思い、思われ、ふり、ふられ 15話(4巻) ネタバレ 相関図

思い、思われ、ふり、ふられ 15話(4巻) ネタバレ 相関図あり!
「思い、思われ、ふり、ふられ」(ふりふら)の最新刊の発売日と最終回までの感想も紹介!

漫画-思い、思われ、ふり、ふられ-ネタバレ

このページは「思い、思われ、ふり、ふられ」の15話(4巻)のネタバレと感想を紹介しています。

思い、思われ、ふり、ふられ-あらすじと概要

『思い、思われ、ふり、ふられ』は、『別冊マーガレット』で連載されている咲坂伊緒による少女漫画。略称はふりふら。

消極的な性格で漫画のような恋愛に憧れる由奈と、積極的で現実的な恋愛をする朱里の二人の女子高校生と、イケメンなのに恋愛に興味のない和臣と、朱里の義理の弟の理央の二人の男子高校生。4人の恋と青春を描いた青春物語。

スポンサーリンク


思い、思われ、ふり、ふられ-15話(4巻)-ネタバレ-感想

思い、思われ、ふり、ふられ-15話(4巻)

下駄箱の裏にいた朱里に気づく乾。朱里が「ありがとう」と言うと

乾「自分の友達があんな風に言われたら、いい気しないし」

乾には嫌われたと思っていたから嬉しかったと、素直に伝える朱里。

乾はただ二人の会話を聞いてしまって気まずかった、朱里としても聞かれたくなかっただろうと思ったからだと言いました。

朱里「じゃあもう、私の事さけないでほしい」

赤くなりながら朱里が言います。

乾「うん」

一方、由奈に引っ張られている理央。由奈が理央にお説教です。

由奈「あんなのはよくない!と思う・・・」

勢いに任せてあおられて、自分の気持ちをばらそうととするなんて・・苦しいのは理央くんだけじゃないよ・・と由奈は言います。

理央「オレがキスしたことで朱里を苦しめてるのは分かってるけど・・もういっそ告白してふられた方がまマシだよ」

理央「なんで俺だけ家ん中の空気考えてガマンしなきゃなんないんだよ」

由奈「ちがう!そうじゃないの!!」

朱里の理央の気持ちに気づかなかったことにしようと決めた時からの苦しみがあることや、自分がどうすればみんながうまくいくかを朱里は考えて頑張っているのに・・

でも、そんなことは理央には言えません。

由奈「朱里ちゃんは理央くんを守ろうとしてがんばってるんだよ。理央くんは自分の事しか考えてない!!」

真剣に向き合ってくれる由奈に、初めて会った時の由奈からは想像もつかない、なんかすごいよね。と理央が言います。

思わず謝る由奈に

理央「ただちょっと、うらやましいと思っただけ」

由奈はどんどん変わっていっているのに、自分は前に進めなくて置いてかれたな~と・・

そんなことを言われて由奈は、思わず涙が流れてしまいました。

そんなふうに思ってもらう資格はない・・理央の味方でいると決めたのに・・朱里の事情を知ると朱里の味方もしたくなって・・そんな自分に腹がたつし、自分勝手なのは私も同じだ・・

由奈は泣きながらそう考えていました。

泣いている由奈にそっと飲み物を渡す理央。

結局、理央はなんで由奈が泣いていたのか分からないまま帰宅。

朱里も帰ってきていましたが、母のおつかいで出かけていました。ケンカをしているの?と母に聞かれて、俺が怒らせちゃったんだ・・と母に言います。

理央には当たりがきついところがあるからごめんね。やっぱり身内だから少し気遣いが足りないかな・・と言う母。

それを聞いて理央は思います。

理央<家族の中で自分がどう振る舞えばいいか、考えてたんだな。いつから決めてたんだ そういうの・・>

そして母に、初めての家族の顔合わせの日の事を聞いたのです。どういう流れでそうなったのか・・朱里がどこかに出かけようとしてバッタリ出会い、そうなったと・・

それを母から聞いて、理央は何もかも分かったのです。

そして、由奈にメールをします。「自分がしなくちゃいけない事分かったかも」

朱里が買い物から帰ってきて部屋に戻ると・・理央がやってきました。

理央「ごめん」

素直な言葉にビックリする朱里。

理央「ただのノリであんな事してごめん。姉弟になりたくてなったわけじゃないとか言ったのも、あんなのウソだから」

理央「何も分かってない、自分勝手な弟でごめん」

理央<朱里が俺にしたみたいに、相手のためにつくウソならそんなに悪いことじゃないよね>

廊下の声に母も心配な様子。そんな母に

理央「大丈夫。ただの姉弟ゲンカ!」

笑顔で理央が言います。

朱里「そーそー!!今ちゃんと謝ってもらって許したとこ!」

2人は部屋に戻ります。

理央<朱里、今までひとりでがんばらせてごめん。それから優しいウソをありがとう>

朱里は扉を閉めると、涙があふれてしまいます。

スポンサーリンク


おすすめのマンガ