恋と嘘-5巻-ネタバレ-最新刊

「恋と嘘」のネタバレありレビューを最新刊まで公開!

恋と噓-ネタバレ

今回は漫画「恋と嘘」の5巻のネタバレありレビューを紹介しています。
アニメ化もされた人気の漫画を最終回まで配信します!

恋と嘘の概要とあらすじ

『恋と嘘』は、マンガボックス(DeNA)にて連載中のムサヲによる漫画で、略称は「恋嘘」です!
単行本は講談社コミックスから発売されていて、2017年には夏にTVアニメ化だけではなく、秋に実写映画化も予定されています!
自由恋愛が禁止となっている架空の社会を舞台に、ある少女と少年の恋愛を描いたマンガです!

-あらすじ-
超・少子化対策基本法により満16歳以上の少年少女は自由な恋愛を禁止され、国に遺伝子情報に基づいて決められた相手と結婚しなければならない社会。
主人公・根島由佳吏は、16歳の誕生日に将来の結婚相手を伝える政府からの通知を受け取り、真田莉々奈との結婚を前提とした交際を始める。
しかし、誕生日の前日に両思いが分かってキスをしてしまった相手の存在を莉々奈に知られ…。

スポンサーリンク


恋と嘘-5巻-ネタバレ-レビュー

5つ星のうち5.0

嘘でもいいから

政府通知の相手は美咲なのか莉々奈かまだはっきりしません。

新キャラの柊がいい感じに味を出しています。

クールな感じかと思ったら感情的なところもあったりと

今巻は由佳史とメインキャラとのやり取りがほとんどあります。

個人的には由佳史とあのキャラのやり取りが一番ぐっときました。

「嘘でもいいから、好きって言って」

切ないです。


5つ星のうち4.0

語られる国策恋愛制度の成立。翻弄される想い未だ謎のままにて

「政府通知」と称す、国策恋愛政策に翻弄される主人公の少年・根島由佳吏と、彼を激しく恋い慕う高崎美咲、

由佳吏の政府通知の相手・真田莉々奈との純粋ながらも切ない恋愛模様を描く、第5集。

マンガボックス本編連載を編纂し、単行本ベースでの第19話~第22話を収録。

カバー表紙を飾る謎の少女・五十嵐柊をキーマンに置き、学園祭終幕から仁坂家での勉強会までを描く。

本集では文字通り、前集から散発的に登場している新キャラ・五十嵐柊が、終始舞台の核心たる『政府通知』、

いわゆるゆかり制度についてやや踏み込んだ話をしており、主人公・由佳吏に届いた『政府通知』についても

語るなど、やや膠着気味だった前集までの流れを進めさせる立ち位置として存在しているのが特徴。

また、由佳吏と美咲のクラスメイトである加藤絢乃も、ゆかり制度の現状やメリットについて語らせるなど、

舞台設定そのもののコンセプトに関するエクスプラネーションに費やしており、肝心の三者恋愛関係の進退については

あまり目立った動きにはなっていない。

今集では、序盤に例の件から最大級の人気キャラとなった仁坂悠介のサービスカットが盛り込まれ、恋と嘘ファンを

しっかりと捉えている。それは何処かは実際に本編を覘いてみられたい。

その悠介の兄である遙一が、ゆかり制度に伴う結婚をする話が盛り込まれ、美咲・莉々奈が将来的な「結婚」を意識

させながら静かに応酬し、美咲の由佳吏に対する想いが爆発する場面もまた、後半の一見の価値有りとなっている。

冒頭述べた五十嵐柊、厚労官僚である矢嶋ともに由佳吏・美咲・莉々奈を気に掛けながらも方向性の違いを顕し、

緊迫感を誘うのも見どころ。

ただ、当初から国策恋愛という人権なき世界という広い視点で見ていた場合、全国規模で展開されていよう無情苛烈な

男女関係の現実が、主人公ら三者関係に収縮され、五十嵐柊をキーマンとして語られる内容には、そうした国民全ての

人生の浮沈に係わる制度であるという慄然たる緊張感に欠け、単純に「許されない恋」というラブロマンス色に留まっている

点もまた、前集までと同じ残念な部分である。

そういう意味も含め、敢えて狭義的に捉えるとして、三者関係の進展に期待を込めて、星評価は4とさせて頂きました。


5つ星のうち4.0

表紙と高崎さんの秘密

4巻まではあまり気にもとめなかったのですが、

今巻の表紙の五十嵐さんの小指には赤い糸が描かれています。

これは、この物語の主人公ネジの運命の相手にだけ

描かれているモノだと思っていました。

(莉々奈と高崎さんのどちらが、ネジと赤い糸で結ばれているのか?)

ところが、今巻の五十嵐さんに赤い糸が描かれたことで、

これは、ごく一般的な運命の赤い糸だと考えることができます。

そうして過去の表紙を見ていくと、3巻の仁坂にだけは、

赤い糸が描かれていません。

BL感覚でライトにとらえていた仁坂の存在ですが、

LGBTかもしれない彼には、政府通知が届かないのでは?

むしろ、今巻の内容に従えば、彼はゆかり制度に申し込んではいないのでは?

という考えに行き当たります。

それを匂わせるような発言を兄の結婚式でしています。

いずれ、クリスマスが近づき彼の誕生日とともに、明らかにされるかもしれません。

さて、それから我らが高崎さん(笑)ですが、

彼女の秘密については、ある程度仁坂も共有している

(2巻の通路の二人や、キャンプ場での会話など)

と思っていたのですが、どうやら仁坂ですら知らされて

いない秘密があるということが、勉強会の二人の会話から

読み取れます。

この勉強会のシーンでは、並々ならぬ彼女の決意が語られています。

また、あたかも彼女自身には、この先も政府通知が届かないのでは、

と思わせる発言もしています。

(1巻の表紙には赤い糸が描かれていますが・・・)

高崎さんの秘密とは一体何でしょうか?五十嵐さんはどこまで知っているのでしょう。

彼女の言葉を信じるなら、高崎さんは本当のネジの運命の相手であったけれど、

なんらかの理由により、変更(除外)されたと考えるべきでしょう。

高度に政治的な問題(彼女の生い立ちの秘密や政府の都合など)でしょうか?

むしろ仁坂と同様に、彼女自身にも現実的に政府通知を受け取れない何か、

もしくは、ゆかり制度になじまない理由を抱えているのかもしれません。

だから、彼女は命を賭けてネジに恋をして、彼の幸福を祈り続けているのかも

しれません。

そう思うと、まったく笑えないこの物語のギャグシーンや、

ネジのあまりの鈍感さ・優柔不断さも、許せそうな気がするのです。(笑)

■前回のネタバレ⇒恋と嘘 ネタバレ 4巻 最新刊

恋と嘘 全巻一覧 ネタバレ←はこちら

恋と嘘-最新刊-発売日

「恋と嘘」の気になる最新刊の発売日情報はこちら⇒恋と嘘 最新刊 発売日
単行本は講談社コミックスから発売されています!

スポンサーリンク


配信中の人気のマンガ