黒崎くんの言いなりになんてならない 3巻 ネタバレ 最新刊

黒崎くんの言いなりになんてならない 3巻 ネタバレ 最新刊
漫画「黒崎くんの言いなりになんてならない」をネタバレ!
最新刊の発売日と最終回までのあらすじも紹介!

黒崎くんの言いなりになんてならない-ネタバレ

このページは「黒崎くんの言いなりになんてならない」の3巻のネタバレと概要を紹介しています。

黒崎くんの言いなりになんてならない-あらすじと概要

黒崎くんの言いなりになんてならない-あらすじ

高校に入学した赤羽由宇は、女生徒の憧れである「白王子」と呼ばれる白河タクミもいる学園寮に入る。
しかしみんなから「黒悪魔」と呼ばれ恐れられている黒崎晴人もいて、由宇は黒崎に逆らったために、ファーストキスを奪われ、彼に服従することになってしまい…。

黒崎くんの言いなりになんてならない-概要

『黒崎くんの言いなりになんてならない』は、『別冊フレンド』で連載中のマキノによる少女マンガ。
2015年にテレビドラマ化、2016年には第40回講談社漫画賞にノミネートされるとともに映画化もされた。
ドS男子と彼に振り回される主人公の女子校生の学園恋愛を描いている。

スポンサーリンク


黒崎くんの言いなりになんてならない-3巻-ネタバレ

黒崎くんの言いなりになんてならない-3巻

3巻が始まると、1学期の終業式でした。ドキドキの夏休みが始まるのですね!
由宇の友達、芽衣子はすっかり黒崎に惚れこんでしまったらしいです~
やめた方がいいと言う由宇の「あんな悪魔好きになったらメチャクチャにされるってば!!」というのは、
心の底からくる本音でしょうね。
決して、私も好きなのに、から来る言葉ではなく本気の言葉ですね、ドSっぷり知ってるものね

由宇、黒崎と同じクラスで寮生の梶くんが寮でイベントをやろうと提案します。
芽衣子の為に寮生以外も参加できるよう図る由宇、友達の頼みは断れないタイプでしょう。
寮長・白河のおかげで寮の許可もOKになったところで白河に帰ろうかと誘われる由宇。
どんどん親密になっていきますね、この2人も。

でも、話の話題は黒崎なところが由宇らしい…と言っていいでしょうか。
寮生以外が参加することを黒崎はおこるかな、と由宇は気にします。
「大丈夫だよ アイツ意外とにぎやかなの嫌いじゃないからね」
え~!?本当!?すっごく意外です!と思ったけど「ホラ あの小さい彼…」
あぁ、確かに黒崎に懐いてる梶は賑やかタイプですね。
って、梶の名前知らないの!?えぇ!?同じ寮生だよ!?あなた寮長でしょう!?
というか…というか彼、1話目から出てるんだよ? 覚えといてあげて…!

黒崎の話題から変えたい由宇は白河の連絡先を教えて欲しいとお願いをします。
笑っていいよって言うと思いましたよね?「…きいてどうするの?」って何とも答えられない返し。
でも結局教えて「いつでもかけて」ってクスクス笑う白河。
由宇(…白王子 たまに…S…?)
Sって言うかさ…微妙に性格が悪いよね、彼
興味のない人は名前も覚えないし、一回落として上げる、という手法で面白がったり

イベントは夜、花火と肝だめしです。
浴衣が着たいのに用意出来なかった由宇は寮監さんに借りるも白装束。
オバケ役ガンバってね。ってそっちじゃないんですよーーー!
結局由宇はオバケ役やることになってるし…
医務室で待ち構える由宇。そう医務室。そうベッドがある医務室ですよ…!

当然の如く、上手い具合で登場する黒崎
商品紹介の「ベッドの上で … 黒崎くんのご無体が止まらない!?」ってコレか!ココか!
確かにご無体止まりませんっ!
由宇の携帯に白河から電話がかかってくると更にヒートアップ!?
勝手に通話状態にした上で、完全に襲われてる由宇。ドS再び…!
小さな声で「呼んでやろうか?」と言う黒崎に
「…大嫌い アンタなんてしんじゃえっ」
由宇ちゃん必死なのに黒悪魔さん、何か喜んでます。さ、さすがドS…なのか?

