進撃の巨人 17巻 ネタバレ 最新刊

進撃の巨人 17巻 ネタバレ 最新刊の発売日も配信!
漫画「進撃の巨人」を最終回まで公開!

漫画-進撃の巨人-ネタバレ-最新刊

漫画大好きリサッピです!

今回は「進撃の巨人」の17巻のネタバレを紹介しています。それではネタバレを一緒に見ていきましょう。

進撃の巨人-概要

『進撃の巨人』は、別冊少年マガジン(講談社)で2009年から連載されている諫山創による、突如世界に現れた謎の巨人と人間たちの戦いを描いたダークファンタジー漫画。
単行本の発行部数は、2016年12月現在で累計2000万部を突破しており、アニメ化や映画化もされている。

スポンサーリンク


進撃の巨人-17巻-ネタバレ

進撃の巨人-17巻

#67:エレンは硬質化の能力を得て、洞窟の崩落を防ぐ。ヒトに戻って外に出ると、ロッドは超々大型巨人となり、町(オルブド区)の方へはいずっていた。エレンの「叫び」でロッドを制御することはできない。町へ戻った兵団は、外壁の上と下で超々大型巨人を迎え撃つ準備をする。
#68:外壁に取り付いた超々大型巨人の口に、巨人化したエレンが大量の火薬を放り込む。超々大型巨人にとどめを刺したのはヒストレア・レイス。
#69:その昔、巨人化したウーリ(ロッド・レイスの兄)に捕まったケニーは、その部下になった。ケニーは地下街で病死した妹の子、リヴァイを(一時)引き取る。ウーリは、遠くない未来に必ず世界が滅ぶという。 現在、ケニーは瀕死の状態で洞窟から出ていた。ケニーはリヴァイに巨人化の薬を渡して死ぬ。 一方、ヒストリアは正式に女王となる。
#70:エレンは硬質化能力で「巨人の処刑台」のような装置を作れるようになっていた。兵団はウォールマリア奪還作戦を準備中。エレンは、父(グリシャ・イェーガー)が最後に会っていた兵団の男がキース教官だったことに気づく。 鎧の巨人・ライナーは、毛長ザル?の巨人との勝負に負けていた。毛長巨人の正体は眼鏡の男。シガンシナ区で”座標(エレン)”の到着を待っている。

■前回のネタバレ⇒進撃の巨人 ネタバレ 16巻 最新刊

スポンサーリンク


おすすめのマンガ