進撃の巨人 10巻 ネタバレ 最新刊

進撃の巨人 10巻 ネタバレ 最新刊の発売日も配信!
漫画「進撃の巨人」を最終回まで公開!

漫画-進撃の巨人-ネタバレ-最新刊

このページは「進撃の巨人」の10巻のネタバレを紹介しています。女子にも人気の漫画「進撃の巨人」を最新刊までネタバレ!

進撃の巨人-概要

『進撃の巨人』は、別冊少年マガジン(講談社)で2009年から連載されている諫山創による、突如世界に現れた謎の巨人と人間たちの戦いを描いたダークファンタジー漫画。
単行本の発行部数は、2016年12月現在で累計2000万部を突破しており、アニメ化や映画化もされている。

スポンサーリンク


進撃の巨人-10巻-ネタバレ

進撃の巨人-10巻

#39:古城の塔で巨人との戦闘が続く。調査兵団4人と104期5人(ライナー、ベルトルト、コニー、クリスタ、ユミル)。調査兵団2人が壁から飛んできた岩で死亡する。
#40:残りの調査兵団2人も食われる。クリスタは名家から追い出された妾の子。夜が明ける。塔が崩れそうになり、ユミルは巨人となって戦いだす。それは昔ライナーとベルトルトが襲われた巨人。
#41:塔が崩れる。巨人ユミルは敵巨人に捕まり食われつつある。そこにハンジらの部隊が到着、巨人を一掃する。クリスタは本当の名はヒストリア・レイスだと瀕死のユミルに告げる。
#42:ハンジらは壁の上に移動。先遣隊のハンネスが壁に穴は無いと報告。ライナーは、自分が鎧の巨人でベルトルトが超大型巨人だと言い出す。人類全てに消えてもらう必要が無くなったという。アニとライナー、ベルトルトは同郷。ミカサが切り掛かる。ライナーとベルトルトは巨人になりユミルとエレンを連れ去ろうとする。

■前回のネタバレ⇒進撃の巨人 ネタバレ 9巻 最新刊

スポンサーリンク


おすすめのマンガ