少女マンガ 逃げるは恥だが役に立つ 27話~28話(6巻) ネタバレ

少女マンガ 逃げるは恥だが役に立つ 27話~28話(6巻) ネタバレ
「逃げ恥」の最終回までのあらすじをネタバレで無料で配信!
ドラマの視聴率も30%を突破しダンスの動画もおすすめ!続編も期待!

少女マンガ-逃げるは恥だが役に立つ-ネタバレ

このページは「逃げるは恥だが役に立つ」の27話~28話(6巻)のネタバレと概要を無料で配信しています。ドラマ化もされて星野源が歌う主題歌「恋」とその振付ダンスも人気になったおすすめの少女マンガ!

逃げるは恥だが役に立つ-概要

『逃げるは恥だが役に立つ』は、主人公二人の「契約結婚」をテーマに、周囲の仲間の恋愛模様も描いたラブコメで、講談社のKissにて2012年から2017年まで連載された。略称は「逃げ恥」。
2016年10月には新垣結衣と星野源をキャストにテレビドラマ化され、主題歌「恋」に合わせて踊るダンスが話題となった。
タイトルになった「逃げるは恥だが役に立つ」は、ハンガリーの諺「Szégyen a futás, de hasznos.」の訳「恥ずかしい逃げ方だったとしても生き抜くことが大切」を基にしている。

スポンサーリンク


逃げるは恥だが役に立つ-ネタバレ-27話~28話(6巻)

逃げるは恥だが役に立つ-27話

津崎は深夜の町を、寝間着のまま走っていた。

「(頭が真っ白だ…。落ち着け、整理しよう)」

みくりと一緒のベッドで寝ていて、体が反応してしまった津崎は、「安心してください」と机の引き出しにしまっていた10年前のコンドームを取り出した。

そしてみくりは「触ってください、好きなところいくらでも」と言う。お互いの身体に触れ合う2人。

しかし、初めての津崎は結局上手く最後まですることはできなかった…。

そして情けなくなった津崎は思わず家を飛び出してきたのだった。

「(彼女は、こんな俺をずっと見捨てずに好きでいてくれたのに、おれはいつも逃げてばかりだ…。失敗しても何度でも戻ることはできるはず。受け止めてくれる人がいるってそういうことだろ)」

そして家に戻った津崎。

みくりは、ベッドに入って起きていた。

「帰ってこなかったらどうしようって心配したんですよ」
「すみません…」

そして、また朝まで2人で抱き合って眠りについた。

「(君の柔らかい体と心が、僕の硬い心を溶かしてくれる…)」
みくりの顔をずっと見つめて熟睡できなかった津崎は翌朝会社を遅刻した。

逃げるは恥だが役に立つ-28話

みくりと一緒に寝た次の日、津崎が会社に行くと、周りは津崎の様子がおかしいと噂になっていた。

いつになく笑顔で「空が青い」「コーヒーが美味い」と上機嫌だったからだ。

それを見て「(とうとうみくりさんと一線を越えたのかな…?)」と風見。
飲みに誘っても、「すみません、今日は早く帰りたいんで」と断る。

そして家に帰ると、もう抵抗もなくいちゃいちゃする2人。

一緒にソファにくっついて座って動画を見たり、土日をずっと2人で過ごした。

(ついに津崎もセックスも上手くすることができた)

楽しかったけど、土日に家事の仕事ができなかったことに葛藤を覚えるみくり。

「(両想いになったとたん、恋愛と仕事が同化してきてる…。っていうか恋に仕事が侵食されてきてるっていうか)」

一方、風見は上司の日野の頼みで、日野の知り合いの女性と会うことになった。
彼女は風見の写真を見てどうしても会いたいと言ってきたのだった。

実際に会うと、どんな話でも結婚を絡めてくるその女性。

風見は「どんな相手でも、いまは結婚することは全く考えていないです」と言うものの、相手の女性もなかなか引き下がらなかった。

また、百合は仕事でお客さんと会っていたときに、別の知り合いの49歳の男性を紹介される。
その男性は、バツイチでシングルファーザー、小学生の子供を育てているという。

「(そうか、例えばシングルファーザーの人と結婚すれば私にも子供が持てるのか)」と考える百合。

すると、そのお客さんが「百合さん独り身だったよね?彼どう?」と紹介する。

津崎とみくりは、あれ以来ずっと同じベッドで寝るようになっていた。

津崎は「いっそ本当に籍を入れるというのはどうでしょうか?」と言う。
「対外的にはもう普通の夫婦なので、実際は何も変わらないと思うんですけど。ただ、そうなった場合、風見さんのところの仕事は辞めてほしいという気持ちはありますが…」

しかしみくりは、給料はどうなるのかが気になる。本当に結婚して主婦となれば、ある意味それはタダ働きということになるのか。そして副収入である風見の仕事もなくなる…。

少女マンガ 逃げるは恥だが役に立つ 登場キャラクター ネタバレ
少女マンガ 逃げるは恥だが役に立つ 全話一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめの少女マンガ