緊張して何も良いところを見せられなかったのに何てポジティブなんだ・・・。

そう思った零は、あさっての方向にポジティブなのはやばいからと考え、林田の”決断力と頼り甲斐”の項目に低評価をつけた。

棋竜の座も危うい藤本

女房に逃げられ離婚してもらえるわけでもなく金だけむしりとられて、唯一のタイトル「棋竜」の座も危うくなっている藤本。

そんな不安な気持ちを抑えるために棒杭に木の棒を何度も叩きつけた。

棋竜を失ってしまったら、藤本棋竜から藤本九段という呼ばれ方に変わり、モテなくなってしまうだろう・・・。

という不純な動機があるが、今タイトル戦を争っているのは土橋だった。対局の前に外をふらつく藤本。通りがかるあかりの姿を見て女神だと思った。

しかしモモを連れているので人妻だと思い、さらにその後零が現れたので、以前零が言っていた婚約者とはあの女性のことだったのか、と勘違いする藤本。

その時あかりの帽子が風で飛ばされる。それを拾いに群がるスミス・松本・横溝。

藤本があかりを狙うハゲタカだらけと思った時に零が挨拶しに来て、そこであかりは人妻でないことを知る。

零ごとき小僧がこんな美しい女性を手にかけたのか、俺と今すぐ変われと心の中で思う藤本。

しかし藤本は後から来たひなたを零から紹介され、藤本の誤解は全て解けた。

土橋棋竜。藤本家族の愛

藤本対土橋の3局目が始まる。藤本が研究した狙いに対し、ことごとく外していく土橋。零も解説として呼ばれているので二人の対局を説明していく。

その時あかりとひなたは初めて零が仕事している姿を見た。形勢はどちらに傾くこともなく終盤に差し掛かる。

そして夕刻、棋竜のタイトル在位5年、通算8年、永世棋竜まで後2年、今年54歳の藤本。

もし負けたら自分に再びこの地に戻る力は残っているか?・・・、疑問に思った藤本は全力を出し、そして145手で投了した。

藤本は負け土橋が棋竜となった。藤本は何もかも失ったように思ったが、妻は浮気した藤本でも愛していると言った。

藤本はそれに感激し、再度妻、娘の尻に敷かれた。

零と滑川の対局

祖父は退院し再度三日月堂を開いた。久々に開店しても客は沢山来てくれた。その日の夜は零は川本家にいず、自宅で将棋の勉強をしていた。

零が次に当たる相手は滑川七段。滑川は明日の対局を楽しみに待っていた。零が先に座っていると滑川が丁寧な挨拶で後からやって来て二人の対局は始まる。

横溝やスミスは自身の経験から、もし忘れられないような負け方をしたら零の記憶にも傷がつくのか?お前ならどうする?と様子を見る。

しかし滑川の攻撃にも気の強さでケロッとしている零。滑川は一時離席しその後襖から零の様子を覗き見る。

零はそれに一瞬ビビり、改めて盤面を見てみるとどうなっているんだこれは、という形になっていたことに気づく。

滑川を撃破

その後も予想できない滑川の手に戸惑う零だが、それでもその場その場で最善の一手を選ぶ。

研究していても、その場で最適な判断ができて方向転換できる零を素敵な棋士だと認め、勝ちたいと強く思う滑川。

零の素晴らしさを見て、まだもっとずっと指していたいと思う滑川だが、次第に千日手の匂いを感じた零は絶対やり直しはしたくないと強引に攻め始める。

すると滑川が自分の手の失態に気づく。

零も自分が優勢であることに気付き始め、詰みに行こうとするが、安易に攻めていたらうっかり負けそうだったことに零は気づく。

「ち、バレましたか」と心で呟く滑川。そして滑川は「負けました」と言った。

島田と林田がライバルに?

三月町盆踊りが開催された。零だけでなくひなたの友人つぐみや、林田、野口も出店の手伝いをする。

店の準備で誰も盆踊りに一緒に行けないでしょぼくれるモモ。そこで零は二海堂に連絡を取りモモのエスコートを頼む。

二海堂が盆踊りにいることを知り島田も訪れてくる。あかりにレモンゼリーをもらい、うまいと感じ久しぶりに胃痛の消える島田。

しかし突然大雨が降り慌てて片付けようとする明かりが転びかける。そこを林田と島田に支えられ何とか持っていた白玉をこぼさずにすんだあかり。

あかりを助けた後林田と島田が見つめ合う。皆ずぶ濡れになってしまったが、皆で過ごした幸せな夏休みの夜になったと零は思った。

スポンサーリンク


おすすめのマンガ