思い、思われ、ふり、ふられ 9話(3巻) ネタバレ 相関図

思い、思われ、ふり、ふられ 9話(3巻) ネタバレ 相関図あり!
「思い、思われ、ふり、ふられ」(ふりふら)の最新刊の発売日と最終回までの感想も紹介!

漫画-思い、思われ、ふり、ふられ-ネタバレ

このページは「思い、思われ、ふり、ふられ」の9話(3巻)のネタバレと感想を紹介しています。

思い、思われ、ふり、ふられ-あらすじと概要

『思い、思われ、ふり、ふられ』は、『別冊マーガレット』で連載されている咲坂伊緒による少女漫画。略称はふりふら。

消極的な性格で漫画のような恋愛に憧れる由奈と、積極的で現実的な恋愛をする朱里の二人の女子高校生と、イケメンなのに恋愛に興味のない和臣と、朱里の義理の弟の理央の二人の男子高校生。4人の恋と青春を描いた青春物語。

スポンサーリンク


思い、思われ、ふり、ふられ-9話(3巻)-ネタバレ-感想

思い、思われ、ふり、ふられ-9話(3巻)

乾の言動を思わず思い出してしまう朱里。乾の無邪気な笑顔、そんなわりにこなれ感を出してきたりと、朱里は調子が狂ってしまいます。

由奈はクラスのみんなと楽しそうに話をしている理央を、窓から見かけます。あんな風に理央と普通に話がしたいな~とぼんやり眺めていると、理央の友達に気づかれてしまいました。いそいで隠れる由奈。手をふれば良かったのかな~と考えながら歩いていると、そういうことがうまく出来ない自分がイヤになってしまいます。

次の日、女友達と話をしている乾を下駄箱で見かけて、モヤッとする朱里。乾が誰とでも気さくに話をすることは分かっているのですが・・中学の時の女友達だと分かりほっとしてしまう朱里。自分のタイプではない・・乾のような女子に何も意識していないような人はナイナイ・・自分のタイプはある意味下心があって、意図的に仕掛けてくる人だと・・いろんな事を考えながら歩いていると

乾「この間一緒に夜景見たあの場所さー お気に入りの場所なんだけど、人に教えたの山本さんが初めて」

ドキッとして乾に聞きます。

朱里「それって・・どういう意味?」

乾「えっ そのまんまの意味だけど。俺 なんか難しいこと言った?」

思ったことをそのまま言葉にする天然な乾、恐るべしですね(笑)こんな人に翻弄されたくない!と思う朱里です。

由奈が体育の前にカバンの中を見ながら歩いていると、理央にぶつかってしまいます。由奈の髪が理央のボタンに引っかかり、逃げようとしますが引っ張られて、「いたっ」

理央「ほら 髪 引っぱられちゃうから。逃げないで」

あまりの理央との距離が近すぎて、由奈はモジモジしてしまいます。そんな由奈に理央も「俺も めっちゃ恥ずかしいんだけど」

髪が取れて別れますが、由奈はなんてことないふりをして笑うことが出来ない自分に少し落ち込みます。

そんな時に、クラスの女子に合コンに誘われる朱里。乾に振り回されるのも嫌だし、恋をしようと参加を決意。ダメ元で由奈も誘ってみるとオッケーの返事が。由奈は少しでも男子に慣れたいと参加を決めたのです。

朱里を合コンに誘って欲しいと頼んでいた男子は理央の友達で、朱里のことを前から狙っていた柴くんです。何と彼は、以前、理央につきまとっていると勘違いして由奈に「キッショ」と言ってきた人でした。

勇気を出して合コンに参加したものの、柴も由奈も気まずい雰囲気・・すると柴が由奈に「あの時はほんとにごめんね」と何度も謝ってきたのです。人は見かけによらないなと思う由奈。そんな由奈に、この前理央達を窓から見ていた事に気づいた男子が話しかけてきたのです。

固くてなかなかうまく話の出来ない由奈に、きちんと話を聞いてくれ「これから慣れていけばいいんだし、大丈夫じゃない?」と声をかけてくれました。由奈も少しずつ話しが出来るようになって自分の変化に気が付きます。

その後、柴は朱里に積極的にアプローチを開始します。柴と話をしながら、仕掛けてくる柴との会話は楽しいものでした。でも、ずっと頭のなかのあるのは乾の笑顔、それ以外は浮かびません。朱里にとっては初めてのタイプですよね。

合コンが終わり2人での帰り道、由奈は楽しかったと朱里に言います。柴とのことを朱里に尋ねると

朱里「それがさーなんか気づいちゃったんだけど 私多分・・」

そこに、お茶をしている乾と理央の姿が・・合流しながら、今日の合コンの話をする4人。何にもなかったよ~と話す朱里。由奈はさっきの朱里の話の続きが気になりますが・・

スポンサーリンク


おすすめのマンガ