思い、思われ、ふり、ふられ 5話(2巻) ネタバレ 相関図

思い、思われ、ふり、ふられ 5話(2巻) ネタバレ 相関図あり!
「思い、思われ、ふり、ふられ」(ふりふら)の最新刊の発売日と最終回までの感想も紹介!

漫画-思い、思われ、ふり、ふられ-ネタバレ

このページは「思い、思われ、ふり、ふられ」の5話(2巻)のネタバレと感想を紹介しています。

思い、思われ、ふり、ふられ-あらすじと概要

『思い、思われ、ふり、ふられ』は、『別冊マーガレット』で連載されている咲坂伊緒による少女漫画。略称はふりふら。

消極的な性格で漫画のような恋愛に憧れる由奈と、積極的で現実的な恋愛をする朱里の二人の女子高校生と、イケメンなのに恋愛に興味のない和臣と、朱里の義理の弟の理央の二人の男子高校生。4人の恋と青春を描いた青春物語。

スポンサーリンク


思い、思われ、ふり、ふられ-5話(2巻)-ネタバレ-感想

思い、思われ、ふり、ふられ-5話(2巻)

朱里が由奈のためにしてくれた勉強会で、朱里と理央が血の繋がらない姉弟だと知ってしまった由奈。

もちろんそのことにも動揺はしているものの、気になるのは理央が告白できなかったのは、本当に朱里ちゃん・・・?と思いながら理央を見る由奈。理央は人差し指を口元にあてて、<秘密ね>という雰囲気です。

夜に布団に入りながら今日のことを振り返る由奈。いろんなことがいっぺんにありすぎて頭が追いつきません。

由奈<理央くんはいまも朱里ちゃんが好き?ずっと平気なフリをしているの?無理して笑ってるの?>

次の日の朝、マンションの玄関先で理央が由奈に言います。

理央「あのさ。俺が告白できなかった相手って誰か分かちゃった?」

赤くなりながら頷く由奈に「ま あいつには言わないでね」という理央。やっぱりそうなんだ・・と心が痛みます。理央は先に行ってしまい、そのあとに朱里がやってきました。昨日の今日で、そわそわしている由奈に朱里が話しかけます。

朱里「やっぱりきのうの話ひいちゃった?」

焦りながらそんなことないと伝える由奈。

中学の時も再婚のことが分かって、みんなからあることないことを言われて大変だったから、由奈にも言いづらかったと朱里が言います。親の再婚も、自分たちも悪いことはしていないのに、どうすればいいのかと悩んだ末に、誰に何を言われれても、徹底して姉弟として振る舞うことを必死でしてきたのです。

そうすることで自分たちを守ってきた朱里と理央の過去に何を言っていいのか分からず、由奈は泣いてしまいます。

高校ではまた女の子と一緒にいる理央を見かけます。

由奈<理央くんのこういう行動は自分の中の1番好きを更新したい一心でしてるのかな。理央くんの心には 朱里ちゃんがまだいるのかな>

そんなことを考えていると、理央を見るのもつらくなり、理央を好きなのもやめたいと思ってしまう由奈。

由奈<でも 好きをやめるにはどうしたらいいの?>

前回の勉強会が流れてしまったと思っていた由奈ですが、再び理央と勉強会をすることになります。

あの一見があったので場所は図書館です。「悪いから勉強みてくれるのは今日だけで・・」と由奈がいうと「朱里に頼まれてるし、俺も復習になるから」と答える理央。むしろ自分の気持ちに問題が・・と由奈が思っていると・・理央のクラスメイトの女子達がやってきます。ノリのいい彼女たちは一緒に勉強したいと言いますが、理央が「なんか頭痛くなって」と断るのでした。

図書館を後にして、理央が頭が痛いと言ったのは断る理由だと教えてくれます。みんなと一緒だと由奈が遠慮して俺に聞けなさそうだからと言ってくれます。

自分のことを考えてくれた事がわかるとうれしくなる由奈でしたが、それでも複雑な気持ちは消えません。つい下を向いてしまう由奈です。

下を向いている事を理央にも指摘されます。でも、

理央「でも、前よりは下向かなくなったね」

と由奈の自分でも気づかない変化に、理央は気づいてくれているのです。

由奈<やめたいって思ってるのに どうしてどんどん好きになる事ばっかり・・>

すると、雨が降り始めます。

様子をみる2人ですが、雨がどんどん強くなる様子です。

すると、「走るよ」と言って何気なく由奈の手をひっぱりながら高架下まで走る理央。

ドキドキしながら由奈は走ります。高架下に着くと、

理央「雨の日ってすっごいキライ」

と話始める理央。父親の再婚の相手が朱里の母親だと知ったのが雨の日だったからです。

その日は朱里から電話があり、呼び出されたところに行くと3人がいて状況を知ったのでした。しかもこの日は理央が朱里に告白しようと決めた日だったのです!中2の時に転校してきた朱里に一目ボレしたけど、言えなかったことがセーフだったと話す理央に由奈が聞いてしまいます。

由奈「理央くんは朱里ちゃんの事今でも好きなの?」

触れてはいけない部分だと理央の顔を見てそう感じた由奈

理央「分かんない。ってか考えないようにしてる」

朱里が姉弟として必死でやってきたことを壊すことはできないと理央は言います。そんな理央に

由奈「理央くん ごめんね・・言いたくないこと言わせて 理央くんの心の中 ムリヤリのぞくような事しちゃったから」

由奈に謝らなくていいよ、俺が勝手に話したことだから、話したら気持ちがラクになったと理央は笑顔をみせます。

理央「でも これ俺の秘密だから 誰にも言わないで 約束」

指切りをして秘密の共有をした2人。

雨があがり歩き始める理央が由奈に言います。

理央「由奈ちゃんさ 言える相手なら言った方がいいよ」

由奈「ふられるって分かってても?」

理央「ふられたら また新しく誰かを好きになればいーよ。」

本当にふられたら吹っ切れるのか、そしたら理央を支えられる友達になれるのか・・理央の気持ちを無理に聞き出して、自分の気持ちは隠したままでいいのかと悩む由奈に

理央「ま もし ふられてもそん時は俺が全力でなぐさめるから」

由奈<私をふるのは理央くんなのに・・>

理央の袖をひっぱりながら

由奈「あ・・ あのね あの・・私 理央くんが好きです」

真っ赤になって告白する由奈・・果たして理央はどう答えるのか!?

スポンサーリンク


おすすめのマンガ