恋と嘘-3巻-ネタバレ-最新刊

「恋と嘘」のネタバレありレビューを最新刊まで公開!

恋と噓-ネタバレ

今回は漫画「恋と嘘」の3巻のネタバレありレビューを紹介しています。
アニメ化もされた人気の漫画を最終回まで配信します!

恋と嘘の概要とあらすじ

『恋と嘘』は、マンガボックス(DeNA)にて連載中のムサヲによる漫画で、略称は「恋嘘」です!
単行本は講談社コミックスから発売されていて、2017年には夏にTVアニメ化だけではなく、秋に実写映画化も予定されています!
自由恋愛が禁止となっている架空の社会を舞台に、ある少女と少年の恋愛を描いたマンガです!

-あらすじ-
超・少子化対策基本法により満16歳以上の少年少女は自由な恋愛を禁止され、国に遺伝子情報に基づいて決められた相手と結婚しなければならない社会。
主人公・根島由佳吏は、16歳の誕生日に将来の結婚相手を伝える政府からの通知を受け取り、真田莉々奈との結婚を前提とした交際を始める。
しかし、誕生日の前日に両思いが分かってキスをしてしまった相手の存在を莉々奈に知られ…。

スポンサーリンク


恋と嘘-3巻-ネタバレ-レビュー

5つ星のうち2.0

特別講習会が「ねーよw」

政府通知でペアにされた二人が厚労省の特別講習会に呼ばれ、多人数の授業形式でセックスのメリットを説かれ、AVを見させられ、個室で1泊させられます。

心の中で「さすがにそれはねーよww」と突っ込んでしまいました。

AVの企画ならそういうシナリオもありそうだけど、これ真面目なラブコメマンガなんですよね?

精神的な絆が深まりやすいように16歳の時点で結婚相手と会わせるって言ってたのに、

高校生にセックスを促すなんて、教育の観点から見てありえないし、望まない妊娠や児童虐待も増えますよこんなんじゃ。

しかも集団でAVを見るって・・・ただの未成年女子に対するセクハラじゃないですか。

16歳でこんなことさせられたらトラウマになる女子もいるのでは?

もはやこれはマジメなふりをして読者に突っ込んでほしいギャグ漫画なのか?

現実にありえないおバカ設定で行くなら、リアルさを出すための解説セリフとかいらないし・・・

発売する前に編集や校閲の人がつっこみ入れないんでしょうか?

仁坂のBL描写はもどかしい感じが王道でよかった。仁坂の顔、表情は全部美しく隙がない。

(この方はBLマンガの方が合ってそう)


5つ星のうち4.0

ちょっとR15気味

特別講習でAV観賞してます。「本番」は描かれてませんが、エロいのはエロい。りりながネジを意識するようになりますが、AV観賞後のネジの行動(未遂)が原因で、りりなはネジを避けるように。どうなることやら…。ネジもりりなに惹かれかけてるし、どっちに転ぶか分からない!

番外編に仁坂の両親のなれ初め(?)が収録されています。もうちょっと長めでもいいかなー、と思うくらい短いです。でも可愛いので好きです。


5つ星のうち5.0

ありがとうございました!

とても迅速でご丁寧なご対応を頂きました。商品も美品な上、特典付で嬉しく思います。この度はありがとうございました!またの機会が有りましたら宜しくお願い致します。


5つ星のうち5.0

急接近。

莉々奈と由佳吏の距離が一気に縮まります。

それまでは由佳吏と美咲の関係から、どこか一歩下がっていた莉々奈でしたが

由佳吏を意識してしまいます、それを恋と本人は自覚していませんが。

そしてそれに気がついた美咲。

自分の気持ちを封じ込めたい気持ちと、由佳吏をとられたくない気持ちが

美咲の中で複雑に入り交じります。

ヒロイン二人の心中穏やかでいられなくなりつつあるところが見所です。

矢島の謎の接触、「恋と嘘」の説明。

この接触は今後の流れにどのように影響するのでしょうか。

どのような接触であったかは、是非本作品を読んでほしいとおもいます。

いったいどこまで伏線を放出し続けるのでしょうか。

もう「どれかもう回収してくれよう!」と、あれこれ考えすぎてパンクしそうです。

きっと4巻を読まずにはいられなくなります。


5つ星のうち5.0

複雑な心理描写

高崎さんが切ない。

素直なりりなちゃんより、ちょっと屈折ぎみの高崎さんに、共感しちゃってます。

女性なら・・・分かりませんか?


