2017/04/26

響~小説家になる方法 4巻 ネタバレ 面白い

響~小説家になる方法 4巻 ネタバレ 面白いという評価が多数!
「響 〜小説家になる方法〜」の最新刊と最終回までの感想を紹介!

響~小説家になる方法-ネタバレ

このページは「響~小説家になる方法」の4巻のネタバレと感想を紹介しています。女子にもおすすめの少年漫画!

響~小説家になる方法-あらすじと概要

『響 〜小説家になる方法〜』は、『ビッグコミックスペリオール』(小学館)で2014年から連載されている柳本光晴による漫画。2017年にはマンガ大賞を受賞した。

出版不況に苦しむ文芸業界。ある日、文学誌「木蓮」編集部の新人賞宛にある応募作が届くが、応募要項を一切無視していたため破棄されようとしていた。
しかし、編集部員の花井がゴミ箱に入れられていたその原稿を偶然読んで衝撃を受けるが、連絡先も書いていなく、あるのは作者の名前「鮎喰響」だけだった…。

スポンサーリンク


響~小説家になる方法-4巻-ネタバレ-感想

響~小説家になる方法-4巻

「お伽の庭」で木蓮新人賞を受賞した響。

その受賞式前の控室で、同時受賞した田中康平ともめ事を起こす。
響がただの話題性作りで受賞した、と勘違いした田中は、響に「文壇はガキの遊び場じゃない」と言い放つ。
田中の言動に腹を立てた響は、思わず手を出しそうになるが、担当編集のふみのとりなしにより、なんとか堪える。
が、その後の授賞式、田中のスピーチの最中に、さっきのお返しとばかりに響はパイプ椅子で田中の後頭部を殴りつける。

それから数日後、有名作家・祖父江秋人を父親に持つリカは、現役女子高生作家として、文壇デビューを飾る。

二世作家の誕生と言う事で、メディアに取り上げられるリカ。彼女の作品「四季降る塔」は話題性も手伝って大ヒット。早速、増刷が決まる。
「本気で次の芥川賞を狙う」と響に告げていたリカ(3巻)。
その目標は達成されるのか。

そして来る十二月十五日。
芥川賞候補作の発表日。
候補作に入るのは響の「お伽の庭」か、それともリカの「四季降る塔」か。
または共に落選か。

そして木蓮編集部に、文学振興会から電話が入る。
「どっちが入ったんだ」と訊く、編集者の大坪。その大坪にふみは「両方……」と答える。
響とリカ、両方が候補になったのか、と訊く大坪。
しかし、首を横にふるふみ。

その頃、テレビでは響の「お伽の庭」が芥川賞と直木賞、両方の賞にノミネートされたことが報じられていた。

スポンサーリンク


おすすめのマンガ