「しんじゃえ」発言からバッチリ聞いていた白河が登場。
由宇を助けに来たのかと思いきや…「問題になったらどうするんだよ 昔みたいに」
表情を崩さず怒ってる?白王子。
どうやら黒崎は中学時代に何か問題を起こしたみたいですね。何でしょう、気になる~
白河が怒ってるのは、由宇に手を出したから…とかではない気がしますね。
黒崎に問題をもう起こしてほしくないから怒っているような…
由宇に掛けた言葉が「大丈夫?」ではなく「…黒が暴走しちゃったかな」だったのも、
やっぱり白河は由宇のこと好きとかそういう気持ちはないんじゃないかな~と思わせます。

その後由宇は気がかりだったことを白河に伝えます。
「…大キライって白河くんに言ったんじゃないから!」
これは予想外だったらしく白河は笑います。本気の笑顔ですね、もしかして初めてでは?
そしてここから白王子のフェロモン攻撃が…!
「タクミのこと好きなのか?」「だったらなに?」という会話を聞いている白河。
「…もう待ちきれないんだけどなぁ 僕のことどう思ってるの?」
これはさぁ…本当にカッコイイですよね!白河にこれ言われたら死んでも否定できないですよね。
「やっぱりきらい?」といじわるな質問にやたらと色気を出すのはやめてください!

黒崎に「白河くんとつきあうことになったから」と報告する由宇。律義!
だからもうちょっかい出さないで、って由宇ちゃんもう分かるでしょう?
ドSにそんなこと言ってもムダなんですよ?
「おまえはタクミとはつきあえねぇよ」と近づく黒崎を止めるのは突如現れた白河。(見張ってた?)
「黒はさ 由宇ちゃんに執着しすぎだよ」
これキーワードじゃないですか?白河は黒崎にあんまり由宇に執着しないで欲しいのでは。
要するにあんまり2人で仲良くしないで欲しいってことかなって。
その結果で昔みたいな問題を起こされるのが白河は不安なんじゃないかな。
ってことは中学時代の「問題」は女絡みか!?どうなんだコラ!

台風が近づく中、白河は実家に用があると帰省します。
他の寮生も帰省や外出で、なんと寮には由宇と黒崎(と寮監)だけ!
来るのか…?「黒崎くんのご無体が止まらない!?」タイムが再び来るのか…!?
しかし何故か今回は優しくキスをする黒崎。ドキドキの由宇でしたが
「誰でもいいんだな」「だから言ったよな おまえはタクミとはつきあえねぇよ」
「だれでもいいわけないじゃん バカ!」と言うものの、
無理矢理だったか?には否定できない由宇。なんか由宇のことメチャクチャ試してるなぁ…

あたし いんらんなんです、と自分を責める由宇は白河に別れてほしいと話します。
「最低最悪なコトして白河くんには 全然ふさわしくないから…」と辛そうな由宇に
「黒にキスでもされた?」なんで分かるんだよ!怖いわ!
素直に頷く由宇に、そんなことで別れるわけないでしょって笑う白河ですが…
う~ん、やっぱり白河は由宇のこと本当は恋愛感情で好きではなくて、
黒崎に近づかせないためだけに付き合ってるからこそ出る言葉な気がしてならない…。
「おまえはタクミとはつきあえねぇよ」って言う黒崎のセリフは
タクミはお前のこと好きじゃないから、お前が傷つくだけだから、みたいな優しさの言葉なんじゃ…
考えすぎでしょうか。

結局別れるという話はなくなった由宇と白河。
黒崎は白河に「なんのためにつきあってるんだ?」と聞きます。
よく聞いた!でも白河は答えてくれないんですよね~
「…黒らしくないね ホントとか本気とか うるさいんだけど」
王子様っ、キャラ!キャラ守って!
「黒 この夏休み 由宇ちゃん僕のモノにするから」

登場人物の一覧はこちら⇒黒崎くんの言いなりになんてならない 登場人物 ネタバレ 最新刊
ネタバレの全巻一覧はこちら⇒黒崎くんの言いなりになんてならない 全巻一覧 ネタバレ 最新刊
最新刊・各巻の発売日一覧はこちら⇒黒崎くんの言いなりになんてならない 最新刊 発売日

スポンサーリンク


おすすめのマンガ