狼陛下の花嫁-6巻-ネタバレ-最新刊

「狼陛下の花嫁」をネタバレありで紹介!
最新刊までのレビューを公開!

狼陛下の花嫁-ネタバレ

今回は少女漫画「狼陛下の花嫁」の6巻のネタバレありレビューを紹介しています。
二次小説化もされた人気作品を最終回まで配信します!

狼陛下の花嫁の概要

『狼陛下の花嫁』は、女性向け漫画雑誌LaLa(白泉社)にて連載中の可歌まとによる少女マンガです!

白陽国の下級役人の娘である夕鈴は、父の知人から良い仕事があると紹介され王宮に行く。
しかしその仕事は、「狼陛下」と呼ばれる、国王陛下の花嫁を演じることで…。

スポンサーリンク


狼陛下の花嫁-6巻-あらすじ

家出から戻った夕鈴は、“プロの臨時花嫁”になるために狼陛下との夫婦演技の特訓を開始。とことん甘やかそうとする陛下をよそに、夕鈴は仕事に燃えていた!! 一方、王宮では“花の宴”の準備が進められるが、責任者の方淵と水月が対立。二人の仲裁をする夕鈴だったが──?

狼陛下の花嫁-6巻-ネタバレ-レビュー

5つ星のうち2.0

これといったドキドキがない作品

ここまで読み進めてきましたが、夕鈴のキャラがだいぶ変わってきたように思います。

夕鈴の描写が段々砕けてきているのは良いのですが砕け過ぎて不細工過ぎるのは

ちょっとどうなのかな・・・と思います。

元々好きな画ではないですが、ストーリーが面白いので最初のうちは読んでいましたが

マンネリ化し過ぎて段々つまらなくなってきているように感じます・・・。

また、狼陛下を恐れる設定にも関わらず恐ろしさがイマイチぴんとこなかったり・・・

とにかく同じパターンの繰り返しの巻でした。


5つ星のうち5.0

面白いです!お勧めです

とても面白いです!

とにかく、陛下のキャラが私的にドストライクです!そして格好良い

ヒロインも可愛いです

イチャイチャラブラブな2人を見ていると、とにかくニヤニヤが止まりません(笑)

恋のライバルキャラや三角関係、恋愛的なドロドロ要素も基本的にありませんので、身分差の問題以外は良い意味で安定しているというか、その辺も安心して読めます

お勧めですので、是非読んでみてください!


5つ星のうち2.0

いつまでもグダグダ

3巻位までは楽しく読んでいたのですが6巻にいたっても2人の関係は

進展せず同じ感じでグダグダです。

夕鈴がいつまでったても進歩せず、考えなしの行動にげんなり;;

ライバルが登場するでもなく、ドキドキ感や切ない感がまったくありません。

続きも気にならないのでもう読むことは無いでしょう・・・


5つ星のうち5.0

今は皆で苦しみを分かち合う時なんですねっ  へーかっ

狼陛下の花嫁6巻です。

前半一話は夕鈴の夫婦演技特訓話。

家出騒動を反省した夕鈴がプロの臨時花嫁を目指して頑張ります。

以降は花の宴編。

柳方淵と氾水月の不協和音に夕鈴が一所懸命、指揮棒を振ってます。

後半は花の宴本番。

特訓の成果か夕鈴が狼陛下にいつもより比較的、対等に張り合っています。

・・・ように見えます。『この 女ったらしが!!』に笑。

残念だったのは、宴話が完結しなかったこと。

謎の人の正体が謎のままだったこと。

今回、陛下の狼率が高いです。

そろそろ、陛下が夕鈴をどうしたいのか知りたいような・・・

知りたくないような。。。

もう少しこのままでもいいような・・・

(終わってほしくないのです)

最後に特別編が一話。

夕鈴の『うわあああっ頭が浸食されてるーーー!!!』に笑。


5つ星のうち5.0

総合力で買い

この作家さんは、とびきり絵がうまいとか、構成がどうとかいうことはないですが、全体のバランスがよく、毎回しっかりまとまっていて笑わせてくれます。6巻ではだいぶヒロインの心情が吐露されてはいますが、陛下とはまだ温度差があり、いい意味で焦らしてくれています。次巻も楽しみな作品です。

■前回のネタバレ⇒狼陛下の花嫁 ネタバレ 5巻 最新刊

狼陛下の花嫁 全巻一覧 ネタバレ←はこちら

狼陛下の花嫁-最新刊-発売日

「狼陛下の花嫁」の気になる最新刊の発売日情報はこちら⇒狼陛下の花嫁 最新刊 発売日
単行本は講談社コミックスから発売されています!

スポンサーリンク


人気のマンガ