放課後カルテ 5巻 ネタバレ 感想

放課後カルテ 5巻 ネタバレ 感想あり!
ドラマ化も期待される漫画のあらすじを最新刊まで配信!

放課後カルテ-ネタバレ

このページは「放課後カルテ」の5巻のネタバレと感想を紹介しています。ドラマ化も期待される漫画の最新刊や最終回までのあらすじも配信!

放課後カルテ-概要

「放課後カルテ」は『BE・LOVE』(講談社)にて2011年から連載中の日生マユによる医療系少女漫画。

ある小学校の保健室に謎の医者・牧野が赴任してきた。
どこか冷めていて態度もでかく気難しい印象を与える牧野に、周囲の人々も当初は不信感を抱いていたが、牧野は子供達の異変を鋭い観察眼で見抜いていき…

スポンサーリンク


放課後カルテ-5巻-あらすじ-感想-ネタバレ

放課後カルテ-5巻-あらすじ

学校医・牧野(まきの)に突きつけられる子供の”自傷行為”。体の傷は心の傷? 病気の裏の”心”に光を当てろ――!! 野外学校で心のバランスが崩れていることを見破られた羽菜(はな)。ついに登校できなくなった彼女の家を訪れた牧野は……!? 生徒、そして教師も不安定な自分と向き合っている。牧野の過去に遡る新章、「病院時代」編もスタート!

放課後カルテ-5巻-感想-ネタバレ

・前巻からの女の子の話の続きとその決着。
・他の子と遊びたいから、体調が良くないのを隠そうとする男の子の話。
・牧野先生の過去のお話。

と言った3つのお話が収録された今回。

女の子のお話では、たとえ子供でも何も分かっていない訳じゃないと言う事を改めて感じました。
(反対に、小さい子の方が鋭い事言ったりしますよね・・・。)

そして、牧野先生の過去・・・。
ついに来たか・・・と言う感じですが、予想どおり、なかなか重そうなお話にりそうです。
今回、牧野先生の過去のお箸の途中で終わってしまうので、まだ何故牧野先生が小学校の学校医になったのかまでは明かされていませんが、コミュニケーション不足が原因の1つである事は間違いなさそうだなと・・・。

スポンサーリンク


おすすめのマンガ