放課後カルテ 7巻 ネタバレ 感想

放課後カルテ 7巻 ネタバレ 感想あり!
ドラマ化も期待される漫画のあらすじを最新刊まで配信!

放課後カルテ-ネタバレ

このページは「放課後カルテ」の7巻のネタバレと感想を紹介しています。ドラマ化も期待される漫画の最新刊や最終回までのあらすじも配信!

放課後カルテ-概要

「放課後カルテ」は『BE・LOVE』(講談社)にて2011年から連載中の日生マユによる医療系少女漫画。

ある小学校の保健室に謎の医者・牧野が赴任してきた。
どこか冷めていて態度もでかく気難しい印象を与える牧野に、周囲の人々も当初は不信感を抱いていたが、牧野は子供達の異変を鋭い観察眼で見抜いていき…

スポンサーリンク


放課後カルテ-7巻-あらすじ-感想-ネタバレ

放課後カルテ-7巻-あらすじ

いつも全力投球で児童に接している篠谷(しのや)先生だが、年ごろの女子の扱いづらさ、保護者からの叱責もあり、不眠からくる疲労で爆発。ついに保健室に駆け込んでしまう。そんな矢先、女子児童が重大な問題を起こし――!! 4巻で登場した藤野(ふじの)と羽菜(はな)の物語も前後編で収録!

放課後カルテ-7巻-感想-ネタバレ

・「オスグッド病」と言うスポーツ障害の為に、サッカーをすると膝が痛くなってしまう少年のお話。
・5年2組の担任である篠谷先生が、寝不足で体調を崩してしまう・・・と言うお話。
・5年2組の生徒である藤野君の家庭について描かれるお話。

の3つのお話が収録されていました。

いつもの通り、どのお話も考えさせられるものばかりでしたが、その中でも篠谷先生のお話が、特に印象深かったです。

篠谷先生が体調を崩した理由は、彼女が真面目な性格の人物だからと言うのもあるのでしょうが、それでも、篠谷先生に起こったのと似たような出来事は、誰にでも少しはあるんじゃないかなと・・・
(接客業や篠谷先生と同じ教職の方々なんかは、特にかもしれませんね・・・。仕事は何でも大変ですが、やはり人と接するのが多い仕事は、やはり精神的に大変だなと思います。(汗))

人と人とが接すると言う事は、本当に難しい事だなと改めて感じてしまいました。
(それゆえ、強い絆で結べた関係は、本当に尊いモノとなるのでしょうが・・・。)

今巻で気になった子は、5年1組の生徒である三本れいかちゃん。
何やら、色々と困った性格の子のようなのですが・・・今後、何かの出来事で考えが変わっていくのかどうか気になります。

スポンサーリンク


おすすめのマンガ