2017/04/26

響~小説家になる方法 1巻 ネタバレ 面白い

響~小説家になる方法 1巻 ネタバレ 面白いという評価が多数!
「響 〜小説家になる方法〜」の最新刊と最終回までの感想を紹介!

響~小説家になる方法-ネタバレ

このページは「響~小説家になる方法」の1巻のネタバレと感想を紹介しています。女子にもおすすめの少年漫画!

響~小説家になる方法-あらすじと概要

『響 〜小説家になる方法〜』は、『ビッグコミックスペリオール』(小学館)で2014年から連載されている柳本光晴による漫画。2017年にはマンガ大賞を受賞した。

出版不況に苦しむ文芸業界。ある日、文学誌「木蓮」編集部の新人賞宛にある応募作が届くが、応募要項を一切無視していたため破棄されようとしていた。
しかし、編集部員の花井がゴミ箱に入れられていたその原稿を偶然読んで衝撃を受けるが、連絡先も書いていなく、あるのは作者の名前「鮎喰響」だけだった…。

スポンサーリンク


響~小説家になる方法-1巻-ネタバレ-感想

響~小説家になる方法-1巻

未曽有の不況にあえぐ出版業界。
とにかく本が売れない。

そんな折、雑誌『木蓮』に送られてきた奇妙な原稿。
若手編集者、花井ふみはその作品の圧倒的な出来栄えに打ちのめされる。
この作品なら、今の出版会に革命を起こせる……。
何としても出版にこぎつけようと、鼻息を荒くするふみだったが、原稿には肝心の連絡先が書いていなかった。

わかるのは『御伽の庭』というタイトルと『鮎喰響』という作者名だけ……。

大人しめの外見とは裏腹に、奇特な性格をした響。
彼女は入学早々問題を起こす。

上級生とケンカして指を折る。
文芸部の先輩、リカと揉めて本棚を倒す。
屋上から飛び降りそうになる。

文学少女然とした見た目からは想像もできない、エキセントリックな行動を繰り返す。

そんな彼女に振り回されてゆく周囲の人々……。

その一方『木蓮』編集部の花井は、勝手に響の住所と電話番号をでっちあげ、新人賞に潜り込ませる。
編集者の領分を超えた行動にあきれる、先輩編集者の大坪。

なんとか鮎喰響に連絡をとる方法はないものか……。
ヤキモキする花井のもとに、一本の電話がかかってくる。

電話の相手は自らを『鮎喰響』と名乗るのだった。

スポンサーリンク


おすすめのマンガ