少女マンガ 逃げるは恥だが役に立つ 19話~20話(4巻~5巻) ネタバレ

少女マンガ 逃げるは恥だが役に立つ 19話~20話(4巻~5巻) ネタバレ
「逃げ恥」の最終回までのあらすじをネタバレで無料で配信!
ドラマの視聴率も30%を突破しダンスの動画もおすすめ!続編も期待!

少女マンガ-逃げるは恥だが役に立つ-ネタバレ

このページは「逃げるは恥だが役に立つ」の19話~20話(4巻~5巻)のネタバレと概要を無料で配信しています。ドラマ化もされて星野源が歌う主題歌「恋」とその振付ダンスも人気になったおすすめの少女マンガ!

逃げるは恥だが役に立つ-概要

『逃げるは恥だが役に立つ』は、主人公二人の「契約結婚」をテーマに、周囲の仲間の恋愛模様も描いたラブコメで、講談社のKissにて2012年から2017年まで連載された。略称は「逃げ恥」。
2016年10月には新垣結衣と星野源をキャストにテレビドラマ化され、主題歌「恋」に合わせて踊るダンスが話題となった。
タイトルになった「逃げるは恥だが役に立つ」は、ハンガリーの諺「Szégyen a futás, de hasznos.」の訳「恥ずかしい逃げ方だったとしても生き抜くことが大切」を基にしている。

スポンサーリンク


逃げるは恥だが役に立つ-ネタバレ-19話~20話(4巻~5巻)

逃げるは恥だが役に立つ-19話

母が足を骨折してしまったために、しばらく実家で家事手伝いをすることになったみくり。

もし津崎と契約結婚していなかったら、こうして田舎で収入もなく実家の家事手伝いとして暮らしてたのかな?と改めて自分の働き方について考えていた。

一方、津崎は風見とランチへ。
みくりの母が治るまで家事代行はお休みにする、という話をしていた。

「一人になってみてどうですか?寂しいですか?それとも解放感?」と聞く風見。
「正直、両方です。いなくなるとやっぱり気を使っていたんだと分かるし、一人でごはんを食べていると寂しいなって思います」と言う津崎。

そこに偶然、仕事の途中の百合がやってきて、会話に加わる。

「平匡さんごめんなさいね、不自由してるんじゃない?」と言う百合。
「いえ、一人暮らしが長かったので、もともと外食ばかりでしたし問題ありません」と津崎。
「それってみくりがいなくても大丈夫ってこと!?」と怒り出す百合。

しかし津崎は、「ずっと一緒だったからか、いなくても一緒にいるような感覚があるんです。」と言う。

それを聞いて、「これって愛よね…?」という百合。風見もそれを聞いて驚いていた。

みくりと津崎は、離れながらお互いメールのやりとりを楽しみにしていた。

津崎「(相手のことを考えている時間が長いというのは、距離に関係なく同じ時間を過ごしているかのように錯覚する。自分でも不思議な感覚だ)」

みくり「(しょうもない話しかしてないけど、こんなに心が満たされるのは、私が恋をしているから。でも、本当はあのキスのこと、聞いてみたい…)」

みくりは思い切って「あのキスの理由聞いていいですか?」とメールをした。

しかし、案の定それ以降、津崎からのメールが途絶えてしまう。

「(何もなかったことにしたいっていうのは、後悔してるってこと?)」
そんなことを考えながら、眠りにつくみくり。

一方、津崎は、「(本当のことなんて言えるわけない…)」とほとんど眠れず会社に行っていた。

そして何とか、「雇用主として不適切な行動でした。すみません」とメールした。

しかし、みくりは「契約恋人でもあるので、スキンシップはありじゃないでしょうか」と返信。

そして、「2回目もお待ちしています。」と打とうとするが、ダメだ―!と止める。
「(本気で好きになる前は気軽に好意を伝えられたのに、本当に好きになっちゃうと怖くて言えなくなるものなんだな…)」

スキンシップとしてならあり、と聞いた津崎も内心喜んでいた。

「(じゃあまたやっていいのか?…だめだすぐ調子に乗っては。気持ちが上がったり下がったり忙しい。この気持ちはもう、認めざるをえないのでは…)」

一方、百合は風見に「もしかして、みくりのこと好き?」とメールしていた。
するとすぐに返信。「好きですよ」とだけ。

「認めちゃうんだー」と百合。

みくりは実家の庭で撮ったカマキリの写真を津崎に送った。
その写真を見てほほ笑む津崎。

「(メールのやり取りも楽しかったけど、早く本物のあなたに会いたい。またあなたを抱きしめたい)」

逃げるは恥だが役に立つ-20話

母親が骨折したために実家に帰って世話をしていたみくりが、やっと津崎の家に帰ってきた。

家にみくりがいることが嬉しくて思わずにやけてしまう津崎。

みくりも、毎日でもハグしたいのに…と考えているが、「(私が想うほどには向こうは私のことを思っていないってことか)」と落ち込む。

そして、昔の大学時代に付き合っていたものの最後はケンカして別れてしまった彼氏のことを思い出していた。
「(もうあんなふうに傷つけあうのはいやだ。私は恋で安心したい)」

一方、百合は、みくりが帰ってきたことでまた風見の家に家事代行に行くことを心配していた。

この間、風見にメールで「みくりのこと好き?」と聞いたとき、即答で「好きですよ」と帰ってきていたからだ。

心配で仕方がない百合は風見のもとへ、直接話をしにいった。

風見の家に行き、「みくりのことが好きってそれは恋愛感情の好きっていう意味じゃないよね?」と聞く百合。

「さあどうでしょうね」とはぐらかす風見。

「でも冗談ではないですよ。みくりさんは女性としても魅力的だし、仕事の相手としても有能です。たいていの男は賢くて出しゃばらない女性が好きですから。
でも、安心してください。あの2人は好き同士でしょ?手を出したりはしません。津崎さんより先に会っていたらなーとは思いますけど。
僕とだったらもっと割り切った良い関係になれたんじゃないかなって」

百合「あなた、ちゃんと恋愛したことあるの?」

風見「何でみんなそんなふうに聞くんですかね。ちゃんと好きになってるかなんてそれぞれの主観でしょう。僕なりに好きになってると思いますよ」

百合「…とにかく、あの2人にちょっかいは出さないでちょうだい」

風見「じゃあ僕が風邪ひいたときは百合さんが看病に来てくれるんですね」

百合「なんでよ!あなたの母親じゃないし!」

言い合いになりながらも、相性が良さそうな2人。

そんな中、津崎とみくりのハグの日である第4金曜日がやってきた。

お互いその日の朝からドキドキしている様子。

そして、夕食が終わると、津崎はハグのタイミングをうかがうが、これまで自分から言い出したことがないため、タイミングが分からずにいた。

みくりも、津崎のほうから言ってくるのを待っていたが、「(ああ、やっぱり私から言い出さなきゃだめなのか。平匡さん、どんだけ…)」と思いつつ、両手を広げて「ハグいいですか?」と言った。

そしてこれまでになく長い時間のハグをする2人。

「(これはキスのタイミングか?2度目のキスのタイミングなのか?)」とあせる津崎。

そしてみくりが「ふふっ」とはにかみながら顔を放すと、それを見た津崎は思わず自然とキスをした。

少女マンガ 逃げるは恥だが役に立つ 登場キャラクター ネタバレ
少女マンガ 逃げるは恥だが役に立つ 全話一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめの少女マンガ