赤髪の白雪姫 11巻 ネタバレ 感想

赤髪の白雪姫 11巻 ネタバレ 感想
「赤髪の白雪姫」を最終回まで感想をネタバレありで公開!
最新刊の発売日も注目の漫画!

赤髪の白雪姫-ネタバレ

このページは「赤髪の白雪姫」の11巻のネタバレと感想と概要を紹介しています。

赤髪の白雪姫-概要

「赤髪の白雪姫」は『LaLa』(白泉社)にて連載中のあきづき空太による少女漫画。
2015年にはテレビアニメ化され2ndシーズンまで放送された。

タンバルン国で育った少女白雪は生まれつき赤い美しい髪を持っていた。
ある日、王子ラジに髪の色を気に入られて愛妾になるよう迫られるが、白雪はそれをして髪を切り国を出る。
隣国クラリネス王国に逃げ延びた白雪は森でゼンと名乗る少年に助けてもらうが、彼の正体はクラリネス王国の第二王子だった…。

スポンサーリンク


赤髪の白雪姫-11巻-ネタバレ

赤髪の白雪姫-11巻

北の大地で知り合った仲間たちが、ゼンたちの王宮に遊びに来ることになり、ご機嫌な白雪だったが、予想通りゼンに多くのお見合い話が持ち込まれる。

妃候補中に木々の名前もあったことから、ゼンは形をとるために木々とお見合いの席を設けた。

そこで、ゼンは木々が父親に宣言した求婚したい相手は誰なのか聞いたところ、な…なんとあっさりミツヒデの名が…!

ゼン同様ビックリ(笑)

木々らしいと言えば木々らしい潔い返答でしたが…。

しかし、ミツヒデはこのことを知らず、木々の意中の相手が一体誰なのか悶々としています。

わざわざオビにまで聞きに行ってるところがおもしろかったです。

オビの「俺です。」って回答には違うと即答していましたが、まさか自分だとは夢にも思っていないんでしょうね。

木々の思いと決意を知った時、ミツヒデがどんな反応をするのかが今から楽しみです。

お見合いの件は、またしてもイザナ思惑があったようですが、ゼンは白雪に王宮の一角の部屋を与えることを決めました。

イザナもそれを承諾し、ゼンと白雪関係は一歩先へ進むことができました。

白雪にとって居心地が悪いことが早速いくつか起きますが、(相変わらずハルカ侯爵が意地悪で嫌です。)白雪の堂々とした態度はかっこよくて、同じ女性として憧れます。

もちろんゼンのサポートもステキなのですが、白雪に何かあればすぐに飛んで来るオビがやっぱりかこいいです。

そしてついにゼンたちの国で戴冠式が執り行われることに!
これは波乱の予感です。

最後は特別編で木々とミツヒデ過去が少しだけ収録されています。

登場人物の一覧はこちら⇒赤髪の白雪姫 登場人物 ネタバレ 感想
ネタバレの全巻一覧はこちら⇒赤髪の白雪姫 全巻一覧 ネタバレ 感想
最新刊・各巻の発売日一覧はこちら⇒赤髪の白雪姫 最新刊 発売日

スポンサーリンク


おすすめのマンガ