5つ星のうち2.0

最近残念

展開が雑だし

話のテンポも遅い

最初の頃は面白かったけど

この頃残念な感じが否めない


5つ星のうち5.0

いいよ

シンプルに面白いですね。 これからも購入していこうと思います。


5つ星のうち1.0

3巻は2巻以上に訳分かりません

1巻の主人公に彼女らが惹かれる前提の弱さに、2巻の彼女達の言動の不自然さに加え、3巻では政府を巻き込んで何が何だか分からなくなります。

職員が全員にAVを見せますけど、これ、ただ回りとの絡みでリリカを恥ずかしがらせようという羞恥プレイを作者が求めただけですよね。

何故政府が?訴えられるわ!二人きりで見せた方が効果的なんじゃ?AV自体も微妙でしたし、も~!

現実ではこういう場合、女子はまだ浸れるけど、男子の方が世間体気にして居心地悪くなるんじゃ。

これはどこの世界の女子なんでしょうか

なんかもう、可愛い絵柄、キスシーン以外、壊れて行ってませんか?


5つ星のうち1.0

莉々奈がヒロインなのかな?

これまで美咲がメインヒロインとして描かれていたがとつぜん端に置かれて、

ヒロインが摩り替わった。

こういう漫画は人気や評判でこういうことをよくやる。

親友のかんちがいネタは引っ張りすぎ。

読んででめんどうくさくなるだけ。そろそろカタをつけてほしい。

こういうのは漫画だけじゃなくてもあかん展開でしょ。

週マガ出張版はもうずいぶん前に描かれたやつだがなぜいまさら載ったんだろう。

ほかの出張版も掲載してほしい。

女性キャラの顔が全部同じなのが…


5つ星のうち5.0

どちらのヒロインがより魅力的か。決められないところに、この作品の良さが詰まっています

人生のパートナーを国が決める時代。

そんな世界で繰り広げられるラブストーリー第3巻です。

恋した相手「美咲」を想いながら、国が選んだ相手「莉々奈」との交流を深めていく「根島(通称ネジ)」。

3巻では厚生労働省の講習により、ほんわかと良い雰囲気だったネジと莉々奈の関係が大きく変わり始めます。

この作品の魅力は、ふたりのヒロインの人物描写がとても丁寧なことです。

「誰かに選んでもらった相手」の莉々奈は、真面目なようでトボけた雰囲気のある、そばで見守りたくなる存在。

対して「自分で選んだ相手」の美咲は、ネジとは一見距離があるようで、ささいなことからも深い想いが感じられ、一途さに胸を打たれます。

莉々奈とネジの和気あいあいとした会話を見て

「ふたりの相性は間違いない!」

と感じたかと思えば、

美咲の語るネジとのささやかなエピソードに

「美咲とネジは両想いのはずなのに……」と切なくなったり。

簡単に「どちらのヒロインが良い!」と判断できないところに、この作品の良さが詰まっていると思います。

「ずっと好きだった女と お前の相手だと言われて出会った女

どちらかが”恋”でもう片方は”嘘”だとしたら

それは自分で選んだ相手なのか

誰かに選んでもらった相手なのか

お前は どう思う?」

今巻では、タイトル「恋と嘘」に迫るこんな一言も。

このメッセージを受け、変わり出したネジの想いと最終的な決断を見守りたくなる3巻です。


5つ星のうち5.0

いい

すごくいいですね。進行にドキドキします。

女の子の絵が可愛くてすきです。


5つ星のうち4.0

とにかく可愛い

莉々奈ちゃんがとにかくかわいい! くるくる動く表情、ストレートに伝えてくる感情も好感度高いです。高崎さんもかわいいですけど、莉々奈ちゃんと上手くいけばいいなって思いながら読んでます。BLも好きですけどこの漫画にBL展開はいらないかな……


