赤髪の白雪姫 10巻 ネタバレ 感想

赤髪の白雪姫 10巻 ネタバレ 感想
「赤髪の白雪姫」を最終回まで感想をネタバレありで公開!
最新刊の発売日も注目の漫画!

赤髪の白雪姫-ネタバレ

このページは「赤髪の白雪姫」の10巻のネタバレと感想と概要を紹介しています。

赤髪の白雪姫-概要

「赤髪の白雪姫」は『LaLa』(白泉社)にて連載中のあきづき空太による少女漫画。
2015年にはテレビアニメ化され2ndシーズンまで放送された。

タンバルン国で育った少女白雪は生まれつき赤い美しい髪を持っていた。
ある日、王子ラジに髪の色を気に入られて愛妾になるよう迫られるが、白雪はそれをして髪を切り国を出る。
隣国クラリネス王国に逃げ延びた白雪は森でゼンと名乗る少年に助けてもらうが、彼の正体はクラリネス王国の第二王子だった…。

スポンサーリンク


赤髪の白雪姫-10巻-ネタバレ

赤髪の白雪姫-10巻

北の大地を脅かした病を無事に解決した白雪たち。

新しい仲間もでき、特にリュウは同世代くらいの友だちが初めてできたみたいです。

なんだかうれしいですね☆

やっと時間ができたゼンと白雪は街で初デートをしました。
本当に初々しいデートで心がほっこり♪

ゼンが白雪の気に入った栞をプレゼントするところが特にステキ!

白雪もゼンが栞を買っている間にこっそり短い手紙をゼン書いていて、すごく幸せな二人を見ていると読んでいるこっちまで幸せになっちゃいますね。

そんな幸せいっぱいのゼンと白雪ですが、一方で木々から衝撃の告白がありました。

ゼンは知っていたようですが、木々は実家の跡を継ぐためにあと一年で城を出るとミツヒデに告げました。

ここでやっと木々の過去が明らかになります。

出会った頃、ミツヒデは木々を男だと思って接していました。

ミツヒデらしいと言えばミツヒデらしいのですが、ゼンと同様笑えました。

はじめは黙っていたことにかなり怒っていたミツヒデでしたが、木々に決闘を申し込み、木々にまだ城に残ってゼンと白雪を見届けてほしいと伝えます。

ミツヒデの思いは通じ、木々は父親に城に残ると宣言してくれました。

いつもはミツヒデに冷たい木々ですが、ミツヒデに寄りかかって寝てましたね…この二人くっついてほしいです!

木々を知るにあたり出てきた、地位のため求婚してきたヒサメをただの本当に嫌な奴でしたね。

この人はラジ王子と違ってもう出てきてほしくないです。

木々のお父さんはなかなか面白い方で、木々とは違い、冗談とか言っているところがおもしろかったです。

登場人物の一覧はこちら⇒赤髪の白雪姫 登場人物 ネタバレ 感想
ネタバレの全巻一覧はこちら⇒赤髪の白雪姫 全巻一覧 ネタバレ 感想
最新刊・各巻の発売日一覧はこちら⇒赤髪の白雪姫 最新刊 発売日

スポンサーリンク


おすすめのマンガ