2017/01/12

少女マンガ 私がモテてどうすんだ あらすじ 23話~24話(6巻) ネタバレ

少女マンガ 私がモテてどうすんだ あらすじ 23話~24話(6巻) ネタバレ
別冊フレンドで連載の私がモテてどうすんだのあらすじをネタバレで無料配信!
TVアニメも人気で声優も話題!原作者はぢゅん子!

少女マンガ-私がモテてどうすんだ-あらすじ

このページはおすすめ少女マンガ「私がモテてどうすんだ」の23話~24話(6巻)のあらすじを無料公開しています。ネタバレ注意!

少女マンガ 私がモテてどうすんだ 登場キャラクター
少女マンガ 私がモテてどうすんだ 全話一覧

スポンサーリンク


【私がモテてどうすんだ-概要】

男の子同士が仲良くしているのを見て妄想するのが大好きな女子校生・芹沼花依。
肥満で見た目も良くない腐女子の花依だったが、ある日、愛するアニメキャラが死んだショックで体重が激減して美少女になってしまう。
モテモテになった花依は校内の4人の美少年からアプローチを受けるようになる。
しかし脳内は腐女子のままの彼女は、そんな美少年同士が絡む妄想からなかなか抜け出せず…。

スポンサーリンク


【私がモテてどうすんだ-あらすじ-23話~24話(6巻)】

私がモテてどうすんだ-第23話

皆とデートをして告白の返事をすると言いましたが、「かちゅ☆らぶ」の朱ちゃんが好きだと言った花依。

花依は皆に土下座をして謝ります。
結局2次元には勝てないので3次元のトップになると言う七島くん。
皆も、花依のオタクっぷりに順応して納得します。

花依がはまっている「かちゅ☆らぶ」の話になり、花依と志麻ちゃんが説明をします。
楽しそうに話をしていましたが、「朱×殿」か「殿×朱」かで意見が違ってしまいました。

花依と志麻ちゃんは言い争いになりそのまま絶交だと言って去ります。
皆は意味が分からずポカンとしています。

廊下ですれ違ってもお互いを無視する2人を、何とか仲直りさせようと思い立ち上がるメンバー。

仲直りさせるために、休日に誘いばったり会ったように見せかけて花依と志麻ちゃんを会わせます。

でも四ノ宮くんの失言がきっかけでさらにひどい喧嘩に発展しました。
花依と志麻ちゃんはどちらのカップリングが正しいかをめぐって勝負をすることになりました。

「朱×殿」か「殿×朱」か小説を書いて同時にサイトにアップし、閲覧数が多いほうが正義だということになったのです。

私がモテてどうすんだ-第24話

志麻ちゃんは昔からお金持ちの子供だからと特別扱いされることが多く自分の居場所がないと感じていました。

だから居場所を作るのに一生懸命に頑張ってきたのでした。
だからこの勝負は絶対に負けることができないと意気込んでいます。

志麻ちゃんはコミケなどにも出店する実力派なので、かなり有利ですよね。

それに比べて花依は、六見先輩に読んでもらい指導してもらっていますが小学生レベルの修正が入る始末…。

見かねた四ノ宮くんが志麻ちゃんにくだらない勝負をやめるように言いますが志麻ちゃんは、四ノ宮くんに股ドン!

さらに壁ドンをされ、顔を近づけられ「黙ってなよ。
子猫ちゃん」と言われてしまいます。

締め切りまで徹夜で頑張る2人。
そして、同時にアップします!閲覧数が多かったのは、やはり志麻ちゃんのほうでした。

負けましたと言えと志麻ちゃんが花依に詰め寄ると、涙を流す花依。
走り去っていきます。

五十嵐くんは、志麻ちゃんに好きな女の子を泣かすのは美しいのかと指摘しました。

ハッとした志麻ちゃんは思い出します。
高校入学のときに転んで先生にボディアタックをしてしまった花依。
印象に残っていた花依がコミケで自分の本を全種買ってくれたこと…。

そして、感想を丁寧にメールをしてくれたこと…いつしか志麻ちゃんは花依を「ボディアタックの君」と呼び探していましたが、痩せていたので見つけることができず…
コミケで花依がオタクに写真を撮られているのを助けたことで運命の再会を果たしていたのですね。

花依の大切さを思い出した志麻ちゃんは花依のところに駆けつけて2人は仲直りをします。

そしてカップリングは、「リバ」という受けも攻めもどちらでもOKという関係で落ち着いたのでした。