2017/03/21

3月のライオン 登場キャラクター ネタバレ 完結

3月のライオン 登場キャラクター ネタバレ 完結
映画化された漫画「3月のライオン」を最終回まで全巻配信!
最新刊のあらすじの感想と評価も紹介!

3月のライオン-ネタバレ

このページは漫画「3月のライオン」の登場キャラクターと概要を配信しています。最終巻の完結まで感想ありで全巻配信!

3月のライオン-あらすじと概要

『3月のライオン』は、ヤングアニマルで2007年から連載されている羽海野チカによる将棋を題材とした漫画。
2015年にはアニメ化と映画化が発表された。
漫画タイトルになっている「3月のライオン」の意味は、イギリスのことわざである「March comes in like a lion and goes out like a lamb.(3月はライオンのようにやってきて、子羊のように去る)」から取られている。

15歳でプロ棋士となり、周囲から期待される高校生の桐山零は、幼いころに家族を事故で失い、プロ棋士の家に引き取られた。
しかし家でも学校でもなじめず、自分の将棋にも悩んで行き詰っていたそんなある日、ある3姉妹と出会う。
零と同じく家族を失っていながらもひたむきに頑張り、零のことを気遣う彼女たちが零の心境に変化をもたらしていく・・・。

スポンサーリンク


3月のライオン-登場キャラクター

桐山零

史上5人目となる中学生で入段した若手棋士。年齢は物語開始時で17歳。東京都内にある架空の町、六月町に暮らしている。
小学生の時に交通事故によって両親と妹を亡くし、父方の親類から施設に追いやられるところを父の友人でプロ棋士である幸田に内弟子として引き取られた。零の将棋の才能が幸田の実子よりも高かったこともあり、家庭内での軋轢から、中学卒業後は進学せずに幸田の家を出て一人暮らしを始めた。
後に1年遅れで私立駒橋高校へ編入するが、友人を作れずに校内で孤立する。将棋の対局においても結果を残せず低迷し、自らの境遇を停滞していると感じていたが、川本家や放課後将棋科学部(将科部)などとの関わりを経て、少しずつ心境に変化が生じる。やがて川本ひなたを特別な存在と感じるようになり、彼女がいじめにあった際は親身になって解決策を考え、身を案じて修学旅行先の京都へかけつけるなどした。将科部が廃部となった後は、校長や教頭などを加えた将棋クラブが設立され、その部長となっている。
単行本9巻以降の順位戦はB級2組に所属する。

川本あかり

川本家の長女。年齢は単行本9巻の時点で23歳。
亡き母親の代わりに妹たちの面倒を見ながら、昼は祖父の経営する和菓子屋・三日月堂の手伝いに従事し、夜は週に2回、伯母の経営する銀座の店・美咲でホステスとして働きながら家計を支える。評判の美人で、常連客である棋士たちにもファンが多い。猫・鳥・人間を問わず痩せている生物を放っておけない性質で、拾ってきては食べ物を与えて太らせるなど、変わった面倒見の価値観を持っている。ふくよかな体格には目がなく、初対面の二海堂の体格を目の当たりにし、見とれたことも。二海堂の健康面を気遣い、薄味で低たんぱく質の手料理をご馳走した。妹たちの母親代わりを務めるため普段は気を張っているが、ひなたがいじめの標的にされた際は動揺し、時に涙を流すこともあった。料理が得意であり、ひなたと共に零を気にかけ、零の不摂生を嘆くこともある。

川本ひなた

川本家の次女。初登場時は中学2年生、単行本5巻以降は3年生に進級、単行本9巻で零が通う私立駒橋高校に入学した。
いつも明るく元気だが、繊細な一面も。零を夕食に招待するなど、姉のあかりと共に零を気にかけている。零の義姉である香子を嫌悪している模様。佐倉ちほをいじめからかばったことで今度は自身がいじめの標的にされるが、泣きながらも「私は間違っていない」と叫ぶ姿は、零を過去の心の傷から救い出した。なお、このいじめに関するエピソードは、作者・羽海野の姪が、クラスでいじめられていた子をかばった実話を元にして描かれている。高校へ進学した単行本9巻からは髪型がツインテールからボブカットになった。高校では「手作り部」に入部し、つぐみという友人ができた。

川本モモ

川本家の三女。保育園に通う園児。天真爛漫で桐山や姉たちに甘える。作中に登場するアニメのキャラクター・ボドロに体型が似ている二海堂にも懐き、二海堂を「ボドロ」と呼ぶ。優しい性格だが、ひなたが桐山をよそんちの子と称した時「どこから来たの?モモのお兄ちゃんじゃないの?」と純粋に問いかけるなど年相応の悪意のない追い打ちをかけることがある。零の義姉である香子とは出会った場面が悪かったこともあり、香子を「魔女(まじょ)」と怯える。

島田開

初登場時で30歳代後半。A級、八段。居飛車党。痩身で頭髪は薄く、奨励会に在籍していたころから胃痛持ちであり、作中でもそれらをよくネタにされている。宗谷冬司と同じ年齢で奨励会の同期である。二海堂の兄弟子で、二海堂とはお互いに「坊」「兄者」と呼び合う仲の良さである。ライバルの身を案じた二海堂からの願いがきっかけで零に興味を持ち、自らが主催する研究会に誘った。山形県天童市付近の村の出身で、果実の収穫や酪農などを手伝って奨励会への交通費を稼ぎ、棋士となった苦労人である。タイトルホルダーとなって故郷に錦を飾ることを目標とするが、将棋にのめり込むあまり恋人に愛想をつかされて、いまだ独身である。しかし後輩の面倒見がよく、また故郷の過疎問題に心を砕くその人柄から、周囲の棋士たちや記者に慕われている。獅子王戦で宗谷に挑戦するが、0勝4敗のストレートで敗北する。その後、棋匠戦で柳原に挑戦するが、2勝3敗とタイトル獲得はならなかった。

幸田柾近

零の師匠で、彼の養父。八段。目白在住。零の実父の友人で、過去には奨励会で競い合った仲であった。以前から零に才能を見出しており、家族を失った零を内弟子として引き取った。だが何事においても将棋を中心に据えてしまうため、将棋の才能で実子たちを抜き去った零を、そうと気づかぬまま特別扱いし、香子と歩の心を傷つけ、家庭の不和を招いてしまった。香子との親子関係に悩んでいるが、未だにその原因には気付いていない。

スポンサーリンク


おすすめのマンガ