監獄実験-プリズンラボ-5巻のネタバレと感想

監獄実験-プリズンラボ-5巻-ネタバレ

監獄実験-プリズンラボの5巻のネタバレと感想を紹介します。

監獄実験-プリズンラボ-5巻のあらすじ

新たに始まった「情報聴取ゲーム」を無事終えるため、江山と勝又は監禁相手の情報を購入し、お互い見せ合うことに決めた。だが、そこに書かれていた桐島の過去は、江山はもちろん勝又にとっても重大な意味を持つものだった。ゲームの様相がガラッと変わっていくなか、監禁ゲームの目的が明らかになる!?

監獄実験-プリズンラボ-5巻のネタバレ

勝又の娘を救ってくれたと思っていた<津上奏太>は、実は娘を暴行した犯人の1人だった。津上を信頼していた勝又はショックを受け、追加ルールの回答を投げ出しすぐに津上の元へ向かおうとする。

だが原川たちに止められ、一度監禁相手、倉梨の様子を見に行く事になった。
また、桐島が過去にレイプされ、父親を殺していたことを知った江山も後を追って倉梨
に会いに行く。

勝又は動揺しきっていたため、仮面をはずしたまま監禁部屋に入ってしまった。
名前はバレたが、それでも勝又のために名前はいわないでくれると言う。

後から来た江山は桐島のことを話し、自分の事をどう思うか聞く。
それでも自分を責めないでと言う倉梨に対し、江山は先ほど知った事実を突きつける。

「なんで旦那や子供を裏切って浮気したの?倉梨さんがすべてを許すのは自分が許されたいからですか?」

倉梨は激しく動揺し、江山と勝又は部屋を後にした。

一方原川は、ゲームの主催者(ボス)に会いに来ていた。
監禁ゲームの真の目的を聞くと、「原川を救う為」だと言う。
江山が桐島を殺す時、原川の魂は救われる。

ボスと原川は何か大きな罪を抱えているようだった。

娘の様子を見たいと言って病院まで連れてきてもらった勝又は、監視役の目を盗んで津山に会いに行く。もちろん殺すつもりだったが、津山は自分がやったのではないと話し出した。

暴行した相手は勝又の妻の浮気相手、谷崎だった。
勝又の娘はそれを知っており、母親は浮気相手をとり、娘の自分は捨てられた事を知っていた。

全てを忘れたい気持ちになり、娘は病院の屋上へと向かう。
看護師に止められるが間に合わず、屋上から飛び降りてしまった。

外にいた勝又は血まみれになった娘を抱え込み、絶叫するー。

監獄実験-プリズンラボ-5巻の感想

娘が抱えてきた事実を知った勝又は次回どう動くのでしょう。
正常な精神状態ではなくなり、谷崎や妻を殺しに行くのか?

原川の過去もいつ明らかになるのか気になる。

⇒無料で監獄実験-プリズンラボ5巻を試し読みする