監獄実験-プリズンラボ-7巻のネタバレと感想

監獄実験-プリズンラボ-7巻-画像

監獄実験-プリズンラボの7巻のネタバレと感想を紹介します。

監獄実験-プリズンラボ-7巻のあらすじ

監禁ゲーム11日目。江山は事情聴取ゲームに勝った報酬で、勝又に娘を暴行した犯人の情報を手渡した。絶望していた勝又は、これによって希望を見出し倉梨とも和解するが、家に帰ろうとしたところで九字間の命令により殺されてしまう。勝又の死を知った江山は、2人にとっての復讐相手であり、理不尽の元凶を作った暴行犯たちを殺しに行きたいと申し出た――物語が終盤に向かって加速する。

監獄実験-プリズンラボ-7巻のネタバレ

勝又の娘、そして桐島を襲った犯人グループの1人、谷崎を殺す事に決めた江山。

原川のアイディアで、暴行していた映像をネットに流出させた。
谷崎はエリート人生を壊されるのが嫌で、なんとかしてネットに流出させた犯人を捜そうとしていた。その時、暴行の指示をした<シン>という男性から電話がかかってくる。

また、江山は殺す事自体は原川には反対されていたが、同じスタッフの新村の協力により
谷崎を呼び出すことができた。
江山は外の世界でも強くなれたことを証明するため、谷崎を殺したいと言う。

ナイフを持って襲いかかるが、弱い江山はすぐにナイフを奪われ逆に殴られてしまう。
ナイフでも切られ、弱い自分を思い知らされるが、強くなる方法を思いつく。

動画を消す方法を教えると言い、谷崎に近づく。
そしてスキを見てナイフを刺した。

人に見られていて手出しはしないと思っていた谷崎にとっては意外な行動だった。
江山は全てを捨てる事を選び、強くなったのだ。

最後の一撃でもう一度刺そうとした時、発信機によって居場所を突き止めた原川に止められる。処分は原川達に任せ、江山は建物に戻される事になった。

仕事を済ませた原川に、九字間から電話がかかってくる。
内容は、江山を精神的にもっと追いつめろと言う事だった。

家に帰れるような環境では、なかなか桐島を殺そうとしない。
だが江山は今回の一件で変わってしまったようだった。

一方、スタッフ側の長峰は三崎のお世話担当になっていた。
学生自体の同級生だった2人はお互いの事を話し、長峰は三崎を救い出す事を誓う。

早速情報を手に入れる為原川の部屋に忍び込もうとするが、新村に見つかってしまう。
そこで逃げ出すためには原川を殺すのが一番という話に。
さすがにそれはできないと言うが、原川が全員を殺そうとした時には迷わず殺せと言われる。

会話を監視カメラで見ていた原川は、三崎の元に向かい、何か仕事を与えた。
そして江山にゲームの本当の目的を伝え始める。

監獄実験-プリズンラボ-7巻の感想

外の世界でも強くなれた江山。
時々優しさをみせるものの、このまま桐島を殺してしまうのか。

また、原川がついに動き始めた。
次回は原川の過去がわかるのでしょうか。
物語も佳境を迎えているのか、とても楽しみです

⇒無料で監獄実験-プリズンラボ7巻を試し読みする