思い、思われ、ふり、ふられ 20話(5巻) ネタバレ 相関図

思い、思われ、ふり、ふられ 20話(5巻) ネタバレ 相関図あり!
「思い、思われ、ふり、ふられ」(ふりふら)の最新刊の発売日と最終回までの感想も紹介!

漫画-思い、思われ、ふり、ふられ-ネタバレ

このページは「思い、思われ、ふり、ふられ」の20話(5巻)のネタバレと感想を紹介しています。

思い、思われ、ふり、ふられ-あらすじと概要

『思い、思われ、ふり、ふられ』は、『別冊マーガレット』で連載されている咲坂伊緒による少女漫画。略称はふりふら。

消極的な性格で漫画のような恋愛に憧れる由奈と、積極的で現実的な恋愛をする朱里の二人の女子高校生と、イケメンなのに恋愛に興味のない和臣と、朱里の義理の弟の理央の二人の男子高校生。4人の恋と青春を描いた青春物語。

スポンサーリンク


思い、思われ、ふり、ふられ-20話(5巻)-ネタバレ-感想

思い、思われ、ふり、ふられ-20話(5巻)

朱里〈乾くんが私を好きじゃないならしょうがない。私ができることは乾くんが気まずくないように、いつもどおりの私でいる事〉

そう言い聞かせて新学期にのぞみ、下駄箱での乾との挨拶は自然にクリアします。

そこで少し引き締まった乾に気づく朱里。体力がつくし、頭がスッキリするからランニングをしているという乾。

ばたばとあわただしく下駄箱を後にする朱里と由奈。

自然に会話出来たかなーって悩む朱里を手作りのクッキーを渡して元気づける由奈。

そこに我妻がやってきます。遠くから3人の姿を見つめる理央。

やっぱり我妻と由奈は似合っているかも…なんて落ち込み理央です。

そんな理央に乾が「どうしたの?」と声をかけます。

理央「相手の気持ち、考えたら行くに行けない」

遠くの3人を見て、朱里のことかぁと思ってしまう乾。

理央が教室に入ると、我妻が由奈から貰ったと手作りクッキーを食べているではありませんか!

なんで手作りなんて我妻にあげてんの?と思ってしまう理央。

柴「手作りクッキーなんて、まさか市原さんに告られたとかじゃないだろうね~」

我妻「何言ってんの。告白なんてされてないし」

ほっとする理央。

我妻「そうだったらめっちゃ嬉しいけどね」

理央は思います。〈いい奴だもんな。我妻は〉

乾とあまり接触せずに距離を上手く保とうとする朱里とですが、そんな矢先文化祭の担当で、乾と一緒のチームになってしまいます。

朱里と由奈が放課後に文化祭どーしよーなんて話をしていると、理央が前にいるのを発見。

由奈は話があるからと理央に話かけます。

お祭りでのお面のお礼がしたかったと手作りのクッキーを渡します。

由奈「たくさん焼けて上手にできたやつだけ包んだんだ。いちばんのやつ!」

理央「俺がもらっていいの?いちばん?」

由奈「うん…いちばん」

とびきりの笑顔で答える由奈。

理央は確信します。

理央〈どうだっていい。ただはっきり分かる事は夢なんかじゃない。俺の目の前にいる由奈ちゃんが好きなんだ〉

そして、理央は「一緒に帰ろ」と由奈を誘います。

ランニングをする乾は理央と朱里のことを考えないようにするために走るようになったのに、どうしたら理央とフェアになれるのか?なんて考えながら走ってしまいます。

一方朱里は乾から借りたDVDを返すのにあれこれ考えすぎて、文化祭でも係りが一緒ならえい!今返しに行ってしまおうと勢いで、乾の家に向かいます。

玄関でうろうろしていると乾の兄らしき人に声をかけられ、あれよあれよと乾の部屋で待つようにと言われて入ってしまいます。

聞こえてくる兄弟の会話で、部屋で待つ友達が私だとは夢にも思っていないだろうなと思う朱里。

なるべく驚かさないようにと部屋に入ってきた乾に声をかけますが、ランニングの後のシャワー姿なのか、上半身裸で登場した乾。

これには、朱里も乾もびっくりしすぎて「いやーー」

なんて大声をあげてしまいます。

動揺した朱里は謝りながら帰ろうとしますが、足が痺れてヨロヨロ…

乾にぶつかってしまい、触れてしまったことにこれまた動揺!

その反動で乾の首にかかっていたタオルを引っ張ってしまい、そのままベットに倒れてしまいます。

ちょうど朱里の上に乾がよつんばで覆い被さっている状態です。

朱里〈えーーなんで離れてくれないのー?!〉

なんて思う朱里ですが、実はまだ乾の首のタオルを引っ張ったままなので、乾は身動きがとれないのです。

真っ赤になってパニックの朱里ですが、そこにコンコンっ

「カズー」

なんと理央の声です

スポンサーリンク


おすすめのマンガ