2017/03/21

3月のライオン 1巻 ネタバレ 完結

3月のライオン 1巻 ネタバレ 完結
映画化された漫画「3月のライオン」を最終回まで全巻配信!
最新刊のあらすじの感想と評価も紹介!

3月のライオン-ネタバレ

このページは漫画「3月のライオン」の1巻のネタバレと概要を配信しています。最終巻の完結まで感想ありで全巻配信!

3月のライオン-あらすじと概要

『3月のライオン』は、ヤングアニマルで2007年から連載されている羽海野チカによる将棋を題材とした漫画。
2015年にはアニメ化と映画化が発表された。
漫画タイトルになっている「3月のライオン」の意味は、イギリスのことわざである「March comes in like a lion and goes out like a lamb.(3月はライオンのようにやってきて、子羊のように去る)」から取られている。

15歳でプロ棋士となり、周囲から期待される高校生の桐山零は、幼いころに家族を事故で失い、プロ棋士の家に引き取られた。
しかし家でも学校でもなじめず、自分の将棋にも悩んで行き詰っていたそんなある日、ある3姉妹と出会う。
零と同じく家族を失っていながらもひたむきに頑張り、零のことを気遣う彼女たちが零の心境に変化をもたらしていく・・・。

スポンサーリンク


3月のライオン-ネタバレ-1巻

3月のライオン-1巻

桐山零とは

主人公・桐山零は将棋会館へ向かい、父親らしき人と将棋を指す。これには零が勝ち、二人の会話から零は現在家を出て一人で暮らしていること、そして零の回想から零が孤独だったことがわかる。

帰り道、夕飯の誘いのメールを受信した零。断るつもりだったが結局誘いを受け、あかり・ひな・モモの三姉妹の家(川本家)でカレーをご馳走になる。

プロ棋士の五段である零は将棋で勝つこと(=相手を負かすこと)に苦しみを感じていた。

二階堂晴信の登場

零は高校2年生から高校に編入した。零は中学生でプロになり、編入前の学校ではいろいろあったからという理由でプロ棋士であることはこの学校では秘密にしている。

家(三姉妹の家ではなく一人暮らしをしている自分の家)に帰るとポストのそばに二階堂晴信が対局通知を手に立っていた。彼は子供の頃から顔なじみの棋士で、お金持ちであり零よりも二年遅れて四段になった人物だった。

MHK杯予選とあかりたちとの出会い回想

MHK杯の予選で松本一砂(26歳、五段)と対局することになった零。彼は攻撃的な棋風だが零があっさりと勝ち、スミス先輩(26歳、六段)とともにあかり(三姉妹の一番上)の店で飲むことになった。

あかりは金銭面の負担が零にかからないように気をまわし、途中の回想では零が以前、あかりの店でつぶれるまで飲まされたことが描かれる。そして目が覚めるとあかり・ひな・モモのいる居間(川本家)にいたというのが彼女たちとの出会いだった。

川本家と迎え火

あかりたちの家で一緒にお盆の迎え火をする零。ここで、あかりたちの家でも誰かが他界してしまったこと、そして零も過去に誰かを失ってしまった過去が明らかになる。

二階堂晴信との対局

奨励会に入る前、強い子供たちはデパートの屋上などで催される大会に参加するが、零と晴信はそういった大会の常連で、何度も顔を合わせていた。

ここで子どもの頃の回想に入る。夏の暑い日、負けが見えてきてフラフラになっても負けたくない思いで戦った晴信が、「負けました」と泣きながら言う表情に零は複雑な気持ちだった。

そして、零はプロになってから初めての晴信との対戦を迎える。零は長時間にわたる戦いに粘り勝つが、子供のころと変わらない悔し気な晴信の表情を見て、ふたたび複雑な気持ちになる。

川本家と送り火

対局が終わり、零は三姉妹の家で三姉妹、祖父と一緒に送り火を焚く。

どこか暗い雰囲気の中、三姉妹の真ん中・ひなはコンビニへ行くからと抜け出したが、後を追いかけた零は他界してしまった母を呼びながら泣いているひなを見つける。

零は、ひなたちと同じく家族を亡くしてしまった過去と、それを諦めて必死に忘れようとしてきた自分を思い返す。

ひなのお弁当と川本家の母

ひなは好きな男の子・高橋くんにお弁当を渡すべく四苦八苦するが、結局渡せずに帰ってきてしまう。

あかりはひなにお弁当について色々と教えながら、昔の母との会話(あかりが以前好きな男の子のためにお弁当を作ろうとしたときの会話)を思い出していた。

二階堂晴信と川本家

対局のない日、棋士は研究(トレーニング)をして過ごしている。晴信と将棋の研究をしていた零は二人で夕飯を食べに行くことにしたが、その道中、三姉妹に遭遇する。そして夕飯を三姉妹の家でご馳走になった。

暖かい団らんが描かれている。

零の過去

零は小学生のころ、家族の父・母・妹を交通事故で失ってしまった。父方の親戚に施設に入れられそうになったところで、父の友人でプロ棋士の幸田に「将棋は好きか」と聞かれ、「はい」と嘘をついて彼の内弟子になった。

零は将棋が強く幸田にも気に入られていたが、零自身は将棋をあまり好きではなかった。しかし行き場を失った零が幸田の内弟子となることで、零は将棋で強くなる以外の選択肢が絶たれ、現在に至る。

零の決意

幸田の子供で同じく将棋をしていた香子・歩は零に負けたことで将棋をやめ、将棋中心の父に相手にされず非行に走るようになる。

幸田家をこれ以上壊さないよう一刻も早く自立する、と零は中学生のときに進学を選ばず、プロ棋士を目指すことを決意した。

スポンサーリンク


おすすめのマンガ