5つ星のうち4.0

甘美と哀切の底流に包含する“ドロドロとしたおぞましさ”と清澄なる想い

国策恋愛管理に翻弄される主人公・根島由佳吏、メインヒロイン・高崎美咲、真田莉々奈、そして真(?)の主役格たる

カバービジュアルの仁坂悠介らの、ある意味複雑怪奇な若き人間関係が描かれる第3集。

「政府通知」と称する、自由なき官製カップルを一堂に会した“講習会”を主導する矢嶋・一条ら官僚機構の見せる無機質なる

柔和な表情は慄然とさせ、また描かれている内容に、感情なきデジタル・データらしいおぞましさが強調されている。

美咲・莉々奈の二人のヒロインの間でタイトルベースである真贋の恋をそれぞれに昇華されてゆく感情を描いてはいるが、

世界設定そのものが無機質でおぞましいものなので、主役級たちのある意味純粋な心情遷移がこの物語の最大の魅力たり得る部分ではある。

国策恋愛で誕生した官製カップルと、自我で熟成された恋愛を比較してどちらかが嘘か誠かという二者択一で収斂できないほどの

ヒロインや仁坂の心情描写を鑑みれば、根島由佳吏という主人公は、そうした国策恋愛政策に順応し、いわゆる反権力(レジスタンス)的な

高揚感に足らず、ラブコメの王道である、ヒロインの間を彷徨うヘタレ(クズ)という見方から今のところ脱却は出来ていないと言える。

しかしながら、こうした血も涙もない全体主義の国策恋愛社会の末端の片隅で、自由恋愛の意義を推し量るという見方の上では、

根島由佳吏にシンパシーを感じることも可能であると言えるだろう。


5つ星のうち5.0

追い詰められたネジが…。

特に大きな盛り上がりはありませんが単行本書き下ろしのページでネジがやらかしてくれました。

本格的に三角(仁坂入れて四角?)関係が始まりましたねー。

面白くなってきました。


5つ星のうち5.0

次巻が待ち遠しいです

高崎さんとくっついて欲しいけどリリナともくっついて欲しい……ナニコレ(^◇^;)


5つ星のうち4.0

なかなか奥が深い・・・

マンガボックスでは、描かれない物語が

書籍では追加されているので、書籍版を

ご覧いただくことをおすすめしたい。

毎週のマンガボックスでの物足りなさが嘘のようだ。

また、1巻の表紙が今巻のストーリーにリンクしており、

「なるほど」と思わされた。

但し、これまでの謎はほとんど明かされていないまま。

ひょっとしてゆかり制度とは、国民の少子化対策は名目として、

実は、国の要人等の世子の確保や、

世襲を安定させる為の制度ではなかろうか

などと独りごちているのだが・・・

中途半端にエロいシーンや仁坂のBLなど、

いったいターゲットをどこに置いているのか

不明な本作だが(笑)、

それすらも、読者を惑わすための計算なのかも。

今巻ラストのおまけだが、ヒロインの姓が「仁坂」なのは、

やはり、本編と関係あるのだろうか?

もうひとつ安定しない作画とは裏腹に、

実は意外と練られたストーリーで

奥深い作品なのかもしれない。


5つ星のうち5.0

友情と恋の狭間

この作品のメインキャラの4人はそれぞれが友情と恋愛の狭間で悩んでいますね

まだ3巻なのでこの先どうなるかわからないのですがこのままの面白さを維持してもらいたいです

個人的に最後の高崎さんのモノローグに感情移入できたので何とも切ない気分に

やっぱり現時点では初志貫徹してネジと高崎さんがくっついて終わってほしいです(ただ莉々奈も良いキャラなのでこの先の展開如何ではどっちに転ぶかわからないですが)

あと関係ないですがロミジュリのエピソードがどうなるのか気になります。妙にトラウマが刺激される・・・


5つ星のうち5.0

現代日本でもこれくらいの性教育は行うべき(迫真)

政府公認SOX講座編に目が釘付けになった (笑)

綺麗かつ丁寧に性行為に関する授業を受ける二人がまた微笑ましくてイイ

なによりりりなが初々しすぎて可愛すぎる 個室で二人きりになった場面やべぇwww


5つ星のうち5.0

私は好き!

賛否両論あるようですが、私はすごく好きです。読んだことのなかったストーリー設定だし絵も可愛くて読みやすいです。美咲と莉々奈が根島を好きなのはわかるのですが、仁坂は根島のこと好きなのか?あいまいではっきりは分からないけど多分好きなんだろうなぁ。この三角関係、というか四角関係がどう進んでいくのかドキドキです。


5つ星のうち5.0

それぞれのキモチ

メインとなる4人の気持ちが動いていくのですがまだまだナゾも多く見逃せない展開が続いていきます。

半年に1巻のペースで出ていますが遅らせないで欲しい、早く次が読みたいと思わせてくれるマンガでオススメです。

■前回のネタバレ⇒恋と嘘 ネタバレ 2巻 最新刊

恋と嘘 全巻一覧 ネタバレ←はこちら

恋と嘘-最新刊-発売日

「恋と嘘」の気になる最新刊の発売日情報はこちら⇒恋と嘘 最新刊 発売日
単行本は講談社コミックスから発売されています!

スポンサーリンク


配信中の人気のマンガ