思い、思われ、ふり、ふられ 19話(5巻) ネタバレ 相関図

思い、思われ、ふり、ふられ 19話(5巻) ネタバレ 相関図あり!
「思い、思われ、ふり、ふられ」(ふりふら)の最新刊の発売日と最終回までの感想も紹介!

漫画-思い、思われ、ふり、ふられ-ネタバレ

このページは「思い、思われ、ふり、ふられ」の19話(5巻)のネタバレと感想を紹介しています。

思い、思われ、ふり、ふられ-あらすじと概要

『思い、思われ、ふり、ふられ』は、『別冊マーガレット』で連載されている咲坂伊緒による少女漫画。略称はふりふら。

消極的な性格で漫画のような恋愛に憧れる由奈と、積極的で現実的な恋愛をする朱里の二人の女子高校生と、イケメンなのに恋愛に興味のない和臣と、朱里の義理の弟の理央の二人の男子高校生。4人の恋と青春を描いた青春物語。

スポンサーリンク


思い、思われ、ふり、ふられ-19話(5巻)-ネタバレ-感想

思い、思われ、ふり、ふられ-19話(5巻)

買い出しから理央が戻ると、我妻と由奈が仲良くなりすぎていることに嫉妬しまう理央。

一方、乾ははぐれた朱里を探して水道の前でしゃがみこむ朱里を見つけます。朱里ははぐれた後にゆっくり歩きながら、たこ焼きをつまみ食いして、浴衣の襟にソースをこぼしてしまい、今ここにいると言います。

汗をかいて探してくれていた乾に、お礼を言いながら赤くなってしまいます。

こんな状況はもうないからと言いながらも、乾は朱里にラインを交換しておこうと言ってくれるのです。

緊張しながらラインを交換する朱里。黙る乾も緊張していました。なんと女の子をラインを交換したのが初めてだと言うのです。

女の子として見てくれていることに真っ赤になってしまします。由奈ともラインは交換しておらず

乾「山本さんが初めて」

という顔にも、暑くて服をパタパタする仕草にも、かわいすぎてドキドキしてしまいます。

ソースを落とそうと胸元をハンカチで拭く朱里と目が合うと、乾が急いで目をそらします。なんだか赤くなっているような・・

朱里<これが本当に私のカン違いでしょうか・・>

ドキドキして借りていたⅮⅤⅮの話をしながら、乾の気持ちを知りたいと思う朱里。自分を好きだと言っているような・・ただの願望なのか・・

朱里「乾くんて今、付き合ってる人いる?」

乾「何・・急に。・・・・いないけど・・」

朱里「じゃあ、私達、付き合ってみませんか?・・だって、乾くん、私の事好きじゃないですか?」

真っ赤になって朱里が言います。すると・・

乾「・・ごめんなさい。俺、山本さんの事・・その・・好きとかじゃないから」

あたしのカン違いか~と明るく振る舞いながら、浴衣がシミになる前に帰るねと言って、朱里は恥ずかしさでその場を立ち去りました。

乾「ごめん。俺、山本さんの事・・好きじゃない」

乾はあの日から、そう決めたのです。理央が朱里にキスをしたあの雨の日から・・

たまたま、そのキスの現場を見てしまった乾。そう。理央の好きな人を好きにならない。自分の気持ちを消さなきゃと・・

トイレに我妻が行き、理央と二人きりの由奈。同じ学校の子が理央に話しかけますが、由奈の事が分からない様子。

理央は、同じ学校で今日はゆかたで髪型が違うから分からないんだよと、由奈をかばってくれました。

戻ってこない朱里の事が気になる由奈ですが、戻ってきた乾の様子も変なことに気がつきます。

朱里は布団にくるまって、今までの事は全部気のせいだったことにしよう、その方が自分も乾も気まずくならなくて済むと・・

乾がエレベーターから降りて二人きりの由奈と理央。

お祭りが終わって寂しいという由奈と、名残惜しいと思ってしまう理央。エレベーターから降りた由奈は買ってもらったお面を

由奈「これ、ありがとう。大事にするね!それじゃあ、おやすみなさい」

とっても嬉しそうに、最後まで理央に手を振ります。

下も向かなくなって、目だってそらさなくなった由奈を見て

理央<本当に変わったよな。俺の事なんかなんとも思ってないんだろーな>

あーあ、夢なんか見なきゃよかったのかも・・と落ち込む理央。

我妻と友達と3人で集まる理央。我妻が由奈の印象が変わって、ほんとに話しやすくて素直でいい子だと言います。

そんなことにやきもちして、由奈の事を下の名前で呼んで親密さをアピールする理央。

由奈の意外な一面を自慢して、ますます食いつく我妻。自分だけが知っている由奈のことをみんなに言ってしまい後悔する理央。すると、友達が由奈には我妻がお似合いで、理央と由奈が付き合ったら由奈の気が休まらなさそうーなんて言います。

由奈には我妻みたいな奴が幸せなのか・・マジで夢なんて見なきゃ良かった・・と強く思う理央。

由奈は理央に買ってもらったお面を見ながら

由奈<あのお祭りで少しでも理央くんと仲良くなれたかな。そうだといいな>

お面を抱きしめながら、目をつぶります。

スポンサーリンク


おすすめのマンガ