放課後カルテ 11巻 ネタバレ 感想

放課後カルテ 11巻 ネタバレ 感想あり!
ドラマ化も期待される漫画のあらすじを最新刊まで配信!

放課後カルテ-ネタバレ

このページは「放課後カルテ」の11巻のネタバレと感想を紹介しています。ドラマ化も期待される漫画の最新刊や最終回までのあらすじも配信!

放課後カルテ-概要

「放課後カルテ」は『BE・LOVE』(講談社)にて2011年から連載中の日生マユによる医療系少女漫画。

ある小学校の保健室に謎の医者・牧野が赴任してきた。
どこか冷めていて態度もでかく気難しい印象を与える牧野に、周囲の人々も当初は不信感を抱いていたが、牧野は子供達の異変を鋭い観察眼で見抜いていき…

スポンサーリンク


放課後カルテ-11巻-あらすじ-感想-ネタバレ

放課後カルテ-11巻-あらすじ

期待と憂鬱がピークに達する新学期。教室に居づらくなったれいかと1学年下の聡は家出を決行するも牧野の機転によって救われた。それぞれに心に重いものを抱えた二人の学校生活は!? そしていよいよ修学旅行を迎える6年生。喘息の健太は初めての泊まりイベントにドキドキ。同じ班の凌(しの)のことが気になるが、それは佑一郎も同じ。凌は凌で体の悩みを抱えている。同行する牧野は!?

放課後カルテ-11巻-感想-ネタバレ

今回は・・・

・不登校気味の男の子聡君と教室にいずらくなってしまった女の子れいかちゃんのお話。
・喘息をもつ男の子健太君のお話。
・ADHD(注意欠陥/他動性障害)の男の子泉君のお話。

の3つの物語が収録されていました。

いつもながら、読んでいて勉強になる作品だなと・・・。

聡君とれいかちゃんのお話では、相変わらず言い方は厳しいけれど、2人へ話す牧野先生の言葉が凄く的を得ていて、やっぱり良い先生だよなーと感じました。

きっと、ハッキリと伝えてくれるからこそ子供に届くんだろうなーと言う気がします。

健太君のお話では、喘息の予防の仕方や大切さなどが良く分かり本当に勉強になりました。
「ぜんそくだからってできないことはない」と言う牧野先生の言葉が印象に凄く残っています。

そして最後の泉君のお話。
今回は、1話目が収録されているのですが、ADHD(注意欠陥/他動性障害)と言うテーマに日生マユ先生が凄く真摯に向き合って描かれているなとお話とあとがきを読んで凄く感じました。

スポンサーリンク


おすすめのマンガ