少女マンガ 逃げるは恥だが役に立つ 15話~16話(4巻) ネタバレ

少女マンガ 逃げるは恥だが役に立つ 15話~16話(4巻) ネタバレ
「逃げ恥」の最終回までのあらすじをネタバレで無料で配信!
ドラマの視聴率も30%を突破しダンスの動画もおすすめ!続編も期待!

少女マンガ-逃げるは恥だが役に立つ-ネタバレ

このページは「逃げるは恥だが役に立つ」の15話~16話(4巻)のネタバレと概要を無料で配信しています。ドラマ化もされて星野源が歌う主題歌「恋」とその振付ダンスも人気になったおすすめの少女マンガ!

逃げるは恥だが役に立つ-概要

『逃げるは恥だが役に立つ』は、主人公二人の「契約結婚」をテーマに、周囲の仲間の恋愛模様も描いたラブコメで、講談社のKissにて2012年から2017年まで連載された。略称は「逃げ恥」。
2016年10月には新垣結衣と星野源をキャストにテレビドラマ化され、主題歌「恋」に合わせて踊るダンスが話題となった。
タイトルになった「逃げるは恥だが役に立つ」は、ハンガリーの諺「Szégyen a futás, de hasznos.」の訳「恥ずかしい逃げ方だったとしても生き抜くことが大切」を基にしている。

スポンサーリンク


逃げるは恥だが役に立つ-ネタバレ-15話~16話(4巻)

逃げるは恥だが役に立つ-15話

会社で、「何か雰囲気変わりました?」と同僚から声をかけられた津崎。
「明るいシャツ着てるからかな。津崎さんここしばらく暗い色の服着てる印象だったから」

津崎は自分でも、服の色だけじゃなく何か弾んだような気分を感じていた。

その日の昼休み、風見に誘われて一緒にご飯を食べに行く津崎。
みくりが風見の家の家事代行もしていることを百合に知られてしまった話をする。

「僕とみくりさんも対策をたててますし大丈夫です」という津崎に、「何か雰囲気変わりました?」と言う風見。

またそう言われた津崎は、「あれの効果なのかな…」と、みくりとのことを思い出していた。

契約としての恋人関係になることを決めたみくりと津崎。

みくりは「まずはやっぱりハグですよね」と言う。抵抗を示す津崎だったが、みくりから津崎の胸に飛び込み、津崎が頭をなでたら終了、という決まりにした。

そして抱き合う2人。
みくり「(温かい…。ああ、やっぱり生の体を持った、本物の男の人なんだ)」
津崎「(みくりさん胸当たってる。みくりさんの匂い、いい匂いだ…)」

そして津崎が頭をなでて2人は離れた。
「なんか照れますね…。でも、これですよ。これこそが、みんなから無いと言われていた新婚感ですよ。ついに手に入れました!」と言うみくり。

そしてまた別々の部屋でそれぞれ眠りにつく。

みくり「(これは結構やばいかも。平匡さん、すごく「男の人」だった。雇用主じゃなく男性として好きになったらどうなっちゃうんだろう…)」

津崎「(知らなければ求めないのに、知ってしまうともう一度って考えてしまう…。ああもう、こうなるから嫌だったんだ。プロの独身としてこういうことには近づかないようにしていたのに。次はいつとか、もんもんとするのに耐えられん…!)」

そして津崎は、「日にちを決めませんか?ハグの日の」とみくりに提案する。
そして2人は月2回、毎月第2・第4金曜の資源ごみの日にあわせてハグをすることに決めた。
みくりは、ハグを受け入れてもらえてよかった…とほっとしていた。

津崎も、風見と別れた後も、「(しかしハグの効用はすごいな)」と感じていた。

恋愛経験を何も知らないまま人生を終わるより、疑似体験であったとしても、それを味わっておくのは悪くないんじゃないか、とも考え始めていた。

また、「(ハグしたときに照れるみくりさんは可愛い)」とも。

そして、いよいよ百合が2人の自宅にやってきた。

百合は突然、無料宿泊券を2人に渡し「当たったのこれ。あんたたち、新婚旅行の代わりに行ってきなさい」と言う。

遠慮して断る津崎だったが、「じゃああなたはいつみくりを新婚旅行に連れて行くの?いいから行ってきなさい!」と有無を言わさない百合。

そして2人は恋人感が出たところでの、2人きりの旅行に行くことになった。

逃げるは恥だが役に立つ-16話

百合に言われて一緒に旅行に行くことになったみくりと津崎。
あくまで社員旅行として行きましょうと話しながら温泉旅館に向かった。

すると、通された部屋はダブルベッドが1つしかない部屋だった。

津崎「僕は床で寝るのでベッドはみくりさんが使ってください」
みくり「いやいや、お互い端で寝れば大丈夫ですよ」
津崎「部屋付きの露天風呂、みくりさん先に入ってください」
みくり「いやいや、私は夕食の後で大丈夫ですから」

異常に気を使い合う2人。

一方、スーパーで買い物中の百合は、偶然風見と出会った。

「いまあの2人新婚旅行に行ってるのよ」と百合が話すと、「え?」と驚く風見。

え?なんで動揺?と感じる百合。

夕食後、部屋付きの露天風呂に入るみくり。

するとその音が気になった仕方がない津崎は、トイレにこもりだす。
「(しっかりしろ俺!このあとダブルベッドミッションも待ってるんだぞ)」

そしてみくりが風呂からあがると、津崎はすでにベッドで寝ていた。実際は寝たふりをしていた。
津崎「(このまま本当に寝てしまって、目が覚めたらみくりさんはすでに起きた後、という展開にならないだろうか)」

みくりもその後すぐにベッドに入ってきて寝てしまった。
「(ベッドが大きいからか意外と隣で寝てる気配は感じないものだな)」

しかし、うとうとしていた津崎が目をあけると、すぐ目の前に寝返りをうったみくりの体が来ていた。それも浴衣が少しはだけていた。目を見開く津崎。

翌朝、みくりが目を覚ますと、津崎は床で寝ていた。
「夜中に暑くて目が覚めたので…」という津崎。

どことなく距離ができてしまった感じの津崎に、「(契約恋人にハグ、旅行、しかもダブルベッドときて、引いちゃってるのかな…)」と感じるみくり。

そして帰りの電車。
みくり「(でも、結局私から動かないと、この人は自分から動こうとはしないもんね)」

そして、「平匡さん、最後に手をつなぎませんか?」というみくり。

津崎「でも、社員旅行中ですよ」
みくり「もちろん仕事中です。でも、新婚旅行という仕事です」
津崎「グレーゾーンですね。…わかりました(も~困ったなみくりさんは。手だけですよ。ハグは今度の金曜ですからね)」

そう言って2人は手をつないだ。

みくりは心の中で、これで最後にしよう、と考えていた。

もう自分から押すのはやめよう、ハグするのもやめよう。やっぱり拒まれたら傷つくし、いつも自分から押すのは疲れるし、悲しい。

そう思いながら「次で乗り換えですね」と津崎のほうを向いたみくり。

すると、突然津崎がみくりにキスをした。

少女マンガ 逃げるは恥だが役に立つ 登場キャラクター ネタバレ
少女マンガ 逃げるは恥だが役に立つ 全話一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめの少女マンガ